【短期間で脚痩せダイエット】簡単&即効性あり!下半身痩せのダイエット&筋トレ

ダイエット

脚が痩せない原因/下半身が太い理由について

脚が太くなる理由1・代謝の低下によるむくみ

加齢による基礎代謝の低下

10代20代の若い頃は、基礎代謝が高いので食べる量が多くても、太りにくい傾向があります。
30代40代と年齢を重ねるごとに、運動量が減ってきたり、ホルモンバランスの乱れなどが原因で代謝が落ちて太りやすくなることが多いです。
長時間のデスクワーク、立ち仕事などで同じ姿勢を取っていると、下半身の血流が悪くなってしまい、老廃物や毒素、水分などが溜まりやすくなり、むくみやすくなります。
むくみを放置すると脚のポンプ機能が低下してしまい、脚が太くなる原因になってしまうので注意が必要です。
ストレッチや有酸素運動を実践したり、脚のマッサージをすることで血流が良くなります。
基礎代謝が下がってしまうと、脚が太くなったり、下半身太りの原因になることが多いです。

筋肉量の減少(運動不足)による基礎代謝の低下

仕事や育児、介護などで忙しい生活をしていると、なかなか運動する時間が取れないと悩んでいる人が多いです。
運動不足気味になると筋力が低下してしまい、代謝が下がってしまうので痩せにくくなります。
ウォーキングやサイクリング、ヨガなどの無理にない運動を実践することで、脚の血流が良くなるので太るのを防ぐことが可能です。
長時間のデスクワークをこなしていたり、軽作業をしている場合は運動不足気味になってしまいます。
運動不足気味になると脚の血流が悪くなり、脚が太くなることが多いです。
運動する時間がなかなか取れない場合は、時間を掛けて半身浴をして体を温めることで、代謝を上げて脚痩せ効果が期待できます。
運動不足気味で悩んでいる人は、10分から15分程度のストレッチをするのがお勧めです。

脚が太くなる理由2・セルライト

加齢による基礎代謝の低下、ホルモンバランス、自律神経の乱れ、長時間同じ姿勢を取るなどが原因で下半身にセルライトができる原因になってしまいます。
セルライトはオレンジの皮のように、皮膚の表面がでこぼこしているので、見た目が悪いだけでなく、血流が悪くなってむくみや冷え、下半身太りの原因になることが多いです。
セルライトが原因で足が太くなったり、下半身太りの原因になるので、半身浴で下半身を温めたり、無理のない運動をして下半身の血流を促進する必要があります。
セルライトは太もも、腹部、お尻などに出来やすいので、入浴後などに鏡でチェックする習慣を付けると良いでしょう。
セルライトを出来にくくすることで、下半身太り、脚が太くなるのを予防できます。

セルライトとは?

セルライトとは、脂肪細胞に老廃物が溜まってしまい、大きくなった状態なのでオレンジの皮のように皮膚がでこぼこしているのが特徴です。
セルライトは太ももや腹部、お尻などに出来やすく、オレンジの皮のように見えるので、見た目が良くないので悩んでいる人が少なくありません。
セルライトができる原因は、加齢による代謝の低下、ホルモンバランスの乱れ、運動不足、ストレスや疲労などがあります。
太ももやお尻などにセルライトが出来てしまうと、代謝が落ちて下半身の血流が悪くなるので、脚が太くなったり、下半身太りの原因になることが多いです。
冷え性でむくみやすい人は、ヨガやウォーキング、筋トレ、ピラティスなどの無理のない運動を続けることで血流を促進することができます。

脚が太くなる理由3・骨盤のゆがみによる滞り

骨盤は体の中央にあり、大切な臓器を守る役割をしています。
妊娠や出産を経験すると、骨盤が開いてしまったり、歪みが生じてしまいます。
脚を組む、猫背などの悪い姿勢を続けていると、骨盤が歪んでしまい、代謝が落ちたり、下半身に老廃物、水分が溜まって脚が太くなる原因になります。
骨盤の歪みや開きを改善するためには、整体の施術を受けたり、自宅でストレッチなどの運動を実践すると良いでしょう。
エステサロンや整体院などでは、骨盤の歪みを改善するためにハンドや美容機器、医療機器などを使って骨盤矯正、補正などを行っています。
骨盤の歪みや開きを改善するために、着圧レギンスを着用するのもお勧めです。
骨盤に歪みが生じると血流が悪くなって、脚が太くなりやすいです。

骨盤がゆがむ原因とは?

骨盤は非常に大切な役割をしている骨なので、骨盤の歪みや開きの原因を知っておくことが大事です。
妊娠や出産、分娩を経験すると、骨盤に大きな負担が掛かってしまい、開きや歪みなどの原因になってしまいます。
産後半年ぐらいを過ぎたら、整体などに通うことで改善することが多いです。
骨盤の歪みの原因には、運動不足による筋力の低下が原因なので、長時間同じ姿勢で仕事や家事をしている場合は短時間でも体を動かすようにしましょう。
軽い運動をすることで、下半身の血流が良くなり、脚痩せ効果が期待できます。
骨盤の歪みの原因には、猫背や脚を組むなどの悪い姿勢が原因の可能性が高いです。
長時間スマートフォン、タブレット、パソコンを使用している人は、軽いストレッチをしましょう。

【有酸素運動】短期間で脚痩せする効果的な運動メニュー

短期間で脚痩せする運動1・ウォーキング

効果的なウォーキングの頻度

ウォーキングを実践することで、脚のポンプ機能を高めたり、血流を促進して脚痩せ効果が期待できます。
脚痩せ、下半身痩せ効果を高めるために、ウォーキングを始めたいけれど、どれぐらいの頻度が良いのか知っておきたい人が多いです。
仕事や家事、育児などで忙しい場合は、毎日実践するのは難しいので、無理をせずに3日に1回、2日に1回ぐらいの頻度にすると良いでしょう。
体調が良くない時、悪天候の日などはウォーキングをする必要はないので、自分のペースで実践することが大事です。
3日に1回程度ウォーキングをすることで、ストレス解消、運動不足解消、脚痩せ、下半身痩せ効果が期待できます。
速足で歩くようにすると、ダイエット効果、脚痩せ効果を高めることが可能です。

効果的なウォーキングのペース(負荷)

ウォーキングは、体に負担の少ない有酸素運動なので、脚痩せ、ダイエット効果を高めるために実践をしている人が増えています。
ウォーキングは、どれぐらいのペースで実践したらよいのか知りたい人が多いです。
有酸素運動の脂肪燃焼効果を上げるためには、20分以上は運動を続けるようにしましょう。
歩きやすく、体に負担の少ないウォーキングシューズ、運動用着圧レギンスを履くことで脂肪燃焼効果を高めることができます。
悪天候の日、体調の悪い日はウォーキングをするのに、適していないので3日に1回程度のペースでウォーキングをするのがお勧めです。
ウォーキングをする時は、負荷が掛かるように坂道を歩いたり、速足で歩くことで基礎代謝を高めることができます。

短期間で脚痩せする運動2・ジョギング

効果的なジョギングの頻度

ジョギングは、ウォーキングに比べると激しい運動ですが、脚痩せ、下半身痩せ、ダイエット効果を高めることができます。
脚痩せのためにジョギングを実践する場合は、どれぐらいの頻度が良いのか知りたい人が多いです。
ジョギングは一週間のうちの5日から6日ぐらい、実践することで脚痩せ、ダイエット効果を高めることができます。
脚の筋肉や腱、関節などに負担が掛かるので、毎日ジョギングをするのは避けることが大事です。
週に1回から2日ぐらいは、ジョギングをせずに体を休ませるようにしましょう。
ジョギングの時間は30分から40分程度から始めて、慣れてくると50分ぐらいにすると良いでしょう。
ジョギングを1か月ぐらい続けていると、脚痩せ効果を高めることができます。

効果的なジョギングのペース(負荷)

ジョギングは、ウォーキングよりもカロリーを消費する有酸素運動なので、脚痩せ、下半身痩せ効果が高いのが特徴です。
脚痩せ効果を高めるためには、ジョギングはどれぐらいのペースが良いのか知りたい人が増えています。
走る速さは普段歩いている速度の2倍ぐらいにしておくと、無理のないペースで走ることができます。
ウォーキングに比べると負荷が掛かるので、筋肉や腱、関節などを傷めないように週に5回から6回のペースにすると良いでしょう。
ジョギングの時間はどれぐらいが良いのか、知りたい人が多いですが、最初は30分から40分程度にして慣れてきたら、50分から60分ぐらいの運動をするのがお勧めです。
運動をする前にストレッチをすることで、怪我を防ぐことができます。

短期間で脚痩せする運動3・縄跳び

効果的な縄跳びの頻度

縄跳びはホームセンターやスポーツ用品店などで、安価で道具を購入することが出来ますし、場所を取らないので脚痩せ、下半身痩せ効果を高めることができる運動です。
室内で縄跳びをする場合でも、ヨガマットなどを敷くことで騒音を防いで運動をすることができます。
脚痩せ、下半身痩せ、ダイエット効果を高めるためには、週に3回から4回ぐらいの頻度で縄跳びをすると良いでしょう。
縄跳びは全身を使う有酸素運動なので、下半身強化、代謝を上げる効果があります。
縄跳びは60回から70回ぐらい跳ぶことで、脂肪燃焼効果、ダイエット効果、脚痩せ効果を高めることができます。
縄跳びは用意する道具が少ないですし、気軽に始めることができるので、運動不足気味の人にお勧めです。

効果的な縄跳びのペース(負荷)

縄跳びは全身を使う運動ですし、場所を取らないので気軽に始めることができます。
代謝が悪く痩せにくい体質の人、脚痩せ、ダイエット効果を高めるためには、有酸素運動の縄跳びがお勧めです。
縄跳びはどれぐらいのペースで、実践したらよいか知りたい人が増えています。
縄跳びは1回に60回から70回ぐらい跳ぶことで、脂肪燃焼効果、ダイエット効果、脚痩せ効果を高めることが可能です。
縄跳びはヨガマットを敷くと、室内でも実践することができるので人気があります。
縄跳びを実践するペースは、週に3回から4回程度行うのがお勧めです。
毎日運動をすると筋肉や腱、関節を傷めてしまうので、週に3回から4回ぐらいが適しています。
縄跳びをする前に、ストレッチをしておきましょう。

短期間で脚痩せする運動4・自転車(エアロバイク)

効果的なエアロバイクの頻度

エアロバイクはスポーツ用品店、インターネット通販などで購入できるので、幅広い年代が利用しています。
エアロバイクのメリットは、雨天などの悪天候の日でも自宅で運動ができる点です。
脚痩せ、ダイエット効果、下半身痩せ効果を高めるために、エアロバイクの頻度を知っておきたい人が増えています。
エアロバイクは週に3回から4回ぐらい運動をすることで、基礎代謝を上げたり、下半身を強化することができます。
エアロバイクは週に3回から4回程度、30分から40分ぐらい実践すると良いでしょう。
エアロバイクを踏む時は1分間に、90回、100回転ぐらいがお勧めです。
体調が良くない時は運動をするのに適していないので、毎日運動をするのは避けることが大事です。

効果的なエアロバイクのペース(負荷)

エアロバイクは自宅に設置しておくことで、悪天候の日でも有酸素運動が出来るので人気があります。
エアロバイクで運動をすることで、脚痩せ、ダイエット効果、下半身痩せ効果を高めることが可能です。
エアロバイクで運動をしたいけれど、どれぐらいのペースが良いのか覚えておくと良いでしょう。
エアロバイクは1分間に90回、100回転ぐらいのペースで、運動をすることで基礎代謝を上げたり、下半身強化、心臓強化が期待できます。
エアロバイクで毎日運動をするのは、あまり良くないので週に3回から4回ぐらいペースで行うことが大事です。
エアロバイクは、雨天の日でも運動ができますが、毎日運動するのは避ける必要があります。
40分から50分程度の運動をすることで、脚痩せ、ダイエット効果が上がることが多いです。

短期間で脚痩せする運動5・クロストレーナー

効果的なクロストレーナーの頻度

スポーツジムなどに設置されているクロストレーナーは、エアロバイク、ウォーキングなどに比べると消費カロリーが高いのが魅力です。
クロストレーナーは、脚痩せ、下半身痩せ、ダイエット効果が高い運動機器ですが、どれぐらいの頻度で使用したら良いか知りたい人が増えています。
クロストレーナーは、激しい運動で負荷が掛かるため、週に3回ぐらい使用すると良いでしょう。
クロストレーナーを使用する前に、タイマーをセットしますが、最初は20分から30分程度がお勧めです。
クロストレーナーは、脚や腕などを動かすことで脂肪燃焼効果を高めることができます。
激しい運動なので毎日実践するのは、適していないので週に3回程度の頻度にすると良いでしょう。

効果的なクロストレーナーのペース(負荷)

クロストレーナーは、スポーツジムなどでおなじみの運動機器ですが、エアロバイク、縄跳びに比べると体に負荷が掛かり、消費カロリーが高いのが特徴です。
根気よく続けることでダイエット効果、脚痩せ効果が期待できるので、どれぐらいのペースで運動をしたらよいか知りたい人が増えています。
クロストレーナーは激しい運動なので、週に3回ぐらいのペースで運動をするのがお勧めです。
毎日使用すると筋肉や腱、関節などを傷めてしまうので、避ける必要があります。
クロストレーナーは、一回の使用時間は20分から30分程度がお勧めです。
事前にタイマーをセットしておくことで、運動のしすぎを防ぐことができます。
週に3回程度のペースで運動をすることで、脚痩せ効果を得ることが可能です。

【筋トレ】短期間で脚痩せする効果的な筋トレメニュー

短期間で脚痩せする筋トレ1・ワイドスタンス・スクワットのやり方

短期間で脚痩せ効果を高めるためには、筋トレなどの運動を実践するのがお勧めです。
ワイドスタンススクワットは、脚を閉じる動作を含むため、内ももの筋肉である内転筋群にも高い効果があります。
内転筋群を鍛えることで、ほどよく筋肉の付いたスリムな脚になれるのが魅力です。
ワイドスタンススクワットのやり方は、まずは背筋を伸ばしておき、両手を後ろで組んでから、お尻をやや後方に突き出して、しゃがんでいく運動です。
ワイドスタンススクワットは、脚が90度ぐらいの角度になるまで曲げておくと良いでしょう。
筋トレなどの運動をする前に、軽いストレッチなどをしておくと怪我を防ぐことができます。
ワイドスタンススクワットは、狭い場所でも運動ができるのでお勧めです。

短期間で脚痩せする筋トレ2・レッグランジのやり方

脚痩せ、下半身痩せをしたい場合は、自宅で筋トレを実践することで、脚やお尻の筋肉を強化することができます。
筋トレのレッグランジは、脚を交互に踏み出す動作をすることでお尻や太ももの裏側、ふくらはぎなどの筋肉を鍛えることができるのが特徴です。
筋トレのレッグランジのやり方は、背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、片足を前に出して後ろ足の膝が軽く地面に着くまで腰を落とす運動です。
レッグランジは反動を付けずに、交互に15回ずつ行うことで、太ももやふくらはぎ、太ももの裏側などを引き締めることができます。
運動不足気味の人は、レッグランジを実践することで普段あまり使わない筋肉を鍛えることができるので、脚痩せ、下半身痩せに役立てることが可能です。

短期間で脚痩せする筋トレ3・ブランクのやり方

脚痩せ、下半身痩せ効果を高めるためには、筋トレのブランクがお勧めです。
筋トレのブランクは、うつ伏せになった状態で前腕と肘、そしてつま先を地面につき、その姿勢をキープする運動ですが、慣れていないと数十秒でもきついと感じます。
筋トレのブランクは、場所を取らずに運動ができるので、マンションやアパートなどの狭い部屋で生活をしている人も続けやすい運動です。
事前にヨガマットを敷くことで、安全に快適に筋トレをすることができます。
筋トレのブランクは、慣れていない間は20秒ぐらい姿勢をキープすると良いですが、慣れてくると時間を長くすると良いでしょう。
脇腹や腹部、太ももなどを引き締める効果があるので、ダイエットに役立てることができます。

短期間で脚痩せする筋トレ4・脚パカのやり方

脚の冷えやむくみ、筋力の低下などが気になる場合は、筋トレの脚パカがお勧めです。
脚パカは場所を取らずに運動ができるので、アパートやマンションなどの狭い部屋でも実践することができます。
事前にヨガマットなどを敷いておくことで、怪我を未然に防ぐことができます。
筋トレの脚パカは、仰向けに寝て、脚を床と垂直になる所まで上げて、脚を左右に大きく開いてから、脚を閉じる運動です。
脚パカは消費カロリーは少なめですが、下半身の血流を促進したり、太ももやお尻の筋肉を使うことができるのでむくみ解消、冷え性予防効果があります。
脚パカは体に負担が少なく、脚痩せ、下半身痩せ効果の高い筋トレなので、女性はもちろんですが、男性にもお勧めしたいです。

短期間で脚痩せする筋トレ5・ハムストリングスカールのやり方

脚痩せ、下半身痩せ効果を高めるためには、体に負荷の掛かるハムストリングカールがお勧めです。
ハムストリングカールは、スポーツジムなどのバーを使って、膝を曲げて踵を動かさないように固定をしてから、体を前に倒すだけのシンプルな筋トレです。
ハムストリングカールは、シンプルな運動ですが、太ももやお尻、ふくらはぎなどを引き締める効果があるので、脚痩せ、下半身痩せ、ダイエット効果を高めることができます。
ハムストリングカールは、専用のバーが必要なのでスポーツジムなどで運動をすると良いでしょう。
ハムストリングカールは、1セット10回を2回ぐらいするのがお勧めです。
とてもシンプルな運動ですが、優れたダイエット効果が期待できます。

短期間で脚痩せする筋トレ6・リバースランジのやり方

脚の筋力が低下しているので、下半身太りが気になっている場合は筋トレのリバースランジがお勧めです。
リバースランジは、バーベルなどの道具が必要なのでスポーツジムで実践すると良いでしょう。
筋トレのリバースランジのやり方は、両足は肩幅に広げから、姿勢を正して真っ直ぐに立ちます。
上体が前傾しないように注意をする必要があります。
胸を張る意識で肩甲骨を寄せ、バーを首よりもやや後ろめに担ぐ動作をする運動です。
リバースランジは、バーベルなどのバーを使って運動をするので、負荷が強いのが特徴になっています。
慣れていない場合は回数は少なくて良いですが、慣れてきたら回数を増やすと良いでしょう。
脚痩せ、ダイエット効果の高い筋トレなのでお勧めです。

短期間で脚痩せする筋トレ7・バックキックのやり方

脚痩せをしたい人、腹部やウエストを引き締めたい場合は、筋トレのバックキックがお勧めです。
筋トレのバックキックは、四つん這いの姿勢になり、左右交互に脚を高く上げてから姿勢をキープする運動です。
バックキックは、下半身痩せ、脚痩せ効果の高い筋トレですし、狭い場所でも実践ができるので幅広い年代にお勧めです。
事前にヨガマットを用意しておくと、足腰の負担を減らしたり、怪我を防ぐ効果があります。
筋トレのバックキックは、シンプルな運動ですが太ももやふくらはぎ、腹部、ヒップなどを引き締める効果があるのが魅力です。
筋トレのバックキックは、左右交互に15回ぐらい実践すると良いでしょう。
バックキックは、基礎代謝を高めることができるので痩せ安い体質に改善します。

【着圧ストッキング】短期間で脚痩せする効果的な方法

脚痩せに効果的な着圧ストッキング1・メディキュット

商品名寝ながらメディキュット
会社名レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
価格2780円から3千円
着圧レベル段階別設計
関連商品骨盤矯正メディキュット、着圧ソックス

関連ページ:【メディキュットの口コミ】着圧の寝ながらの骨盤への効果

脚痩せに効果的な着圧ストッキング2・スリムウォーク

商品名スリムウォークビューティー美脚美尻レギンス
会社名ピップ株式会社
価格2398円
着圧レベル3Dヒップアップ設計
関連商品スリムウォークスキニールームウェア

関連ページ:【スリムウォークの口コミ】着圧の寝ながらの骨盤への効果

脚痩せに効果的な着圧ストッキング3・ベルスキニー

商品名ベルシアーリブステッチクール着圧スパッツ
会社名2FLAG株式会社
価格3278円
着圧レベル段階別設計
関連商品ベルスキニークールタッチ着圧レギンス

関連ページ:【ベルスキニーの口コミ】着圧の効果の痩せるへの痩せない

脚痩せに効果的な着圧ストッキング4・グラマラスパッツ

商品名グラマラススパッツナイトスリム
会社名合同会社SO1
価格3990円
着圧レベル強圧編みテーピング加工
関連商品グラマラススパッツナイトスリムクール

関連ページ:【グラマラスパッツの口コミ】着圧の正規品のむくみの効果や痩せない

脚痩せに効果的な着圧ストッキング5・パエンナスリム

商品名パエンナスリムNEO
会社名株式会社BeANCA
価格3980円
着圧レベル4D構造設計
関連商品パエンナスリムNEOクール

関連ページ:【パエンナスリムの口コミ】着圧の正規品のむくみの効果や痩せない

短期間で脚痩せするコツ/マッサージ・半身浴・食事

短期間で脚痩せするコツ1・マッサージ

マッサージの効果1・むくみの解消

脚の冷え、むくみ、だるさなどを放置しておくと、脂肪細胞が大きくなってしまい、オレンジの皮のようなセルライトが出来やすくなります。
セルライトは見た目が悪いだけでなく、脚が太くなったり、下肢静脈瘤などの病気の原因になるのでマッサージをするのがお勧めです。
仕事や家事、育児などの合間を利用して、整体などに通っている人が多いですが、毎日は通院をするのは難しくなります。
自宅でふくらはぎや太もも、足の裏などをハンドを使って、優しく丁寧にマッサージをすることで、下半身の血流が良くなり、冷えやむくみ、だるさを改善しやすいです。
書店などで専門の本を購入したり、インターネットのWEB上で動画などを見ることで、脚痩せ、下半身痩せ効果の高いマッサージができます。

マッサージの効果2・冷えの改善

長時間同じ姿勢で仕事や家事をしている場合は、下半身の血流が悪くなってしまい、冷え性が悪化することがあります。
冷え性は未病とも呼ばれており、放置をしておくと体調不良や下半身太りなどの原因になってしまいます。
自宅でくつろいでいる時、入浴後などにふくらはぎ、太もも、足の裏などをマッサージすることで、血の巡りが良くなり、セルライトを予防することができます。
セルライトが出来てしまうと代謝が落ちてしまい、太りやすくなったり、脚の冷え、だるさなどの原因になるので予防をしないといけません。
自宅でハンドを使って優しくマッサージをすることで、冷え性を改善しやすくなります。
ツボは血液が滞りやすい部分なので、この部分を指圧するのがお勧めです。

短期間で脚痩せするコツ2・半身浴

効果的なお湯の温度

半身浴は全身浴とは違って、みぞおち部分までお湯に浸かることで保温効果を高めることができます。
冷え性でむくみやすい体質の場合は、全身浴よりも体を芯から温めることができるので、脚痩せ、下半身痩せ効果が期待できます。
半身浴に適した温度を知りたい人が多いですが、全身浴は40度前後ですが、半身浴の場合はやや低めの38度から39度ぐらいがお勧めです。
寒い時期は上半身が冷えやすいので、上半身にタオルを掛けておいたり、バスタブに半分ぐらい蓋をしておくと良いでしょう。
半身浴は38度から39度ぐらいが適しており、額が汗ばんできたら、体を洗って休憩をすると良いでしょう。
下半身の血流を促進して、ダイエット効果を高めることができます。

効果的な時間

脚痩せ効果を高めるために、半身浴をしたいけれど、どれぐらいの時間が最適なのか知りたい人が多いです。
半身浴は全身浴に比べると、お湯の温度が低いので20分程度をお勧めします。
みぞおち部分からお湯に浸かることで、15分から20分ぐらい入浴をしていると、体が温まってきて、額に汗が出てきます。
半身浴は20分を超えてしまうと、心臓に負担が掛かってしまうので体を洗う、湯舟から出て休憩をするようにしましょう。
半身浴をしている間は、喉が渇くので水分補給をするために、ミネラルウォーターを準備しておくと良いでしょう。
半身浴は15分から20分程度入浴をすることで、全身の血流が良くなり、冷えやむくみを改善します。
午後になると脚がパンパンになるので、悩んでいる人にお勧めです。

効果的な頻度

仕事やアルバイトで帰宅が遅くなりがちな場合は、シャワーだけで済ませることが多いですが、入浴とは違って体を温めることはできません。
脚痩せ、下半身痩せ、ダイエット効果を高めるためには、定期的に半身浴を実践するのがお勧めです。
半身浴は38度から39度ぐらいの温度で、15分から20分程度入浴をすることで、保温効果を高めることができます。
半身浴の最適な頻度は、どれぐらいなのか知りたい人が増えています。
半身浴は週に3回から4回程度実践をすることで、冷え性、むくみ、だるさなどを改善しやすいです。
長時間入浴をするので、水分補給をするためにミネラルウォーターを準備しておきましょう。
半身浴は体を温めたり、消費カロリーを上げることができるので、ダイエット効果が高くなります。

短期間で脚痩せするコツ3・食事

体を温める食材を取りましょう

短期間で脚痩せ、下半身痩せ効果を高めるためには、食生活を改善する努力が必要です。
下半身の血流を促進したり、代謝を上げるためには体を温める食事を心掛ける必要があります。
大根や里芋、人参などの野菜を加熱して食べたり、生姜やにんにくなどの体を温める食材を食べるようにしましょう。
コーヒーや紅茶などの飲料は、冷えやむくみなどの原因になるので、ハーブティーやホットミルク、スープ、味噌汁などを食べるのがお勧めです。
体を温める食材を積極的に食べることで、冷え性を改善して代謝を上げる効果があります。
午後になると脚のむくみ、冷えなどが気になる場合は、栄養バランスの良い食事を心掛けることが大事です。
低カロリーで保温効果の高い食材を選びましょう。

巡りをよくする緑茶や生姜を取りましょう

冷えやむくみを放置しておくと、体内に老廃物や水分、毒素などが溜まりやすくなり、脚が太くなったり、下半身太りの原因になってしまいます。
体を冷やすコーヒーや清涼飲料水は控えるようにして、カテキンを豊富に含んでいる緑茶、カフェインを含んでいない麦茶などを飲むと良いでしょう。
冷え性でむくみやすい体質の人は、体を温める食材を食べることで血流が良くなり、代謝を上げて脂肪燃焼効果が期待できます。
にんにくやニラ、玉ねぎ、生姜などの野菜は、体を温めたり、血の巡りを改善する効果があるので、1日に適量を食べるようにしましょう。
焼肉を食べる時はにんにくを食べたり、野菜炒めに玉ねぎや生姜などを加えることで、保温効果を高めることができます。

塩分を控えてむくみを予防しましょう

仕事やアルバイト、学業などで忙しい人は、自炊をする時間がなかなか取れないので、外食が多くなったり、コンビニやスーパーマーケットのお惣菜、お弁当などを食べることが多くなります。
お惣菜やお弁当、冷凍食品などは、塩分が多く含まれているので、冷えやむくみの原因になるので注意が必要です。
カリウムを多く含んでいる食材を選んで食べることで、体内の水分や老廃物、毒素などを排出しやすくなります。
醤油や梅干し、味噌などを購入する時は、減塩タイプの商品を選んで購入すると良いでしょう。
自炊をする時間がある場合は、緑黄色野菜や肉類、魚類などの食材を使って、だしのうま味を利用した調理をすることで減塩効果を高めることができます。
塩分控えめの食事をすることで、脚痩せ、ダイエット効果が上がることが多いです。

短期間で脚痩せする方法まとめ

短期間で脚痩せ、ダイエット効果を高めるためには、太ももやお尻、ふくらはぎなどを鍛える筋トレを実践したり、脚痩せ効果の高い着圧ストッキングを着用するのがお勧めです。
着圧ストッキングは昼用、夜用、運動用などの種類があるので、用途に応じた商品を選ぶことで冷えやむくみ、だるさを改善したり、血流を促進することができます。
脚痩せ効果を高めるためには、食生活や生活習慣を改善したり、半身浴などの入浴をすることで体を温めたり、体質改善、代謝促進などに役立てることが可能です。
体を温める食材や飲料を飲むようにしたり、半身浴で下半身の血流を促進することで、脚痩せ、ダイエット、下半身痩せに役立てることができます。
根気よく続けることで、ほどよく筋肉の付いたきれいな脚になれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました