【LINEで浮気調査】パートナーのLINEから浮気を見破る方法/浮気・不倫の証拠を抑える

恋愛

手軽なLINEは浮気に使いやすい!LINEが浮気に使われる理由について

LINEが浮気に使われる理由1・利用者が多く手軽に繋がれる

LINEが浮気に使われる理由として気軽にメッセージを送り合えることに加えて相手の名前を変えたり非表示にしたりして対策することができるからです。
LINEの場合相手が男だった場合女の名前にしたり女だった場合男の名前に変更することで浮気したりしていることはバレにくいと言えます。
彼女が勢いでLINEチェックしてきたとしても異性と連絡を取り合ってるとは気がつきにくいです。
しかも浮気相手を非表示にしてしまえばトークライブ画面用に反映されることはないのでは安心できるからというのもあります。
しかもラインをパスワード設定にしてロックしてしまえばみられる心配もなく浮気相手とやり取りができてしまいます。
普通のメールアドレスでやり取りするよりかは浮気対策しやすいものと言えます。

LINEが浮気に使われる理由2・通話やメッセージなどの機能が無料で使える

LINEは基本的にメッセージのやり取りで電話が無料でできてしまうことが大きな魅力です。
電話が無料ということもあって浮気相手がいる場合料金を気にすることなく話ができるし、彼女らと同棲したとしても携帯料金が急に高いからといって問い詰めれることもないので便利と言えます。
電話に関しては料金がかかってしまうとどうしても出費がかかってしまい電話ができにくいといったことがあります。
無料なので通話時間を気にすることなく電話できます。
メッセージもどんなにやり取りをしても無料となるので、頻繁に連絡を取ってしまいがちになるかと思います。
どんな長い内容の文章でも無料となるので浮気をするには必要不可欠なアイテムといってもいいです。

LINEが浮気に使われる理由3・相手の表示名やアイコンを隠すことができる

LINEは相手の名前を変更できたり非表示にすることができます。
相手のことを隠しながら連絡を取り合ってもパートナーからは怪しいや浮気をしているということには繋がりにくいと言えます。
しかもメッセージのやり取りが絵文字やスタンプがないとなると余計に疑われる心配はないです。
相手の名前を隠すこともできるので、たまたまスマホを放置してメッセージを受信したとしても同性の人から来たんだと思わせてしまうので怪しまれることもないです。
一度も怪しまれなけれは名前を変更したり相手を非表示にしたりして対策をしても問題ないと言えます。
LINEは便利だけど浮気をしても隠し通すための機能がついているので、浮気をする人にとってLINEは必要です。
LINEは相手の名前を変更できたり非表示にすることができます。
相手のことを隠しながら連絡を取り合ってもパートナーからは怪しいや浮気をしているということには繋がりにくいと言えます。
しかもメッセージのやり取りが絵文字やスタンプがないとなると余計に疑われる心配はないです。
相手の名前を隠すこともできるので、たまたまスマホを放置してメッセージを受信したとしても同性の人から来たんだと思わせてしまうので怪しまれることもないです。
一度も怪しまれなけれは名前を変更したり相手を非表示にしたりして対策をしても問題ないと言えます。
LINEは便利だけど浮気をしても隠し通すための機能がついているので、浮気をする人にとってLINEは必要です。

LINEが浮気に使われる理由4・トークの一括削除が簡単にできる

パートナーが浮気をしているとまず真っ先にLINEを拝見するかと思います。
そこでLINEは一つ一つの送ったり受信した内容を削除することができますが、一括で全ての内容を削除することができるので毎回浮気相手とメッセージのやり取りをしたとしても削除することがめんどくさくなくできるので便利と言えます。
メールでのやり取りの場合は一回一回削除したりと時間がかかってしまうのでLINEと比較するとLINEの方が削除するのに最適と言えます。
また一括削除することによって証拠もなくなるので相手に怪しいと思われてしまっても証拠が残らなくなるのもあります。
削除することを忘れてしまったことでバレてしまうリスクも高まるのでストレスなく一括で削除できる機能は浮気をする人にとっては都合がいいです。

LINEが浮気に使われる理由5・通知Offの設定ができる

LINEの便利な機能として相手からメッセージを受信した場合は基本スマホが鳴って知らせてくれます。
ですがLINEの場合はその通知をoffにすることができるので相手からメッセージが来ても鳴らないので来たかもわかりません。
スマホをその辺に放置したとしてもバレることはないです。
設定を変更しない限りは通話はされないので安心と言ってもいいです。
ですが、通知をoffにしていることで受信したことにも気がつかないのでそのままLINEを開かずにしてしまうと危ないので通知をoffにしたことを忘れないことも大事となります。
LINEは通知の設定もできることから浮気をする人にとっては必要だと言えます。
またパートナーも通知をoffにしているとは思ってもないはずです。

LINEが浮気に使われる理由6・トーク履歴を非表示の設定ができる

浮気相手とのやり取りというのは見られたらヤバいです。しかも相手とのやり取りのを削除したくなく、とって起きたいという気持ちが出てきてしまうことも十分にあり得ます。
そうやっているといつかはバレてしまいます。
そこでトークの中で非表示機能があります。非表示にすることによって、相手とのトーク内容やトーク画面から消えてしまうことになるので見られても心配はなくなります。
しかも消すに消せなかった内容のやり取りもそのまま残ることにのるので保存することができます。
非表示にすることで非表示リストにあげられるので、名前を偽ることをしなかった場合はバレてしまうリスクは高まります。
非表示設定も開示さえすればまたトーク画面に相手が出てくるので浮気をする人にとってはいい機能です。

LINEが浮気に使われる理由7・簡単にブロックできる

LINEは相手を削除することができると同時にブロックすることができます。
もしパートナーに浮気がバレてしまった場合は修羅場となります。
そこでパートナーから一切連絡を取らないようにと言われてしまいますが、その時に浮気相手をブロックしてしまえばまだ相手の連絡先は残っていると言えます。
削除してしまうと完全に相手と連絡を取ることが困難になってしまいますが、ブロックをすることによりブロックリストにあげられるので時間がたてば復元することも可能となります。
一度バレてしまっているからより対策をして浮気相手とやり取りをすることができてしまいます。
このように浮気がバレてしまったからといって諦めることなく相手と関係が続けられることができるのが特徴です。

LINEで浮気調査/LINEの設定で彼氏、彼女、パートナーの浮気を見破る方法(チェック)について

LINEの設定で浮気を見破る方法1・LINEにパスコードの設定をしている

もしパートナーがLINEをパスワード設定にしていた場合は不自然に感じ取れます。誰にも見られたくない何かあるのではないかと思うことができます。
一方でスマホを落とした時にいたずらされたくないということも考えることができるけど浮気と疑っていいです。
特に今までパスワード設定をしてしなかった場合で急に設定したとなると怪しさが増します。
パスワードも設定した本人にしか解くことができないのでパートナーに内容をみられることはないです。
まずはパートナーがLINEをパスワード設定にした場合は、即疑うことはなくなんで設定したのか聞くことから始め、徐々に浮気をしているのではないかと問いつめることが最適だと思います。相手もいつかは浮気をしていると口に出します。

LINEの設定で浮気を見破る方法2・非表示設定にしているともだちがいる

LINEにて浮気を見破る方法として非表示リストに怪しい人はいないかどうか確認する方法があります。非表示ですと普段連絡を取らないような相手がリストに載るかと思いますが、その中に明らかに怪しいと思えるような人がいた場合は、パートナーに聞いてみるといいでしょう。
そこで問いつめて目が泳いだり挙動不審になったりでもしたら完全に怪しいと言えます。
もし怪しい人でなかったら説明をすることができますし、今すぐその相手に連絡を取って怪しくないと証明することもできます。
相手が浮気をしているかどうかはLINEの非表示リストからでも十分に判断することができるので、パートナーの行動や態度などに違和感を感じた場合はLINEの非表示リストを見てみるといいでしょう。

LINEの設定で浮気を見破る方法3・相手の表示名を変更している

パートナーのLINEをみて、名前が女なのに男のような文書だったり男の名前で女のような文書だったらLINEの相手の名前を隠してカモフラージュしている可能性があるとみていいです。
LINEは簡単に相手の名前を変えることができるので浮気をしやすいといってもいいです。
逆に名前を変えてメッセージをやり取りをするということを知っていれば、パートナーか浮気をしているとすぐにわかることができてしまいます。
LINEは名前を変えたりして浮気をしやすいと捉えてしまいがちですが、そういった浮気方法は誰もが知っていると思うので一番気を付けなくてはいけない項目だと思います。
名前を変えてもメッセージの内容から判断されてバレてしまうと言えます。

LINEの設定で浮気を見破る方法4・トーク履歴を非表示にしている

LINEの設定でもしパートナーが日頃からやり取りをしている人が急に非表示になった場合はおかしいです。
そのままトーク画面に残してやり取りをすればいいのに何か隠したいことがあるからだと言えます。
多くの場合は浮気と判断することができてしまうので、相手が非表示にしたら注意しなくてはならないです。
非表示にすることでメッセージの内容を消したくないことや浮気を確信させるような内容が記載されていると言えます。
浮気をする人はどうしても浮気相手に夢中になってしまうので、関係をバレたくないように隠します。
ですがLINEで相手を非表示にすることも浮気をする人達に取って定番と言える対策なのでバレてしまうのも時間の問題ですし、早い段階で見破れるかと思います。

関連ページ:【妻の浮気チェック!】妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法まとめ

関連ページ:【彼女の浮気チェック】彼女の浮気の兆候を見破る方法/浮気診断

関連ページ:【彼氏 浮気 チェック】

LINEで浮気調査/浮気・不倫の証拠を抑える方法について

LINEで浮気調査1・機内モードで未読メッセージを確認する

パートナーが浮気をしていると判断することができても証拠が必要となります。その証拠を掴むためにもLINEは大きな手がかりとなります。
そこでパートナーが浮気相手とのやり取りをしている中でメッセージが来たら開けば既読となり勝手に閲覧したことがバレてしまいます。
そこでスマホを機内モードに設定してLINEを開けば既読を着けることなくメッセージの内容を確認することができます。
しかも過去のやり取りもえっすることができてしまうので決定的な証拠を掴むことができてしまいます。
ここで注意しなければならないのが、機内モードをそのままにしておくと閲覧したことがバレてしまいますので解除が必要です。
もしその場で問い詰めるとなると解除をする必要がなくなるのでどうするかは自分の判断になるかと思います。

LINEで浮気調査2・スタンプの購入履歴やプレゼントの履歴を確認する

LINEでもしパートナーが普段利用しないのにスタンプを購入したりプレゼントをしてたりしてたら怪しいと言えます。
浮気相手にスタンプを送り合うことでメッセージは盛り上がりますし楽しいと思えます。
もしプレゼント履歴があった場合は誰にプレゼントをしたのか疑問に思う所です。
同性に対しては確実にプレゼントを送ることはしません。
とくに男同士の場合。プレゼント履歴をみて少しでもおかしいと思った場合は相手にどういうことなのか、誰にプレゼントをしたのか聞いてみるべきです。
この時の相手の反応によっては浮気をしているかどうかわかることにもなります。
スタンプやプレゼントの履歴というのは残るものなので浮気かなと思った時に確認してみましょう。

LINEで浮気調査3・削除されたトーク履歴を確認する

LINEアプリを削除&再インストールする

もしパートナーがLINEの内容を削除してしまった場合確認することができなくなってしまいます。
そんな時は内容を復元することも可能となってます。
まずはアプリをアンインストールしてから再びインストールすることで削除したはずの内容が復元することになります。
そこで消したつもりの内容を確認することができてしまうので浮気の証拠を掴むことができてしまいます。
相手にバレることなくこっそりやることをおすすめします。

PC版LINEから閲覧する

スマホのLINEでメッセージを削除したとしてもパソコンでのLINEトークは消えないこともあるのでもしスマホのメッセージが削除されたと感じたのならパソコンでのLINEを閲覧してみるとトーク画面が残っている可能性があるので浮気をしているかどうかの証拠を抑えることになります。
パートナーはスマホで削除してもパソコンでも同時に消えると思い込んでしまうはずなので油断していると言えます。
パソコンでLINEの確認は忘れないことです。

【android】バックアップから復元する

もしパートナーがLINEのトーク画面を消したとしてもバックアップから復元することは可能となります。
大抵の人はもしもの時のためにもバックアップを取っているので削除した内容もそのまんま復元することになります。消したはずの内容が出てきてしまいますので証拠を掴めますし相手に問い詰めたとしても消したはずのデータが出てきてしまうので言い逃れをすることができなくなってしまいます。
トーク画面復元には定番と言えます。

【iPhone】データ復元ツールを利用する

本来データ復元ツールは誤って消してしまったデータなどを復元するために使用するアイテムです。
この機能を使用してLINEの削除された内容を復元することができてしまうので、削除される前の内容が確認することができてしまうので便利です。
しかも完全に復元することができてしまうのでパートナーは言い逃れすることができなくなってしまいます。
浮気を見破るアイテムとしては使えると言えるのでLINEのトーク画面が削除されても焦ることはないです。

LINEで浮気調査/パートナーのLINEから浮気を見破るおすすめアプリを紹介します

LINEで浮気調査アプリ1・mSpy

mSpyの特徴

mSpayは、スパイ行為目的で使用するアプリで、スパイ行動に特化しています。
たとえばショートメッセージを盗み見して第3者に送信することも可能で浮気の証拠となる物を収集することが可能です。
また、mSpayは、インストールしたスマートフォンのGPS機能を使用して第3者と位置情報を共有することも可能となっています。
ちなみにこのアプリ有料でして課金をすることで機能を強化していくというアプリになりかつ公式サイト上から購入して課金になるためややこしいアプリです。
mSpyliteというアプリもありこちらはショートメッセージなどを盗み見する能力は持たず完全なる見守りアプリという形で商品を提供しています。
よってmSpaylite側は通報機能というものがあり、情報を共有している人物がピンチの時通報をすることを可能としています。

mSpyの使い方

mSpyは、相手のスマホにインストールすることで位置情報を入手する、メッセージなどを入手するために使用します。つまり完全なスパイ行為で使用するのがこのアプリです。
なので、相手の許可を得ずにインストールした場合、罪に問われるアプリになります。
なおこのアプリ、バックグラウンドで動作すること、そしてインストールしてもホーム画面に表示されないなど徹底した秘密主義的なアプリになるためバレずにインストールすることをかなり意識して作られている点がポイントになります。

LINEで浮気調査アプリ2・Pushbullet

Pushbulletの特徴

Pushbulletは、メールなどのメッセージを第3者のパソコンの端末に送信して管理するというものです。
よってlineなどのメッセージを第3者のパソコンに送信してメッセージを閲覧するため、浮気調査ができるという名目のアプリです。
他にもショートメッセージなどにも対応しているため、メッセージのやり取りを第3者のパソコンに送信して管理することに特化したアプリになります。
ただし、このアプリは第3者のパソコンに送信するという仕組み上許可が必要になり、許可を得ずに第3者が事故のパソコンに対象者の情報を保存することは罪に問われるうえこのアプリを悪用することは許されません。
ちなみにこのアプリ、USB接続することでも情報を引き出すことが可能ですが、遠隔操作にてネットワークを通して情報を引き出すことが主な機能になります。

Pushbulletの使い方

Pushbulletは、lineとかショートメッセージなどを第3者のパソコンに送信して管理するという使い方をします。
よって、第3者のパソコンに送信する過程で浮気調査を行う名目で使用するというのがこのアプリになります。
ただこのアプリは相手からブロックされると機能しなくなるうえ、相手も誰が親となって自分の情報を収集しているかを掴むことができるので実は浮気調査で使用する場合かなりリスクがあります。
なぜなら、共有しているパソコンはだれかをgoogleChromeから確認できるので親が誰だをたどれば、あいつかとなるわけです。

LINEで浮気調査アプリ3・AirDroid

AirDroidの特徴

AirDroidはアンドロイドのスマホをパソコンで管理するというアプリで、管理をしていくうえでlineのメッセージとかショートメールのやり取りを入手しようというアプリです。
つまり、情報を共有という形で情報を盗み見するアプリです。
なので、問題としては、第3者の許可を得ずにアプリを入れた場合、違法行為に当たるため問題視されるアプリで、このアプリは本来は遠隔操作でandroidのスマホを管理するために使用するため、浮気などの調査で使用する物ではありません。
よって第3者がこのアプリを入れた場合、相手側が気が付いた場合言い訳は通用せず、第3者が誰であるかという特定も実は容易です。
なぜなら、共有先のパソコンの端末の情報を調べることができますので、誰のパソコンだということを追求していくと犯人が分かる仕組みになっているのです。

AirDroidの使い方

AirDroidはlineとかショートメッセージのやり取りを監視して浮気の証拠を集めたりするという使い方ができます。ですが、この方法、相手側がこのアプリに気が付き、情報を発信している端末を調べていくと犯人が分かります。
なので、アプリを混入させた人物が誰であるかの特定は実は簡単なので浮気の調査目的で使用する場合リスクがかなりあります。
相手の端末がバレた場合、自宅までバレてしまいますので、犯人が誰だという点については自宅を特定されてしまいますので、アプリの無断インストールがバレた場合覚悟する必要があります。

LINEで浮気調査アプリ4・Phonedeck

Phonedeckの特徴

PhonedeckはGPS機能にアクセスするなどのほかメールとかショートメールを共有できます。
lineは無理です。なので、ショートメールとかメールで浮気を疑う場合有効なアプリで遠隔操作によってカメラアプリを動作させて周囲を閲覧することも可能です。
このアプリは見守りアプリになるため、浮気調査目的ではありませんが、浮気調査に使用できる機能を持つアプリになります。
lineの調査はできませんがメッセージの閲覧とかカメラ機能を遠隔操作して撮影することができるため、浮気の証拠を集めるアプリになります。
ただし、これらは違法な行為になり、本人の許可なくアプリをインストールする行為は犯罪になるため推奨されないアプリになります。
なので、見守りアプリとして使用する場合は犯罪に当たりませんが浮気をしている証拠を探すとなると違法になります。

Phonedeckの使い方

Phonedeckはメールにショートメールから浮気をしているかどうかを疑うために使用します。
情報を共有する形でメールとかショートメールの情報を閲覧できるのでそれらから浮気を疑います。
また、カメラを遠隔操作して撮影可能なので周囲の様子を判断して浮気現場であるかどうかを判断も可能です。
ただし、これらの行為は違法であり、勝手に浮気を疑っている人物に対してアプリをインストールしているため違法行為に当たります。
なので、トラブルに発展した場合、このアプリは責任を取りませんし責任はアプリを勝手にインストールした側にあります。

LINEで浮気調査アプリ5・Spyzie

Spyzieの特徴

Spyzieは、情報を入手するために特化したアプリで、メールとかlineのメッセージなどの情報を入手するアプリになります。
ただ、現在はこのアプリはメンテナンス中で公開がされていません。
というのもこのアプリ、個人情報の保護という観点から違法性が高いと言われていて危険視されているアプリに当たるためブラックボックス的な部分が多いという特徴があります。
なので、公開は未定となっていて安全性についても不明で入手した情報がさらに第3者に知られているかどうかもわかりません。
また、スマホの動作をおかしくさせるという報告もあったことから、スマホ自体の防御機構が働き異物であると完全に認識している疑いもあるため、望ましいアプリであるという評価についても不明です。よって、このアプリはスパイ行動に特化しているが安全性は不明です。

Spyzieの使い方

個人情報を収集するために使用するアプリで、相手のスマホにインストールしてメールとかのメッセージを極秘裏に取得します。
またカメラ機能を使用して周囲の撮影もできます。
iPhoneでもandroidでも動作するのが特徴ですが、動作が不安定になることでバレるという意見もあり、スマホ自体が受け付けないという意見もあります。
なのでスマホが異物であると判断した場合、まともに動作しない可能性が高いアプリになります。
なので、2022年現在は調整中のアプリという形になっていて仕様変更される可能性が否定できないアプリです。

LINE監視アプリやGPSアプリでの浮気調査は推奨しない理由について

監視アプリは、親が誰だという問題を突き詰めていくとアプリを入れた人物の割り出しがものすごく簡単です。
だから、浮気を疑った人物の特定が簡単なうえ、逆にアプリを入れたという証拠になるため、かなり不利になるのです。
なぜ不利になるかですが、本人の許可を得ずにアプリを入れた場合、プライバシーを盗み見たことと不正アクセス禁止法に触れる行為なので、浮気と異なり罪人になるんです。
逆に浮気は民事での訴訟になるため、犯罪ではなく、あくまで厚意としてダメだよねという分類になるため、浮気調査と称して相手を監視するほうが詰みが大きいため全くと言ってよいほど利点が無いんです。
もっと言えば、浮気の調査のために何をやってもよいという考えに行き着くと方法を選ばなくなり、そうなるとプライバシーを全部暴こうという極端な流れになるため、犯罪者と変わらない志向になりかなり危険な思考になるため監視アプリの使用は推奨しないのです。

関連ページ:【浮気調査・GPSアプリ】スマホで使えるGPS追跡アプリは?携帯監視アプリ

LINEで浮気調査についてのよくある質問

LINEの監視アプリで浮気調査をするのと、旦那の車にGPSを仕掛けるのはどちらが有効ですか?

車にGPSもlineの監視アプリもいずれも有効ではないです。
浮気を疑っているのであれば、浮気を今現在進行形で行っているという証拠のほうが有効です。
なので、一番有効なのは、浮気相手の家に行き、偶然夫がいてそれを写真に撮ったということが一番有効です。
というのも位置とかlineのメッセージはあくまで可能性を示唆するため、浮気については現行犯である必要があるんです。
だから、一番証拠として有効なのは現在進行形で夫が目の前で浮気をしていてそれを写真にとる行為です。
ちなみに、写真に撮る行為は実は犯罪になるんですが、この場合例外になり、なぜ例外になるかは、浮気の証拠を取る行為は現行犯である場合、知る権利が有効になり裁判の証拠になることから現行犯の場合有効な証拠になります。
ただし、浮気現場に乗り込む勇気が必要な上、浮気相手ともめる勇気が求められますので注意すべく点は浮気相手ともめることは覚悟です。

関連ページ:【旦那の車にGPS】GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査

LINEは不貞行為の証拠になりますか?

証拠になりますが、必ずしも証拠が有効になるかと言われると分からないです。
つまり、ふざけてメッセージを送ったといい、相手もこれは悪ふざけですと言い出せば、不貞行為をした行為については悪ふざけだったという流れになる可能性が高いのでそうなると単なる悪ふざけで済む場合もあり得ます。
また、内容によっては相手の異性の方が拒絶していたり冗談であると受け取っている場合も同様に不貞行為ではあるが相手が拒絶しているので何とも言えないという評価を下す場合もあります。
つまり、不貞行為とは、お互いが不倫ですと認めてないと成立しないです。
この場合、片方が嫌がっている場合、不貞行為にならず、不倫でもないんです。
両者が合意して不倫しているメッセージであれば、十分な証拠になりますが、片方が否定したうえで、不倫をするというテクニックを使っていた場合、メッセージだけでは不貞行為だと言い切れません。

LINEで浮気調査をするのと、探偵会社の浮気調査の大きな違いは何ですか?

※lineでの浮気調査はあくまで文章による不倫を疑うことです。
一方探偵社の場合、浮気調査は、浮気をしている写真を現行犯という形でカメラに収めて写真として証拠となる物を提示します。
浮気は現行犯である必要性があり、lineのメッセージの場合、現行犯であるかどうかは未知数です。
つまり、一番良いのが探偵の場合、浮気をしている様子を写真に収めることで且つ、浮気をしている人物同士の顔がはっきりとわかる物を写真に収めていることが証拠となる条件になります。
だから、探偵社はばっちりとはっきりと旦那が浮気をしているという写真を納めるわけです。
逆に写真がブレブレでこれ誰だというような写真は浮気の証拠にならないため、探偵社ではそのような写真は証拠ですと挙げません。
なぜなら、裁判で証拠として機能しないため、ブレブレの写真を探偵事務所は証拠だと言わないです。

興信所はパートナーの過去がどこまでわかる(調べられる)?

興信所は、パートナーの過去については口頭で周囲の人に聞いて回るという方法で調べるため、周囲の人々が答えられる範囲であればどのようなことでも調べることは可能です。
たとえば、彼氏と思われる男性は何人いたかとかも調べることはできますし、彼氏の名前とか住所に年齢ですら、第3者である通行人が知っていれば調べることができます。
逆に周囲の通行人の方が知らないであろうという情報については調べることはできず、周囲の人々が知らないのであれば、彼氏が何人いたかとか、名前に住所年齢なんかはわからないです。
あくまで口頭で周囲の人に聞いて回るという点がポイントで、現在は、プライバシーの保護などの観点から役所に行き情報を引き出すということができないため、興信所は情報を取得するためには歩いて回って情報を集めるのです。

関連ページ:【興信所で過去はどこまでわかる?】身元調査・婚姻歴・借金などは調査できる?

LINE監視アプリは相手にバレずにインストールできますか?おすすめアプリはどれですか?

無理です。
なぜなら、監視アプリ系は、動作がおかしくなりスマホの動作異常で何かおかしいという形で何か知らないアプリが入っていることに第3者が気が付き、ネットで情報検索してどのようなアプリであるかを判断するため、相手にバレます。
もっと言えば、誰がこんなスパイアプリを仕込むのかというのを相手が冷静に考えだすと誰が入れたかという答えを簡単に見極めるのでインストールすること自体がかなり危険な行為です。
なのでおすすめのアプリは存在しないです。
動作がおかしくならないアプリがあるのでは?と考える方もいますが、おかしくならないアプリがあっても対象者が気が付けばそれでアプリの情報を調べますので誰がこのようなスパイ目的のアプリを入れたかを推理すれば簡単に犯人が分かるので相手にバレずに済むというのはまずありえないです。

LINEで浮気調査/パートナーのLINEから浮気を見破る方法まとめ

lineで浮気調査をするのは、相手側の異性と思える人と完全に不倫をしているという状況のメッセージが確認できない限り浮気になりません。
そしてその情報を取得する方法が盗み見るという方法で対象者のスマホにアプリを紛れ込ませて情報を盗み見する方法なので、犯罪行為になります。
よって、一番望ましいのは意外にも浮気をしている相手の家に乗り込んで堂々と浮気をしている現場を写真に収めるというのが一番安全な方法で、この方法であれば、一応住居に侵入したことで罪に問われるんですが、問題は、浮気をしている事実の方が優先されるため相手も示談を持ち掛けることがあり、浮気相手の同性だけを許し浮気をした異性だけを許さないという姿勢を見せれば住居に侵入したことについては無かったことになるはずです。
浮気は現行犯でないといけない点、メールなどの文章を盗み見る行為は犯罪であるということを考慮した場合、乗り込むか何とか浮気の現場の写真を撮るしかないというわけです。

関連ページ:【PCMAXの体験談】マッチングアプリは出会える?出会いの体験

コメント

タイトルとURLをコピーしました