【リクルートエージェントの評判】口コミで転職サイトは株式会社リクルート

転職

【転職サイト】リクルートエージェントの口コミ評判がおすすめの3つのポイント

リクルートエージェントのおすすめポイント1・親身になってくれる

はじめて転職をする人も転職経験者にも親身になって相談に乗ってくれるという声が多く見られました。希望条件や職務経歴に合う求人を紹介してくれるのはもちろんですが、面接日の調整や、内定をもらって辞退しなくてはいけないときも丁寧に対応してくれるようです。
わからないことがあって質問をしても丁寧に説明をしてくれるところが魅力です。

リクルートエージェントのおすすめポイント2・面接対策をしてくれる

職務経歴書の添削や面接対策もしてくれます。中でも無料の面接対策セミナーはとてもわかりやすく、はじめての転職でも自信がもてたという声があります。

リクルートエージェントのおすすめポイント3・わかりやすい

はじめて転職エージェントを利用する場合でも、キャリアコンサルタントが丁寧に相談に乗ってくれたり、今後の進め方などわかりやすく説明してくれる点が魅力です。

【転職サイト】リクルートエージェントのメリット・デメリット

リクルートエージェントのメリット1・良質な求人数が多い

求人数が多いことも魅力ですが、なかでも非公開求人数を10万件以上を保有しています(2020年8月現在)

リクルートエージェントのメリット2・専門コンサルタントがフルサポート

転職支援実績No.1※だけあって経験が豊富です。
職務経歴書の添削や面接対策としてもプロのコンサルタントがアドバイスをくれたり事前準備をサポートしてくれるのは心強いです。
特に「親身になってくれる」という口コミが特に多いです。転職活動は不安になりがちですが、親身にサポートしてくれる人がいるのは精神的にもありがたいです。

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4か月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントのメリット3・求人数が多く幅広い

どの転職サイトや転職エージェントでも都市部に求人が集中する傾向がありますが、幅広いエリアの求人を扱っています。紹介してくれる求人数も多いのも魅力です。予想以上に多く求人を紹介してくれて驚いたという声もありました。

リクルートエージェントのデメリット1・あたりはずれがある

担当するキャリアコンサルタントによっては多少あたりがずれがあるようです。
(例:レスポンスが遅い、連絡がこない、機械的など)
コンサルタントとは言え人間なので相性はあります。担当者がついてくれるのは最初の3か月間だけなので、どうしても合わない場合は早めに担当者を変えてもらったほうが良いでしょう。

リクルートエージェントのデメリット2・経験が浅い人は紹介してもらえないことも

どちらかというとリクルートエージェントはある程度キャリア経験のある人を対象にしているため、未経験や新卒・第2新卒など経験が少ない人には求人を紹介してもらえないこともあるようです。

経験が浅い人は転職サイトを利用するのがおすすめです。
下記に年代別におすすめの転職サイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートエージェントのデメリット3・医療系の求人はやや少なめ

リクルートエージェントでは幅広い業種の求人を扱っており、特に営業・販売・マーケテイングやITエンジニアなどが多いです。一方で医療系の求人は多くはないため、医療・医薬品系に特化した求人サイトやエージェントを併用することが望ましいでしょう。

【転職サイト】リクルートエージェントの良い口コミ・悪い口コミ

20代の口コミ評判

私はまだ社会人歴が1年しかなくて第二新卒枠での身でしたがとても親身になって対応してもらえました。志望動機や自己PR、職歴の書き方なども親切にアドバイスをもらえました。私が在職中だったので、夜の20時など遅い時間にも対応してもらえて助かりました。

30代の口コミ評判

30歳で初めての転職活動でした。初めてなので最初は何から始めたらよいのかわからず、ハローワークに通ってみましたがなかなか希望する職種が見つからず困っておりましたが、ネットでリクルートエージェントの存在を知り、さっそく登録をしてみました。登録するとすぐに面談のアポイントの連絡が入り、レスポンスの早さに驚きました土日でも面談の調整が可能で在職中だったのでとても助かりました。面談では前職を辞めた理由や希望の勤務地や年収、そして希望する業務内容などをじっくり2時間くらいかけて話を聞いてくださいました。面談の後、希望に合う求人の紹介をしてもらいました。紹介してもらった求人数の多さにはとても感動しました。こんなにたくさんの求人を紹介してもらえるとは予想しておりませんでした。その中には有名な大企業も多くあったので、さすがリクルートエージェントだと思いました。その他にも、書類選考や面接の注意点やコツなども細かくフォローしてもらい、自分でもびっくりするくらい順調に転職活動が進みました。おかげさまで3社から内定をもらえることができて希望していた職種に就くことができました。リクルートエージェントを使用して大成功したと私は思っています。

40代の口コミ評判

  • 40代後半での転職活動だったので、なかなか良い案件が見つからなかったのですが、根気よく探していただいて、希望していた業種で面接まで行くことができました。その面接も順調に進み、社長面接まで進み、最終的に内定をいただくことができました。
  • 40代で5度目の転職に成功することができました。早急に辞退を伝えなければならない企業にも、転職エージェントの担当者の方が代わりに辞退の連絡もしてくれてました。辞退することはなかなか勇気がいりますが、企業との間に入ってくれた担当者のアドバイスと協力があったおかげで最後まで転職活動をすることができたので本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

50代の口コミ評判

「残念ながら、現在ご紹介できる案件がございませんので、何か案件が出てきましたらご紹介させていただきます」と言われたからは、何も連絡がきていません。

男性の口コミ評判

女性の口コミ評判

私の場合、子育てをしながらもスキルアップができる職場環境が希望でしたので、可能な限り在宅勤務ができることや、在宅勤務ができない場合でも通勤時間が長すぎないこと、そして長く勤められること、時短勤務が可能なことなどが希望条件でした。
その条件を聞いて、企業の業務内容をチェックして私がスキルアップしたいと思う業務内容の企業を見て選ぶようにアドバイスを受けました。
しっかりとこちらの話を聞いてくれた上で、要点をあぶり出し、融通の効くところはどこなのかなどを汲み取っていただけたため、早い段階で転職活動の方針が固まり、その後は転職活動がしやすくて良かったです。最初の段階でわがままを承知でこちらの希望する条件をお伝えして、叶えられる部分と、多少は妥協すべき点などを明確にすることができました。
その後に紹介された求人にかんしても、業務内容を重視したものが多く、やりがいのありそうなものをたくさんご紹介ただきました。ずっと親身になってこちらの希望や話を聞いてくれて、それに少しでも合う企業をさがしてくれたので本当に感謝しています。

リクルートエージェントの良い口コミ評判1

親身になってくれる

  • 細かなところまで親身にアドバイスをもらえるのがうれしいです。職務経歴書の書き方や面接対策なども添削をしてくれます。求人数も豊富にあり、日本最大級と言われているだけあり、日本の転職エージェントの中では一番だと思っています。ここをメインに利用して他社エージェントをサブに利用するのが良いかと思います。
  • リクルートという知名度がとても高いエージェントであることと、求人数の多さから信頼できると思い、リクルートエージェントを利用することにしました。実際に面談をしてもらってたところ、まずはこちらの意見をちゃんと聞いてくれること、そしてこちらに寄り添う姿勢があり、押し付けるようなことは全くされなかったことが高評価でした。

リクルートエージェントの良い口コミ評判2

求人数が多く質が良い

  • リクルートエージェントの強みは、豊富な求人数と、優良な求人をたくさん紹介してくれるので、選考に進める企業が多いことです。キャリアコンサルタントがしつこい人が少ないので、こちらの判断を優先してくれます。
  • 登録をした後に面談に行った際、予想していたよりも非常に多くの求人の紹介を受けることができ驚きました。紹介された企業はほぼ自分が希望していた職種とあっていたので、これまでの経験を活かせるような企業がたくさんあり、たくさんの企業を検討することができました。
  • 他の転職エージェントに比べるとリクルートエージェントはおそらく2倍~3倍くらいは求人数があるので、登録すると転職活動はスムーズにいくと思います。

リクルートエージェントの良い口コミ評判3

はじめて転職する人におすすめ

はじめての転職活動で何をしたらよいのかわからないという方におすすめできます。豊富な求人数があるので、エージェントも多くの求人を紹介してきた経験があり、こちらがわからないことなどを質問や相談すると豊富な経験にもとづいてきちんとした返答をくれます。

リクルートエージェントの悪い口コミ評判1

対応が機械的

  • どういうわけか模擬面接ばかり要求されました。 私が希望していたのは模擬面接ではなく、 応募したい企業の社内の雰囲気だったり採用人物像などの情報提供でしたが残念ながら情報をもらうことはできず、機械的に求人の紹介か模擬面接の二択でした。
  • 日本最大級で利用者が多いせいか、どこか機械的な対応になっている感じはしました。

リクルートエージェントの悪い口コミ評判2

担当者に当たりはずれがある

求人を紹介してはくれるけれど連絡が遅かったです。担当者によるのかもしれません。

リクルートエージェントの悪い口コミ評判3

メールが多い

求人などの自動送信のメールが毎日時間関係なく届いたり、とにかくメールの量が多すぎて仕事をしながらの対応は大変でした。

【転職サイト】リクルートエージェントはどんな職種に強い?対応地域は?

リクルートエージェントの対応地域は?

リクルートエージェントは全国に拠点を持っています。
(東京本社を含めて全国に16か所)
また、電話やWEBでの面談も実施しているため、近くに拠点が無い場合でも面談が可能です。
U・Iターンを検討している人も相談に乗ってくれます。

20代や初心者・未経験の求人数は多い?

未経験者も対象にしている求人も多数取り扱っています。検索ページで「未経験でも可」にチェックを入れて検索することも可能です。
ちなみに未経験も可で検索をしてみたところ、公開求人37,091件 (非公開求人66,954件)でした(2022年5月9日現在)

「未経験OK」な求人が多い業界・職種

  • 住宅、不動産業界の営業職や販売職
  • 教育業界の教室長・マネージャー候補
  • 生命保険業界のプランナー
  • 広告業界の営業職
  • IT、WEB業界のエンジニア・営業職
  • 人材業界の営業・コーディネーター・キャリアアドバイザー
  • フードサービス・小売業界の店長候補・SV候補

参照元:リクルートエージェント

事務など女性におすすめの求人は多い?

リクルートエージェントは転職支援実績No.1※だけあって、女性に人気の事務系の求人も扱っています。「管理・事務」で検索をすると公開求人9,824件 /非公開求人14,030件が見つかりました(2022年5月9日現在)

参考までに職種別の公開求人数はSE・ITエンジニアが28%と最も多く、次に営業・販売職が多いです。
事務系になると割合的には少なくなってしまいますが、それでおも1万件近い求人数を扱っています。

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4か月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

30~40代のハイクラス求人は多い?

ハイキャリア・グローバル・コンサルティングサービス

リクルートエージェントではハイクラスの転職・高年収の領域の転職に特化したサービスがあります。
主に年収800万円以上のハイキャリア転職を対象としており、各業界・職種に詳しい「ハイキャリアコンサルタント」と呼ばれる専門コンサルタントがいます。

10万件以上の非公開求人の中でもエクゼクティブを含むハイクラス・高年収の求人をメインに扱っています。

50~60代以降の求人は多い?

50~60代の中高年でもリクルートエージェントに登録して利用することが可能です。しかしながらリクルートエージェントに限らず20~30代を対象とした求人数に比べるとどうしても少なくなってしまいます。
対象年齢が高めの求人は非公開であることも多いため、やはり転職サイトよりもエージェントの利用をしたほうが良いと言えるでしょう。
年齢がネックになるということを念頭に置いてなるべく多くの求人をチェックしておいたほうが良いでしょう。

掲載求人数はどのくらい?

公開求人 191,452件、非公開求人 249,030件(2022年5月9日現在)となっており、エージェントの中でも非常に多いです。
とにかく多くの求人を検討したい人にはリクルートエージェントがおすすめです。

どんな業種に強い?求人の業種について

業界最大手で求人数も多くどの業種にも強いエージェントです。
その中でも特にIT・通信業界が多く19%、次に人材業界人材、不動産・建設業界と続いています。

正社員求人数は多い?

転職エージェントは正社員として転職を希望している方をメインに求人企業に紹介しています。
そして正社員の経験がなくてもリクルートエージェントを利用することは可能です。
しかし、もし即戦力が求められるため、実務経験を重視される傾向にあります。
もし正社員の経験が無くこれから正社員に転職を希望している場合は、転職エージェントよりも転職サイト(dodaエン転職など)を利用することをおすすめします。

パート・バイト求人数は多い?

上記でも解説しました通り、転職エージェントは正社員として転職を希望している方をメインに求人企業に紹介していますので、パートやアルバイトの求人は対象にしていません。
Indeedやアルバイト・パートをメインに扱っている転職サイトに探すことをおすすめします。

派遣求人数は多い?

上記で解説した通り、リクルートエージェントでは正社員への転職を希望している人をメインに求人企業に紹介しています。

【転職サイト】リクルートエージェントの登録・利用の流れについて

登録までの流れ1・会員登録(会員登録なしでも求人検索は可能)

会員登録しなくても求人検索できます。リクルートエージェントの転職支援を申し込めば、あなたの希望や職務経歴に合った求人を探してくれますし、非公開求人の紹介も受けられます。
履歴書や職務経歴書の添削、そして面接対策もしてくれます。もちろん無料ですので申し込んでおいて損はないでしょう。

登録までの流れ2・リクルートエージェント履歴書を登録

履歴書の作成はキャリアアドバイザーからアドバイスをもらうことが可能です。
履歴書の書き方と見本のテンプレートをダウンロードして活用することもできます。
細かい書き方や提出の仕方なども詳しく解説されていますのでぜひ参考にしてみてください。

登録までの流れ3・職務経歴書の準備

履歴書と同様に、職務経歴書にかんしても職種別に書き方・見本のページがあります。フォーマットもダウンロードが可能です。
よくある質問と回答も参考になるのでぜひチェックしてみてください。

応募後の流れ1・企業側からのメッセージの確認

希望に合う求人が見つかり、履歴書や職務経歴書の準備ができたら、いよいよ応募をします。
応募をするとまずは書類選考に進みます(書類選考が無くていきなり面接に進むパターンもあります)
担当のキャリアコンサルタントが書類選考結果の連絡をしてくれます。

応募後の流れ2・合否の通知

応募後の流れ1で解説した通り、書類選考の合否結果を担当のキャリアコンサルタントより連絡が来ます。

応募後の流れ3・合格の場合は面接日の調整

書類選考に合格すると、次は面接に進みます。面接日の調整はキャリアコンサルタントが応募者と企業の間に入って行ってくれますので、面接可能な希望日をキャリアコンサルタントに伝えましょう。

応募後の流れ4・合格の場合は面接の実施

書類選考に合格し面接日も決まると次はいよいよ面接本番です。
直接応募先の企業に訪問して面接をすることもありますし、最近はZOOMなどのオンラインで面接をする企業も増えてきています。
私が過去に面接したいくつかの企業は最終面接まですべてZOOMやTeamsなどで行い、入社後はじめて実際に会うということもありました。

応募後の流れ5・面接の合否の通知

企業によって面接の回数は異なりますが、平均的にも2~3回の面接があるかと思います。
キャリアコンサルタントから面接ごとに合否結果の連絡(電話またはメール)が来ます。

応募後の流れ6・合格の場合は内定通知

無事にすべての選考を終えて合格すると、企業から内定通知をもらいます。
内定通知も担当のキャリアコンサルタント経由で連絡が来ます。

応募後の流れ7・入社に関することや条件などの調整

キャリアコンサルタント経由で内定通知を受け取り、入社する意思が決まっている場合、次は具体的な入社日を決めたり、給与・有給休暇日数・試用期間・職務内容などの条件面も取り決めていきます。
(ある程度は面接の段階で確認が済んでいる場合もありますが、あらためて確認をします)

【転職サイト】リクルートエージェント(株式会社リクルート)の会社概要

会社名株式会社リクルート
所在地〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
電話番号03-6835-3000
URLhttps://www.recruit.co.jp
業種サービス業
代表取締役北村 吉弘
資本金3億5千万円
設立年月日2012年 10月1日
2022年5月8日現在

【転職サイト】リクルートエージェントのよくある質問

質問1・リクルートエージェントと求人サイトの違いは何ですか?

リクルートエージェント転職サイト(リクナビNEXTなど)
サービス転職のプロであるキャリアアドバイザーに履歴書・職務経歴書の書き方、
面接対策などのアドバイスをしてもらうことが可能です。
豊富な転職支援コンテンツを気軽に読むことができます。
求人検索のほかに経歴を登録することで、
あなたの経歴に興味をもった企業や転職エージェントからのスカウトが届く場合もあります。
求人数約10万件(多くが非公開求人)
※2020年8月時点
非公開
求人への応募方法キャリアアドバイザーと
面談をした後に求人の紹介が受けられます。
登録が完了すれば求人に応募することが可能です。

質問2・リクルートエージェントでは求職者向けのイベントなどはありますか?

リクルートエージェントでは企業セミナーや転職フェアなど様々なタイプのイベントを開催しています。参加費はすべて無料です。平日の夜や土日に開催されることが多いので仕事の後に参加することが可能です。
また、最近はオンラインによるライブ配信もあるので遠方など場所を気にせず参加も可能です。

【転職イベントなどの開催例】

  • キャリアを活かすUターン、Iターン転職の心得(オンラインライブ配信)
  • 自己分析セミナー(オンラインライブ配信)
  • 職務経歴書の書き方セミナー(オンラインライブ配信)
  • 【現役キャリアアドバイザー講演】第二新卒必見!自分に合った転職活動の進め方
  • 転職エージェントフル活用LIVE
  • 初めての転職、転職活動キックオフLIVE
  • キャリアデザインセミナー
  • 面接力向上セミナー(オンラインライブ配信)

質問3・リクルートエージェントは面接対策や履歴書添削などのサポートは受けられますか?

転職のプロであるキャリアアドバイザーに履歴書や職務経歴書の書き方、そして面接対策のアドバイスを受けることが可能です。アドバイザーや応募企業にもよりますが、面接で質問されそうな内容や、注意点など細かなアドバイスを受けられることがあります。

質問4・リクルートエージェントはは面接日の調整や入社に関するサポートをしてもらえますか?

面接日の調整や入社に関するサポートもリクルートエージェントが応募者と企業の間に入って対応してくれます。直接切り出しにくい条件交渉なども、代わりに対応してくれますので、相談しながら進めていくことが可能です。

質問5・単発バイトや派遣などの求人はありますか?

リクルートエージェントは主に正社員への転職を希望している方を求人企業へ紹介する会社です。
アルバイトや派遣などの求人を探している場合は、Indeedやアルバイト・派遣に特化した転職サイトで探したほうが効率的です。

【転職サイト】リクルートエージェントの口コミ評判のまとめ

いかがでしたでしょうか?
リクルートエージェントは転職エージェントの中でも業界最大級の約10万件にも及ぶ求人数※を保有しています。
主に正社員への転職を希望している人を対象としており、職種・業界も幅広く取り扱っています。
転職のプロであるキャリアアドバイザーと面談をすることにより、希望や職歴に合う求人(非公開求人を含む)も紹介してもらうことが可能です。
求人の紹介だけでなく、経歴書の書き方や面接対策のアドバイスも受けることができ、条件交渉や面接日・入社日などの交渉も応募者と企業の間に入って対応してくれます。

おすすめの転職サイト・転職エージェントを比較しているサイトもぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました