【骨盤の歪みを治すストレッチ】自宅で骨盤矯正/骨盤を正しい位置に戻す方法

ダイエット

骨盤の歪みの種類について/特徴・原因・症状

骨盤の歪み1・前傾タイプ

状態・特徴

骨盤の前傾による歪みの状態は、立ったままの状態で、身体の横サイドから骨盤あたりの腰周りが、前方への傾斜しているようなスタイル。前傾タイプを調べる方法としては、壁などに背中から、立ち上がった状態で、全身を壁に密着させるようにくっつけて、壁から腰あたりの空間が開いている状況を見ます。もしこの時、壁と腰の間に出来た空間が広ければ骨盤歪みも前傾タイプという可能性大。見た目としては、身体の後ろ姿の腰周りが反り返ったようになり、臀部、つまりお尻が出っ張りやすく、胸が前面に突きだされたような立ち姿になるという特徴が有ります。

原因

前傾タイプに骨盤が歪む習慣には、普段の姿勢からのクセや習慣もありますが、比較的、かかとの高い靴を履く機会の多い女性に見られるという傾向が見られます。理由としては、パンプスやハイヒールなどを履いた時につま先に重心がかかりやすいため、それに伴い身体も前かがみ状態になり、そのまま無意識に身体を前に突き出した様な姿勢で歩いたり、生活を続けていると、骨盤が前方向にカーブをしたまま、骨盤の歪みも前傾タイプになりやすいと言われています。また普段の生活で胸やお腹を突き出した様な姿勢での歩き方を習慣としている場合は、骨盤の前傾歪みが出やすくなります。

症状

骨盤の前傾歪みが続くと、腰周りから下腹部への健康ダメージがでやすくなるので注意が必要です。症状としては、腹筋が弱くなり易く、便秘になったり、骨盤の辺りから血のめぐりが滞ることで、女性の場合は生理痛が起こりやすくなったりと、下腹部からの不快な身体の不調にに悩まされることが多くなるのが骨盤の前傾歪みタイプの症状の特徴になります。
また、小食なのにお腹が張るや、ダイエットをしているのにポッコリとしたお腹に脂肪がついたようなスタイルが改善されにくいという症状も、骨盤の前傾歪みを疑ってみてもいいかもしれません。

骨盤の歪み2・後傾タイプ

状態・特徴

骨盤の歪み前傾タイプとは逆になるのが、後傾タイプの骨盤歪みです。
この後傾タイプの特徴には、立ち姿を横から見て、首が前に傾き、背中のラインが歪曲したように丸い曲線で、腰周りからかけて、お尻が比較的平面で引っ込んでいるようなヒップライン、立っていても膝が真っ直ぐではなく折れているようなスタイルが特徴です。歩き方は、足をつま先を外側に向けて歩く、いわゆる、がに股歩きになることが多いと言われています。
一般的な日本人に多く見られるのが、背中が丸まった状態の猫背姿勢なので、骨盤の歪みも
後傾タイプの判断になりやすい状態になるのも理解ができます。

原因

普段から背中を丸めたまま、床や椅子に座りっぱなしの生活をしたり、パソコンやスマフォなどを見るために顔だけを前に突き出す姿勢を続けていれば、骨盤の歪みも後傾になりやすいので、特に、パソコンやスマフォなどを長時間使用する仕事に従事する方にはこの後傾骨盤歪みの症状が出やすいと言えます。また、背中にヘッドレストがあるような椅子に座っていても自然に前かがみになってしまう座り姿勢のクセや、背もたれが有るにも関わらず背筋を伸ばさず、背中を丸めて、デスク作業を続けるなどの習慣が有る方は、骨盤の歪み後傾が進行する原因になりやすいと考えられています。

症状

足の太ももやヒザ関節にかけて筋肉の動きが弱くなり易く、身体の関節が硬くなり柔軟性がなくなっていく症状が見られます。例えば、立ち上がった状態から膝を曲げずに、身体を折り曲げて両手を床までつける様なポーズをしたときに、膝が伸び辛かったり、床まで到底指が届かないという、身体の硬さが感じられるような症状が特徴です。また、歩く姿勢が、足のつま先やかかとを開いて歩くガニ股歩きや、真っすぐに身体を立たせたときに、左右両膝がくっつかないなどの見た目からも分かる症状が気になるのも後傾タイプ骨盤歪みには多い悩みになります。

骨盤の歪み3・反り腰タイプ

状態・特徴

反り腰タイプと言われる骨盤の歪みには、
垂直に、真っすぐ立った状態で、横から見た姿が、骨盤から前方向に、折れ曲がった状態に見えるのが特徴で、骨盤の歪みが前傾タイプと似ていますが、骨盤の反り方が異なります。
骨盤が、大きく前方向に倒れる様な折れ方で反った歪みで、深くお辞儀をするような歪み。
特にスタイル的に特徴なのは、骨盤から下腹部に向かって、脂肪がついた腰周りや太ももなど下半身に脂肪が集中している体型の方に多く見られるのが、反り腰の骨盤歪みタイプになります。

原因

反り腰の骨盤歪みの原因の中には、良い姿勢を意識するあまり、背中や筋肉を緊張させてかえって筋肉のこわばりを起こしてしまったり、運動不足解消のために始めた、足を動かす運動のし過ぎで、太ももまわりなど筋肉が発達しすぎて、腰に負担をかけるなどの筋肉疲労などからも原因があるという見解もあるんです。皮肉なようですが、この反り腰骨盤歪みの場合は、下腹部の筋肉の鍛え過ぎという要因から、足の筋肉太りで、骨盤の筋肉にダメージを与えやすくなり歪みを生じさせやすくならない運動方法を、きちんとトレーナなどについて行った方が骨盤の歪み原因を作らないベストな方法になります。

症状

身体の中心から折れ曲がった姿になり易いのが、反り腰骨盤歪みの症状の典型的なスタイル。足に筋肉や脂肪が付きにくく、いわゆる下半身太りになりやすいことも症状には多い骨盤のゆがみタイプ。上半身は、肩が凝りやすく、身体の中心軸から腰から深い折れカーブできポッコリとしたお腹が出ることが避けられなくなります。下腹部の圧迫感を感じやすく、便秘気味になる症状も出やすいのも特徴的。筋肉の張ったような、太ももを持つ方に多くみられる症状になります。

骨盤の歪み4・開きタイプ

状態・特徴

骨盤の歪みで開いたタイプには、特に出産を経験した直後の女性に多いのが特徴です。
骨盤の左右両サイドに備わっている腸骨と言われる骨が、羽を広げたように開いた状態のまま閉じられなくなった状態です。外から見えるスタイルとしては、足が常に外を向いた状態で、意識して足を揃えて立っていても左右膝同士が密着せず、膝と膝の間に隙間が空きやすいのが特徴です。O脚とも言われており、立った時に両足のバランスが取りにくく、下半身太りが進行しやすい状態になりやすい状態です。

原因

骨盤の開きタイプの歪みには、男女関係なく起こりうる可能性はありますが、やはり出産などで、自然に骨盤が開いてしまうということで、女性には多くこの骨盤の歪みタイプが見られます。お腹の中の赤ちゃんの産道としてスムーズに骨盤が開く体質を持った女性は、一度骨盤が開いてしまうと、ホルモンバランスの乱れだったり、生活習慣や姿勢の問題などで、なかなか、骨盤が元の位置に戻らず、そのまま、骨盤の開き歪みとして定着してしまうことが有ります。

症状

下半身が太りやすくなり、お腹周りの脂肪が付きやすくなるのが症状としては一般的です。
また、膝が開いた状態で足をしっかりと揃えられない、O脚の症状などや足がいつのまにか外を向いて歩く、ガニ股歩きグセの姿勢にも注意が必要ですね。出産された女性の方で、骨盤開き歪みになられた方は、出産後のお腹周りのふくらみが戻りにくくなる可能性も高くなってきます。骨盤の歪みが開きタイプの場合、姿勢を整えたり、ストレッチを行うなどの骨盤を閉める予防を意識して行うなどがお薦め。なぜなら、予防をしないと骨盤の開きはさらに広がりやすい傾向に有り、そのため、下半身太りだけではなく、腰痛などにまで発展する可能性を事前に抑制するようにして欲しいと思います。

骨盤の歪み5・傾きタイプ

状態・特徴

立ち上がった状態を鏡等で、正面を向いて、腰のあたりをチエックすると、左右腰骨の一番高い位置にズレがある状態が見えたら、骨盤の歪みが傾きタイプの特徴です。また両手で腰サイドを触れてみても、触った時に左右の高さにズレが感じられる場合もあります。簡単なチェック方法としては、正面を向いたまま仰向けに状態で、無意識に左右は対称ではなく片方の足だけが傾くと、骨盤の歪みが傾いた状態と言っても過言ではないほどの分かりやすい特徴になります。

原因

傾きタイプの骨盤の歪みの原因として考えられるのは、やはり、常にどちらかに身体の左右のどちらかに比重を置いた生活をしているかが大きな要因となりやすいという説が多いです。鞄は常に左側だけに持ち歩くや、椅子に座る時は、右側ばかりに体重をかけたような座り方をするなど、身体左右の片側だけに負担を強いる生活を続けると左右が一方に傾いてしまう骨盤の歪みが起こりやすいのは自然な事。また、歩く姿勢や、歯ぎしりなども原因があるという説もありますが、基本的には左右の身体の生活習慣の動きに関連があるというのが、一般論として知られています。

症状

身体を支える中心である骨盤が左右に歪んでいると現れる症状には、普段の生活の身体の無意識に左右どちらかに傾いているはず。例えば、机に頬づえをついた時に片方の手だけで抑えるや、靴底を見た時に、片方だけが減っている、などと左右いずれか過度に傾いた動作をしていることが考えられます。肩が凝ったような痛みを感じても、常に片方の肩だけ痛みを感じたり、歩いていて、まっすぐに歩いているつもりでも、なぜか平面な道でつまずきやすいなどの症状がある方は、骨盤の傾きが原因かもしれません。

骨盤の歪み6・捻じれタイプ

状態・特徴

骨盤が左右の位置が、左右が前後ろでひねったように捻じれてしまった骨盤の歪みが捻じれタイプになります。この捻じれ骨盤の歪みの特徴は、上半身でチェックすると左右いずれかの肩が前方に歪曲したように見える状態で発覚する場合も有ります。鏡で正面を向いた時に、肩のラインを見て、左右の肩の位置がズレが目視でハッキリと判断できるようであれば、捻じれ骨盤歪みの状態になっているかもしれません。椅子などに座った時に無意識に足を組むクセが有る方も骨盤のねじり歪みを引き起こしやすくなる状態になるので、できるだけ足は組まない様に座る方が骨盤の為には最適な座り方です。

原因

やはり捻じれ骨盤の歪みは、身体の左右をひねったような動作を常に行ってしまうことが原因の大半と言えます。椅子に座った時に上半身は正面を向いているのに、片側の足だけを交差するように、組んだり、その状態で長時間過ごしたりすることが多くなると、特に原因は、組んだ足グセと特定される場合もあります。足を組んでいなくても、座った時に、足を揃えて片側だけに横に倒して座ることでも、なりうる可能性のある骨盤の捻じれ歪み。
足を組んで座る姿勢はラクですが、捻じれ骨盤の歪みの危険性が有ることは常に頭においておくことが大切です。

症状

骨盤の左右がすでにひねられた状態ということでは、腰の痛みが出やすくなるのも症状として大きな注意事項になります。特に、重いものを、かがんで運んだり、身体を腰からひねって振り返る動作は、突発性の腰痛である、ぎっくり腰と言われる症状に繋がりやすくなるので注意が必要です。特に、突然の腰に負荷がかかる動作は危険。一端捻じれた骨盤歪みにクセがついてしまうと、腰痛に常に悩まされたり、下半身を軽快に動かしにくく、フットワークも悪くなりやすいという倦怠感の症状まで引き起こされやすくなります。

骨盤が歪む原因/日常生活のクセや筋力低下・出産など

姿勢や日常生活のクセで骨盤が歪む原因について

原因1・カバンを持つ手がいつも同じ

カバンを持つ手や、カバンを肩に掛ける方がいつも同じだと、カバンがない方の身体が無意識にバランスを取ろうとして、カバンがある方も無意識に上がってしまいます。
例えば左側の手や肩にカバンを持つクセがある場合、”荷物を持つ=力が入る”という心理で無意識に左側の手や肩に力が入り上がってしまうのです。
左右のバランスをとりたい左側と、カバンをしっかり持ちたい右側のバランスが不安定なことで骨盤の歪み・傾きだけではなく、頭痛や疲労感、目の疲れや肩こり、腰痛や膝の痛み、便秘までも引き起こしてしまいます。
骨盤が歪んでいると、左右の骨盤の高さが違うことから脚の長さにも違いが表れます。
見た目のバランスも良くないので、カバンを持つ手や肩がいつも同じ場合は、左右交互に持つことを意識した方が良いです。

原因2・いつも同じ側の足で休めの姿勢で立っている

いつも同じ側の足で休めの姿勢で立っている、いわゆる片足重心がクセになっている人は要注意です。
無意識にやってしまうため気を付けることも難しいのですが、いつも同じ側の足で安めの姿勢で立っていると骨盤の歪みを作り、骨格と筋肉のバランスが崩れてしまい左右差ができてしまいます。
また、背骨や骨盤が歪むことで肩こりや腰痛、股関節通や膝痛、浮腫みなども引き起こします。
骨盤が歪んでいることで身体全体をバランスよく支えるためにいつも同じ側の足に重心をかけたくなってしまうんだと思います。
この場合骨盤だけではなく姿勢の改善も必要になってくるので、体調不良を感じる前に対処する必要があります。
無意識にやっていることは気が付きにくいので、これを機に自分の立ち姿を意識してチェックすることをおすすめします。

原因3・足を組んで座っている

人が足を組んで座る理由には、大きくまとめて2つあります。
①長時間同じ姿勢でいることに疲れてしまい、足を組んで片方に重心をかけることで同じ姿勢からくるだるさや疲れを少しでも解消しようとする
②すでに歪んでいる体のバランスを保つため、椅子に座った瞬間に足を組む
足を組んで座る人の多くが②です。
足を組むことがクセになっていると、体がさらに歪み、腰痛・猫背・ずっこけ座り・肩こり・血流低下・冷え・尿漏れが起こりやすくなる原因になってしまいます。
また、外ももが張って太くなったり、内ももやお腹がたるんでしまったり、垂れ尻になる原因にもなり体重等に関係なく見た目のバランス・印象が悪くなります。
一度歪んでしまった骨盤や体型・姿勢の改善、不調などは1日でなんとかなるものではないので、日頃から小さな意識の積み重ねが大切です。

原因4・スマホやパソコンなどで長時間同じ体勢で座っている

パソコンやスマートフォンに依存している方・仕事から長時間パソコンと向き合う方・時間を忘れて何時間も同じ体制でゲームをしていることが多い方は通常の姿勢よりも姿勢が丸まりやすかったり、頬杖をついてしまうことが非常に多いです。
また、真っすぐな姿勢であっても、長時間同じ大勢で座ることは骨盤を歪ませてしまいます。
立っている時に比べて座っている時の腰への油単は80%以上も増え、パソコンやスマートフォン、ゲーム機等の画面を見る時に人は無意識に前かがみになるため腰や骨盤だけではなく首を支えている筋肉にまで負担をかけています。
特に横座りとあぐらは骨盤に負担をかけてしまう座り方なので、普段何気なく行っている動作を改善して骨盤の歪みを防止する必要があります。

原因5・ヒールの高い靴を履くことが多い

ヒールはもちろんかかとが高くなっている靴を履くとつま先に重心がかかることで前傾姿勢になります。
身体全体のバランスをとるために無意識に行っている体勢とはいえ、前傾姿勢になることで骨盤が前にズレやすくなっています。
また、つま先に重心があることで高さのないペタンコの靴に比べて踏ん張りが効かず、体重を足の外側に逃がそうともします。
そのため骨盤が前にズレやすく、広がりやすい最悪な状況を自ら作り上げているのです。
骨盤が広がる方向に力が加わることで身体の外側に筋肉が発達し、足の骨も外側に引っ張られることでO脚の原因にもなります。
ヒールやかかとが高くなっている靴は脚長効果や美脚効果、身長を高く見せることができるため欠かせないアイテムになっている方も居ると思いますが、骨盤の歪みを改善するためにも毎日履くことは控えた方がいいでしょう。

筋力の低下・出産などにより骨盤が歪む原因について

筋力の低下や出産などにより骨盤が歪んでしまう主な原因は妊娠中にお腹が大きくなることで体のバランスをとるためと、出産時に最大まで骨盤が開くことで出産後に骨盤を支えている筋肉が緩むことによって骨盤が歪んでしまうからです。
骨盤が歪むことで生理痛の悪化・腰痛・便秘・下痢・睡眠の質の低下・肩こり・肌荒れ・O脚やX脚・太りやすくなる・下腹が出やすくなる・お尻の横幅が大きくなる・太ももが太くなるなどの影響が出てきます。
骨盤が歪んだり、開いたりすると上記のようなトラブルが起きやすくなるので、妊娠中・出産後・加齢によって1つでも思い当たる節がある方は要注意です。
では、”加齢や出産などにより骨盤底筋が衰えやすくなる理由”と”妊娠により骨盤の歪む理由”について詳しく解説していきます。

加齢や出産などにより骨盤底筋が衰えやすくなる理由

出産時は、お腹で大きくなった赤ちゃんを外に出すために骨盤を開かなくてはなりません。
とはいっても、出産時にいきなり骨盤が大きく開くわけではなく、妊娠直後からゆっくりと骨盤の開きは始まっています。
“リラキシン”というホルモンが作用することで骨盤を支えている靭帯や筋肉が緩みます。
緩んだところにお腹で大きくなった赤ちゃんの通り道ができ、外に出すことができるという仕組みです。
そのため出産後は骨盤やその周辺の筋肉が緩んでいる状態で、後々骨盤は自然と元に戻ろうするのですが、骨盤が安定していない状態で育児や家事、仕事等で動き回るため骨盤が本来の正しい位置ではなく歪んだ状態で戻ってしまいます。
こうしたことから、加齢や出産などにより骨盤低筋が衰えやすくなる理由だとされています。

妊娠により骨盤の歪む理由

妊娠中はホルモンの影響により筋肉が緩みやすく、骨盤の左右差が出やすくなります。
そのため足を組んで座ったり、片足重心の立ち方をしてしまったり、骨盤に負担をかける座り方をしてしまったり、いつも同じ手や肩でカバンを持ってしまうなど、無意識にやってしまう日常生活でのクセにより骨盤の歪みを悪化させてしまうケースが非常に多いです。
また、お腹の赤ちゃんが重力で下がった状態になることで骨盤が開き、歪みの原因にもなります。
骨盤が歪んでいると腰が痛くなるだけではなく、骨盤周りの血行が悪くなることで脚の浮腫みやつりやすくもなります。
こうしたことから妊娠中の骨盤の歪みは、ホルモンと無意識に行っている骨盤の歪みを悪化させてしまう日常生活でのクセが理由だとされています。

骨盤の歪みを治すストレッチの方法について/自宅で骨盤矯正

骨盤矯正ストレッチの効果1・骨盤周りの筋肉をほぐすことができる

骨盤が歪むとバランスの悪い上半身を支えるために筋肉が張った状態になる

特に反り腰の方は、バランスの悪い上半身を支えるために前モモの筋肉がパンパンに張ってしまい、太ももが太くなります。
反り腰の人と反り腰ではない人を比べると、反り腰の人の方が日常生活の中で圧倒的に前モモの筋肉を使っています。
骨盤が前に傾いていることで前モモにある大きな筋肉(大腿直筋)が過度に働き、筋肉が大きくなってしまうようです。
スラッとした脚や太ももが細い人は反り腰ではなく、骨盤の位置が正しいところに収まっている傾向があります。
ちなみに反り腰の人は腰痛を感じやすく、それが悪化すると腰椎分離症・腰椎すべり症・脊柱管狭さく症・ぎっくり腰を繰り返すようになります。
腰が重くて痛いなどの症状がある方は反り腰の傾向が強いです。

張った筋肉が柔らかくなると骨盤が正しい位置に戻せるようになる

骨盤は骨なので、骨盤が歪んでいたとしても骨盤の骨自体が歪むことはないので、時間をかけて正しい位置に戻すことが可能です。
骨盤が歪んでしまう主な理由は骨盤に付いている筋肉の緊張バランスが崩れていたり、脚から歪みが生じていることがほとんどです。
そのため、骨盤に付いている筋肉(大腿四頭筋や腸腰筋など)を伸ばして柔らかくしてあげることで、骨盤の歪みの緩和や改善に繋げることができます。
簡単なストレッチでも骨盤の歪みの緩和や改善に期待できるので、無理のない範囲で継続して行うことが大切です。
日常動作で痛みを感じている方は、サポーターを着用するなどして症状の悪化を予防しながら行ってください。
長期間行っても効果を感じられない場合は、整体などで施術を受けることをおすすめします。

骨盤矯正ストレッチの効果2・左右の筋肉のバランスを整えることができる

筋肉の柔軟性を高めることや、筋力をアップさせることで腰痛予防にもなります。
ストレッチをして骨盤周りの筋肉の柔軟性を高めたり、緊張を低下させると疲労回復・ケガの予防・リラクゼーション効果にも期待できます。
骨盤矯正ストレッチと聞くと難しい動作があったり、短時間ではできないイメージを持っている方も居ると思いますが、実は手空き時間や就寝前、起床後などの短時間でも簡単にできちゃうものがたくさんあるんです。
左右の筋肉のバランスを整えることで正しい姿勢に戻すことができたり、スタイルアップや関節・内臓・腰・肩・首などへの負担を大幅に軽減することができます。
骨盤矯正ストレッチを継続して行い、骨盤が歪みにくい体型を意識しましょう。

【最新版】じっくりカラダが変わる骨盤矯正!【ストレッチしても体が柔らかくならないときにやる】

【毎日7分】寝ながらできる骨盤矯正ストレッチ!!股関節を緩めて下半身をスッキリさせよう!!

【毎日10分】簡単!!骨盤矯正ストレッチ!股関節を柔らかくして下半身をすっきりさせよう!【ダイエット】

骨盤の歪みを治す/骨盤矯正におすすめのグッズ

ストレッチポールの使い方

ストレッチボールを使用することで身体の軸を意識することができ、身体の左右差や緊張の高い部分を感じながら自分でリラクゼーションを図ることができるのが特徴です。
骨盤が押されることで骨盤が後ろに傾き、前傾していた骨盤が正しい位置へと変化します。
では、骨盤の歪みとなっている筋肉をほぐす使い方をいくつかご紹介していきます。

<前モモ>

  1.  ストレッチボールを置いた上で仰向けになる
  2.  右足の甲を床につける
  3.  右手で右足を引っ張り、右ひざを床に近づける
  4.  15~30秒キープ 1~3セット
  5.  左も行う

<脚の付け根>

  1.  ストレッチボールを横向きに置く
  2.  仰向けになりながらお尻をストレッチボールに乗せる
  3.  右脚をまっすぐ自然に伸ばし、左脚を持ち上げて両手で掴む
  4.  右脚の付け根が伸びるように両手で左足を胸に近づける
  5.  15~30秒キープ 1~3セット
  6.  左脚も行う

<裏モモ>

  1.  ストレッチボールを横向きに置く
  2.  ストレッチボールの前であぐらをかき、右脚を前に伸ばしてストレッチボールの上に足首あたりをのせる
  3.  右脚の裏モモが伸びるように身体を前に倒す
  4.  15~30秒キープ 1~3セット
  5.  左側も行う

<お尻>

  1.  ストレッチボールを横向きに置く
  2.  ストレッチボールの前に座り、左脚を後ろに引いて右脚の足先から膝までをストレッチボールの上に乗せる
  3.  お尻の右側が伸びるように身体を前に倒す
  4.  15~30秒キープ 1~3セット
  5.  左側も行う

骨盤ベルトの使い方

骨盤ベルトを使うことで腰・尾骶骨・恥骨等の痛みの緩和や、ウエストの引き締めやO脚の軽減などに期待できます。
骨盤の安定を補助してくれるのが特徴です。
正しい使い方は以下となります。

  1. 仙腸関節に骨盤ベルトを当てる
    ほとんどの方が腰骨あたりに仙腸関節があります。
    そこに骨盤ベルトの真ん中を当てます。
    肌に直接当てて装着をすると肌トラブルの原因になるので、必ず肌着等の上から装着してください。
  2. 内側を巻く
    内側のベルトから巻いていきます。
    ベルトを横に引っ張って伸ばし、骨盤を横から締め付けるように大きな弧を描くように腰骨に巻いていくと、フィット感のあるきれいな仕上がりにできます。
  3. 外側も巻く
    内側のベルトと同様に、横に引っ張って伸ばしながら骨盤を締め付けるように巻いていきます。
  4. 腰骨に引っ掛けたベルトを少し下げる
    腰骨に引っ掛けた骨盤ベルトを、腰骨から少しだけ下にズラして固定します。

就寝時に使用しないことはもちろん、脚に痺れを感じる・脚のだるさや浮腫みを感じる・頭痛が起きるなど何らかの症状を感じた場合はすぐに骨盤ベルトを外し、使用中に少しでもズレたら付け直すことをおすすめします。

骨盤の歪みによる下半身のむくみや冷え性を改善するグッズ・着圧ストッキング

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング1・メディキュット

メディキュットには様々な種類があるので、ここでは特に人気の3種類の特徴をご紹介させてください。

  • 寝ながらメディキュット フルレッグ
    キュットアップ製法という足首から太ももまでの4段階の着圧方法によって、冷えからくる浮腫みや1日中動き回った脚全体をキュッと引き締まった美脚にしてくれます。
    アンチスリップテクノロジーという製法により、就寝中でも太ももから滑り落ちてくることはありません。
  • 寝ながらメディキュット スーパークール 骨盤スパッツ
    ヒンヤリとした冷感タイプなので、夏はもちろん暑がりの方でも使用可能です。
    冷感と吸水に特化した素材を使用しているので、暑さを感じにくくストレスフリーな使用感なのに、足先から骨盤までしっかりとケアすることができます。
  • 寝ながらスパッツ 骨盤サポート付き
    3Ⅾ骨盤サポートテーピングにより、日中の体重の偏りによって起きた骨盤の歪みを矯正してくれます。
    脚全体の階段圧力により、脚のケアと骨盤ケアを同時に行うことができます。
商品名寝ながらメディキュット
会社名レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
価格2780円から3千円
着圧レベル段階別設計
関連商品骨盤矯正メディキュット、着圧ソックス

関連ページ:【メディキュットの口コミ】着圧の寝ながらの骨盤への効果

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング2・スリムウォーク

スリムウォークには様々な種類があるので、ここでは特に人気の2種類の特徴をご紹介させてください。

  • 24h マルチスキニーHEATフリース/デニム風ブラック
    段階圧力設計になっているので、足首から上に行くほど圧力が低くなっていて、脚をスッキリと整えることができます。
    フリース裏地で暖かいデニム風なので、外出時はもちろん部屋着として、パジャマとしても使えます。
    浮腫みやすい方にとっては、1日中履ける着圧ストッキングは有難いアイテムです。
  • 美脚ソックスナチュラルフィール
    通気性の良い快適設計になっているので、季節問わず使用できます。
    足先とかかと部分には消臭繊維が使用されているので、プライベートはもちろん学校や職場には履いていけます。
    足首からふくらはぎにかけて段階的な圧力設計により、日中の浮腫み改善に効果的です。
商品名スリムウォークビューティー美脚美尻レギンス
会社名ピップ株式会社
価格2398円
着圧レベル3Dヒップアップ設計
関連商品スリムウォークスキニールームウェア

関連ページ:【スリムウォークの口コミ】着圧の寝ながらの骨盤への効果

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング3・ベルスキニー

ベルスキニーは、その名の通り足首から腰まであるスキニータイプの着圧ストッキングです。
10段階の強圧設計になっているので、下半身をトータルサポートしてくれ、骨盤ケアだけではなく美尻ケアにも期待できます。
通気性に優れているため全シーズンで使用でき、1年を通して浮腫みの改善・骨盤ケア・脚痩せなどができちゃいます。
XS~XLと豊富なサイズ展開なので、どんな体型の方でも使用できます。
日常使いしやすいブラックカラーなので、ズボンの下やスカートの下に履いたり、部屋着やパジャマとしても使用できます。
他の着圧ストッキングに比べて価格は少し高めですが、1年間使用でき、様々な効果に期待できると思えばコストパフォーマンスの良いアイテムだと思います。

商品名ベルシアーリブステッチクール着圧スパッツ
会社名2FLAG株式会社
価格3278円
着圧レベル段階別設計
関連商品ベルスキニークールタッチ着圧レギンス

関連ページ:【ベルスキニーの口コミ】着圧の効果の痩せるへの痩せない

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング4・グラマラスパッツ

グラマラスパッツは足首から胸下まである珍しいタイプの着圧ストッキングです。
強圧編み設計になっているので、着用するとウエストがキュッと持ち上げられてくびれができたかのような見た目になります。
また、同様にお尻もキュッと持ち上げてくれるので、小さくて引き上がった理想的な見た目にもなります。
グラマラスパッツはウエストと下半身をケアできるオールインワン構造になっているので、脚やお尻、お腹周りはもちろん、骨盤までケアすることが可能です。
ただ、胸下まであるため苦しさや窮屈さ、動きにくさを感じる方も居るようなので、1日使いというよりは就寝前までの数時間や自宅で過ごす日(部屋着)に適しているアイテムかと思います。

商品名グラマラススパッツナイトスリム
会社名合同会社SO1
価格3990円
着圧レベル強圧編みテーピング加工
関連商品グラマラススパッツナイトスリムクール

関連ページ:【グラマラスパッツの口コミ】着圧の正規品のむくみの効果や痩せない

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング5・パエンナスリム

パエンナスリムは、かなり着圧を感じられるしっかりとしたレギンスになります。
着圧ラインがないので、外出時にズボンやスカートの下に履きやすく、1日中浮腫み改善を行うことができます。
全ての箇所にバランスよく着圧がかかる独自のシステムを採用しているので、全ての箇所をしっかりとケアすることが可能です。
見た目の引き締め効果にも期待できるので、脚の太さが気になっている方にとっては、私服と合わせて着ることをおすすめします。
長時間着用しているとお腹に自然と力が入り、姿勢を正すことに意識を向けられるため、こうした日常の小さな積み重ねがダイエットにも繋がり、たくさん行動した日でも脚の浮腫みにくさを実感することができます。
浮腫みやすい方にとっては普段使いしやすいアイテムかと思います。

商品名パエンナスリムNEO
会社名株式会社BeANCA
価格3980円
着圧レベル4D構造設計
関連商品パエンナスリムNEOクール

関連ページ:【パエンナスリムの口コミ】着圧の正規品のむくみの効果や痩せない

骨盤の歪みを治すストレッチ・自宅でできる骨盤矯正の方法まとめ

この記事では骨盤が歪む原因/日常生活のクセ・骨盤の歪みを治すストレッチの方法について/自宅で骨盤矯正・骨盤の歪みを治す/骨盤矯正におすすめのグッズについてご紹介させていただきました。
骨盤が歪む原因や日常生活の中で何気なくやってしまっている自分のクセを知ることで、自分の骨盤がどうなっているのかを知ることができたかと思います。
「骨盤が歪んでいたとしても日常生活になんの支障もないし」と思うかもしれませんが、歪んでしまっている骨盤をこのまま放置していると、取り返しがつかない程の体調不良やケガを招いてしまう原因になります。
「今は大丈夫」とは思わずこの機会に自分に合ったストレッチ方法やオススメグッズをうまく活用し、無理のない範囲で継続しながら自宅で骨盤矯正を行い、元気で健康な身体を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました