メディキュットのパジャマ効果 レギンスは効果ない?寝ながら使い方

ダイエット

メディキュットパジャマレギンスの効果

メディキュットパジャマレギンスの効果は?特徴

メディキュットパジャマレギンスは、日常生活に取り入れやすいつくりになっています。
フワフワのスフレ素材によってやさしい履き心地・着圧製品初心者でも締め付け感がなく履きやすい・お腹周りのゆったりさにこだわり就寝時に苦しさを感じない・足首から太ももまでをしっかり引き締める着圧設計・寝ながら集中ケアができるといった特徴があります。
また、就寝時だけではなく外出時にも使いやすいシンプルなデザインなので、日常使いしやすいです。
カラーバリエーションはネイビーグレーとサクラピンク(限定品)の2色展開のためその日の気分によって使い分けることもできます。
一般的な着圧ソックスに比べてメディキュットパジャマレギンスは強い締め付け感がないため、初めての着用時に「なんだか効いている感じがしない」と物足りなさを感じる方が多いのですが、長時間着用してみると強い締め付け感がないことで快適に過ごすことができ、浮腫みもしっかりとれる効果に高い人気があります。

メディキュットパジャマレギンスの効果(良い体験談)

仕事が立ち仕事のため、夜寝る時に足が痛むことがよくありました。
浮腫みと疲れから足が悲鳴をあげていたのでしょう。
足の痛みを改善したく色々と調べていたら、口コミで評判の良いメディキュットパジャマレギンスに出会い即購入。
自宅に届いたその日に1日中履いて過ごしてみたら足がすごく楽になりました。
仕事柄寝る時にしか履くことができませんが、ちゃんと効果を得ることができ、毎朝足が軽いです。
締め付け感もやさしいので、寝ている時に苦しさや不快感を感じることは一切ありません。
足のだるさや浮腫みに悩まされている方は、騙されたと思って1回メディキュットパジャマレギンスを履いてみてほしいくらいおすすめ且つ手放すことができない商品です。

メディキュットパジャマレギンスの効果(悪い体験談)

太ももの途中まではまあまあな締め付け感はあるものの、お尻あたりはほぼ締め付け感がありません。
だからなのか1日メディキュットパジャマレギンスを履いて過ごしても、ふくらはぎにしか効果がないような気がしました。
多くの女性が太ももやお尻を気にしていると思うのに、太ももとお尻に締め付け感がないというのが残念です。
ふくらはぎの浮腫みをとりたい方やふくらはぎを引き締めたい方には良いと思います。
私のように太ももとお尻を気にしている方にとっては満足のできる効果は得られないと思った方がいいでしょう。
あとは生地が薄いのか履きすぎや引っ張りすぎは股のところに穴が開いてしまうので、購入する時は替えや予備があると便利だと思いました。

メディキュットパジャマレギンスの効果(メリット)

メディキュットパジャマレギンスを着用して得られる効果(メリット)は、主に以下の3つになります。

  • 脚の浮腫み解消/対策
  • 脚痩せに期待できる
  • 冷え性の解消/対策

メディキュットパジャマレギンスに限らずメディキュットは妊娠中の着用ができません。
ですが病院によって産前産後のケアとして使われていることから、浮腫みの解消に効果があると捉えて良いでしょう。
簡単に脚の浮腫みの解消や引き締めができ、プラスαで骨盤ケアやお尻などの下半身の緊張感も解してくれるため冷え性の解消/対策にも効果的です。
日常生活を送りながら、就寝時などに着用するだけでいいので、「セルフケアをすることを億劫に感じているけれどどうにか解消したい」という方にとっては効果(メリット)の大きい優れた商品です。

メディキュットパジャマレギンスの効果(デメリット)

メディキュットパジャマレギンスの特徴には、着圧製品初心者でも締め付け感がなく履きやすい・お腹周りのゆったりさにこだわり就寝時に苦しさを感じない・足首から太ももまでをしっかり引き締める着圧設計・寝ながら集中ケアができるということを前述でご紹介しましたが、メディキュットパジャマレギンスにはMサイズしかありません。
そのため、脚と合っていないサイズを着用することで過度な締め付けを感じ、血行が悪くなるというデメリットがあります。
過度な締め付けを感じつつも長時間着用することで血行が悪くなり、冷えを招いてしまうこともあります。
メディキュットパジャマレギンスを着用して脚の引き締めや浮腫みの解消をするはずが、血行は悪くなることでよりより浮腫んでしまうという嬉しくない効果を感じてしまうので注意が必要です。
購入時の参考までに、着圧ソックスの一般的なMサイズの大きさを記載しておきます。

<Mサイズ>

  • 身長:150~160㎝
  • 太もも:43~49㎝
  • ふくらはぎ:30~38㎝
  • 足首:19~23㎝

メディキュットパジャマは効果ある?効果ない?

メディキュットパジャマは効果ない?期待できる効果

メディキュットパジャマを着用して期待できる効果は、主に以下の2点になります。

  • 就寝時に着用するだけでも足の疲れや浮腫みが取れて、翌朝脚がスッキリする
  • メディキュットパジャマの上から普段着用しているパジャマを着ることで身体が温まり、冷え対策ができる

着圧にもかかわらず程よい締め付け感と手触りの良い素材のため履き心地もとても良いです。
やわらかい素材だからこそ冷え対策にも効果があり、冷えが改善されることで血流も良くなり浮腫み改善にも繋がるという嬉しい連鎖がおきます。
長年女性が感じやすい悩みをメディキュットパジャマは改善してくれるので、継続して着用することでほっそりとした理想の脚を目指せる効果に期待できます。

メディキュットパジャマは効果ない?従来品との違い

従来品のメディキュットパジャマとの違いは、”同じ着圧具合にもかかわらず約6倍の生地の柔らかさを実現したところ”です。
新型コロナウイルス感染症が拡大したことで巣ごもり消費による需要拡大や、着圧×パジャマという新しいカテゴリの提供により2020年8月に現在のメディキュットパジャマが発売されました。
従来の寝ながらメディキュットスパッツの着圧具合はそのままにし、メディキュット史上初となるフワフワスフレ素材を採用し、従来の素材の約6倍もの柔らかさを実現しました。
改良後は締め付け感が苦手な方や一般的な着圧ソックスでは動きにくくて長時間の着用ができなかった方からの人気がグンッと上がりました。
従来の寝ながらメディキュットスパッツは生地が硬くて薄かったですが、現在のメディキュットパジャマは生地が柔らかくて厚めというのが特徴・違いだと言えます。

メディキュットパジャマの効果(使い方)

メディキュットパジャマの効果を高める使い方(産後)

産後すぐの場合は身体がまだ本調子ではないため、メディキュットパジャマを着用しているだけでも足の浮腫みが取れて効果的です。
身体がある程度落ち着いてきて、妊娠前の体重に中々戻らない・体型が戻らない場合は、メディキュットパジャマを着用したまま下半身中心のストレッチや運動等を行ったり、メディキュットパジャマを着用したまま入浴することで代謝が上がりやすくなり、浮腫みの解消はもちろん痩せやすい体質へと導いてくれます。
効果的な入浴方法は38℃~40℃の湯船に20~30分浸かるだけです。
入浴中は足首を回したり、マッサージを行うとより一層効果を得ることができます。
下半身中心のストレッチや運動を行う際は10分程度で十分です。
ちなみに、メディキュットパジャマを着用しての運動は膝に負担がかかりやすいので、膝を曲げるような運動はなるべく控えましょう。

メディキュットパジャマの効果を高める使い方(選び方が重要)

目に見えた効果を得るためには、選び方が重要になります。
【シーンや目的に合わせて選ぶ】
 「主にいつ着用するのか?」「どんな目的が合って着用するのか?」など、どんな目的で使用するのかによって効果や選ぶものは変わります。

<目的別の選び方>

  • 寝る時:リラックスしながら就寝できる着圧具合の、寝る時専用の着圧レギンス
  • 日中:通気性の良さと伸縮性のある着圧レギンス
  • 夏:冷感素材や通気性の良いメッシュ素材などが生地になっているレギンス
  • 産後や骨盤矯正:浮腫み解消や骨盤の歪み改善のため骨盤矯正ができるレギンス
  • 運動用:強い締め付け感のない動きやすい運動に適したレギンス

【着圧の強さで選ぶ】
 締め付け感の強い着圧レギンスを着用するとかえって足に負担がかかってしまうため、日中のものは以下の着圧の強さを目安にすることをおすすめします。

  • 足首:20~300hPa
  • ふくらはぎ:10~200hPa
  • 太もも:5~15hPa

メディキュットパジャマの効果を高める使い方(夏用と冬用に分けて使う)

夏用は瞬間冷感機能付き・吸水速乾性・通気性を保持しているので、暑い夏や熱帯夜の日でも暑さを感じにくいです。
一方冬用はフワフワのスフレ素材なので暖かく、血流が良くなることで冷え性の方にも適していて、寒い冬でも1枚で着用することができます。
夏用と冬用を分けることで季節にあった悩みを解決・解消でき、継続して使うことで浮腫みの解消や対策、脚の引き締め効果を感じやすくなります。
足の浮腫みの解消や対策の効果は1日でも感じることはできますが、脚の引き締めは1日2日では効果を感じることができません。
こうした商品は継続して使うことで効果を高める・効果を感じられるものなので、季節に合ったものを使うことでストレス等を感じることなく継続することができます。

メディキュットパジャマの効果を高める使い方(超高圧力EXパジャマレギンス)

メディキュットパジャマレギンスと商品内容はほとんど同じですが、超高圧力EXパジャマレギンスはお腹周りからお尻にかけてはゆったり設計ではありますが、太ももは13hPaでふくらはぎは18hPa、そして足首は超高圧力最大の27hPaとなっています。
寝ながらメディキュットシリーズの中でも足首の着圧具合が最高値となっています。
やさしい履き心地なのに適度な締め付け感で肌触りの良い素材、快適な履き心地というのは変わらないので、就寝中も苦しさや不快感、窮屈さ等を感じることなく快適です。
メディキュットパジャマレギンスよりも高い効果を得たい方や少し強めの締め付け感がほしい方は超高圧力EXパジャマレギンスの着用がおすすめです。

メディキュットパジャマの効果を高める使い方(在宅勤務で使う)

通勤や出掛けることなく1日中家で過ごしたり、デスクワークをしていると足が浮腫み履いているズボンがきつく感じることがよくあるかと思います。
在宅での仕事で同じ場所からほとんど動かないからこそ、ただ座っているだけでも効果を得ることができるメディキュットパジャマの着用がおすすめです。
座りながら仕事をしているだけで足の浮腫みが軽減されればより仕事に集中ができますよね。
効果を高めたいのであれば、仕事の合間や休憩中などにメディキュットパジャマを着用したまま軽いストレッチを行うと、より効果的です。
在宅での仕事なら誰とも会わず、会社の人に服装を見られることもないので、メディキュットパジャマ1枚で過ごすことも可能です。
やわらかい素材で履き心地がよく、動きやすいので長時間着用していても疲れず苦に感じることなく浮腫みの解消や脚の引き締めを行うことができます。

メディキュットパジャマの効果(寝ながら)

寝ながらメディキュットパジャマの効果 痩せる?

結論から言ってしまうと、メディキュットパジャマを着用しているだけでは痩せません。
というのも、メディキュットパジャマに限らずメディキュット全商品は浮腫みの解消/対策・理想的なボディラインへの導き・脚の疲れや健やかさをサポート・美脚にアプローチ等を目的としている商品だからです。
「メディキュットを履いて痩せた」と言っている人が居るのであればそれは浮腫みが解消されて脚が細くなったか、メディキュットを着用してストレッチや運動等を行っているのどちらかになります。
着用するだけで痩せるのであれば、下半身太りが気になっている人は全員着用しますよね。
こうしたことから、メディキュットを着用して痩せたいのであれば、ストレッチや運動等を取り入れることをおすすめします。

寝ながらメディキュットパジャマの効果 着心地はどう?

寝ながらメディキュットパジャマは就寝時はもちろん日中でも着用することができます。
だからこそ気になるのが着心地ですよね。
これまでに何度もご紹介してきましたが、メディキュットパジャマの素材はフワフワのスフレ素材で極上の履き心地で、開放感を高めるためにお腹周りとお尻周りはゆったりとした設計になっています。
そのため活動的な日中やほとんど動かない在宅ワーク中、締め付け感にストレスを感じやすい就寝中など、着用シーンを選ばない着心地の良さです。
肌触りの良いスフレ素材でやさしい履き心地なのに足首から太ももまでしっかりと引き締めてくれる設計になっているので、着心地からは想像もできない程の高い効果を感じられます。

メディキュットのパジャマ効果 レギンスは効果ない?寝ながら使い方 まとめ

いかがでしたでしょうか。
メディキュットパジャマレギンスについてよく知っていただけたかと思います。
自分の体形や利用目的に合った商品を着用し、効果を高める使い方をすることで目に見えた効果を実感することができます。
自分の体形に合っていないサイズの着用は血流を悪くしてしまい冷えを感じてしまったり、かえって浮腫みやだるさを感じてしまいます。
そして利用目的に合っていない商品を着用すると継続して利用することが難しかったり、汗疹やかぶれなど、肌トラブルが起きやすくなってしまう原因にもなるのでご注意ください。
継続して着用することで必ず目に見えた効果が表れるので、メディキュットパジャマレギンスを購入する際は自分の体形や利用目的に合ったものを、着用する際は正しい位置や履き方を意識しましょう。

関連ページ:【メディキュットの口コミ】着圧の寝ながらの骨盤への効果

コメント

タイトルとURLをコピーしました