【片思い男子あるある】恋してる男子のあるある?話せるだけで嬉しい

恋愛

片思い男子あるある!恋してる男子あるある

片思い男子あるある1・話せるだけで嬉しい!

好きな女性がいるけれど、片思いをしている男子は数多く存在します。
片思いをしている男子は、自分の好きな女性と話せるだけで嬉しい、楽しいと感じていることが多いです。
それが挨拶だけだったり、たわいのない話であっても、話をしたり、目が合うだけでドキドキしてしまいます。
片思いをしている男子は、ちょっとした会話であってもとても嬉しく感じて、その日は部活や勉強、仕事などにやる気が出ることが多いです。
片思いをしている男子は、好きな女性と二人だけで会いたい、話をしたい願望を持っていますが、シャイな性格の男子の場合はちょっとした会話でも嬉しくなります。
自分をかっこよく見せたいけれど、あまり話せなかった人が少なくありません。

片思い男子あるある2・相手の目を見て話せない

片思いをしている男子は、好きな女性が近くにいるだけでドキドキしてしまいます。
好きな女性が挨拶をしてくれたり、お天気などのたわいのない会話でも嬉しく感じることが多いです。
内気な性格の男子は、好きな女性が話しかけてくれたり、話す機会があっても相手と目を合わせることが出来ない人が少なくありません。
片思いをしている男子は、好きな女性と目を合わせることができないので、相手の人に素っけないと誤解をされてしまうことが多いです。
好きな女性と話をする時は緊張をしてしまいますが、なるべく目を合わせるようにしたり、笑顔を見せることで好印象を持ってもらえます。
興味関心のない異性とは普通に目を合わせたり、会話ができるけれど、好きな人とは目を合わせることができない人が多いです。

片思い男子あるある3・ついついカッコつけがち

片思い中の男子は、好きな女性と話をする機会、コミュニケーションを取る機会があっても、ドキドキしてしまってうまく話ができない、目を合わすことができないと悩んでいる人が少なくありません。
自分の好きな女性が、たとえ短い会話であっても話をすることができると、本当に嬉しくなってその日は上機嫌になることが多いです。
男子は好きな女性に自分をかっこよく見せたい、大きく見せたい、尊敬されたいなどの願望を持っているので、自分の得意や科目、スポーツ、趣味などの話をすることがあります。
好きな女性が自分の話をよく聞いてくれたり、すごいねと言ってくれると感激することが多いです。
自分をかっこよく見せたいので、自分の得意な面を自慢することがあります。

片思い男子あるある4・自分を大きく見せようとする(〇〇できるよ!など)

片思いをしている男子は、自分に興味、関心を持ってもらいたい、尊敬してほしいなどの願望を持っています。
好きな女子と話をする機会があったり、部活などで交流することがあると、自分を大きく見せるために自慢話をしてしまうことが多くなります。
スポーツが得意な人はスポーツができることをアピールしたり、勉強が出来る人は頭の良さをアピールしたり、絵画や楽器などの特技がある場合は、こんなこともできるよと話すことが多いです。
男性が自分の得意なことや自慢話をする時は自分に関心を持っており、大きくみせたい、かっこよく見せたいという願望が隠れています。
自己アピールをして自分を大きくみせたい、かっこよくみせたいと話をする時は、相手の女性に高い関心を持っています。

片思い男子あるある5・相手が男と話していると嫌な気持ちになる

片思いをしている男子は、自分の好きな女性が他の男子と楽しそうに会話をしていると、嫌な気分になってしまうことが多いです。
彼女を他の男に取られたくない、嫉妬心などが原因で嫌な気持ちになることが多くなります。
学生の場合は勉強やスポーツ、天気、趣味などのたわいのない会話であっても、女性と親しく話していると嫌な気持ちになったり、落ち込んでしまうことが多くなります。
好きな女性と話をしている人が、スポーツや勉強ができる。絵画や楽器などの特技がある、成績優秀、容姿が良いなどの場合は、強いコンプレックスを感じることが多いです。
好きな女性を誰かに取られたくない、自分よりも優秀な男子と話をしていると、劣等感を感じやすいので嫌な気分になります。

片思い男子あるある6・2人になるチャンスを作ろうとする

片思い中の男子は、好きな女性と挨拶、短い会話などはできるけれど、あまり親しくないので距離を縮めたい人がほとんどです。
部活やサークルなどが同じの場合は、接点のない人よりも交流をしたり、話をする機会が多くなるので理由を付けて二人だけで会話をしたがる傾向があります。
他の友人が周囲にいる時は、長い時間会話をすることができないですが、二人だけになるとお互いにリラックスして会話を楽しむことができるので、二人きりになるチャンスを狙っています。
ある程度親しくなるとLINEやメールのやり取りが出来るようになるので、好きな女性と交際出来る可能性があります。
二人だけで話をしたがるのは、好きな女性と付き合いたい、距離を縮めたいからです。

片思い男子あるある7・相手のことを何でも知りたくて質問する

片思い中の男子は、好きな女性に興味、関心を持っているので、理由を付けて話をしたがる傾向があります。
あまり親しくない時は挨拶、短い会話しかしないことが多いですが、友人関係を築くことができると、親しく交流ができるようになるので距離が縮まることが多いです。
片思い中の男子は、好きな女性のことをもっと知りたいので、休日は何をしているか、どんな趣味があるかなど質問をすることが増えてきます。
興味関心のない女性には、質問をすることがほとんどないので、質問攻めになっている場合はかなり好きになっていることが多いです。
相手のことをもっと知りたい、交際に発展させたいと思っているので、彼女に質問をすることが多くなります。
片思い中の男子のあるあるを知っておきましょう。

片思い男子あるある8・ハートマークだけで自分に気があると勘違いする

片思い中の男子は、好きな女性と親しくなって友人関係を築くことができると、一緒に趣味や娯楽を楽しんだり、勉強やスポーツなどの会話が出来るようになります。
ある程度親しい間柄になると電話やLINE、メールなどで交流することが多くなりますが、女性からのラインスタンプが、ハートマークだけで自分に気があると勘違いする傾向があります。
女性の場合は忙しいから、スタンプのデザインが可愛いからとハートマークを送ることがありますが、必ずしも好きな男性だけにハートマークを送っているわけではありません。
ハートマークのスタンプが押してある場合でも、自分に気があるのではなく、好意を示しているだけの可能性があるので覚えておきましょう。

片思い男子あるある9・LINEや電話の回数が増える

好きな女性とある程度親しい間柄になると、電話やLINE、メールなどのやり取りが出来るようになります。
好きな女性と短い会話だけ、挨拶だけだった人でも、部活や勉強、仕事などを通して交流をすることで、友人関係を築くことができるため、電話やメール、LINEなどの交流が持てるようになります。
片思いをしている男子は、好きな女性とやり取りが出来る嬉しさから、電話やLINE、メールなどの回数が増えることが多いです。
相手の女性が好印象を持っている場合は、すぐに返信をくれることが多くなります。
好きな女性と親しくなりたい、交際をしている願望を持っていても、あまり頻繁に電話やメール、LINEなどを送ると恐怖心を持たれてしまうので適度な回数にしましょう。

片思い男子あるある10・LINEを送る前に文面を何度も見返す

片思い中の男子は、部活やサークル、勉強、仕事などを通して好きな女性と交流が出来るようになり、友人関係になっている人が多くなります。
友人関係になると、あまり親しくなかった時よりも電話やメール、LINEなどで交流が増えるので、お付き合いに発展するチャンスが増えることが多いです。
片思いをしている男子は、好きな女性に好印象を持ってもらいたい、興味、関心を持ってもらいたいので、自分が書いたLINEの文面を何度も見直してしまうことが多くなります。
自分の書いたLINEが原因で嫌われたり、避けられることがないように、LINEの文章を何度も見直してしまうことが多いです。
電話やLINE、メールなどの頻度が多くなります。

片思い男子あるある11・相手の好きなタイプの男を聞いてしまう

自分の好きな女性がいるけれど、自分に自信がない人は他の人と交際しないか、親しくしていないか心配をしている人が多いです。
自分の好きな女性の好きなタイプを聞いておくことで、自分も理想に近づけることができるため、仕事や部活、勉強などにやる気が出て頑張る男性が多くなります。
好きな女性とある程度親しい関係になると、相手の女性に好きな男性のタイプはなどの質問をすることがあるので覚えておくと良いでしょう。
男性から好きな男性のタイプはと、聞かれた場合は女性と親しくなりたい、交際をしたいという強い願望を持っています。
女性は片思いをしている男子のサインに気付きたい人が多いですが、好きなタイプの男性はどんなタイプと聞くことが多いので覚えておくと良いでしょう。

片思い男子あるある12・振られたらどうしよう・・・と友人関係を続けてしまう

片思い中だけど、好きな女性と交流が出来るようになり、他の友人とグループで遊ぶ機会があったり、LINEや電話などのやり取りができる間柄になることが多いです。
相手の人も自分に好意を持っているけれど、なかなか告白をすることが出来ない男子が少なくありません。
友人関係が良好な場合は、告白をしてしまうと断られた時に気まずいと感じることが多いです。
振られたらどうしようという不安があり、友人関係を続けてしまう男子が数多く存在します。
好きな女性に電話やメール、LINEなどの頻度が増えたり、好きなタイプの男性はどんなタイプなどと聞く時は女性に必死でアピールをしています。
女性は片思いをしている男子のサインに気付いているけれど、なかなか告白してこない時は、振られるのが怖いからです。

片思い男子あるある13・付き合ったあとを想像してドキドキする

片思いをしている男子は、ある程度好きな女性と親しい間柄になると、付き合った後のことを想像してドキドキしてしまうことが少なくありません。
スポーツや勉強、仕事、趣味などを通して友人関係が出来ている場合は、頻繁にLINEやメール、電話などでやり取りをすることで二人の仲を深めることが可能です。
友人関係、信頼関係が好きな女性との間に出来ている場合は、告白をすることで交際に発展することが多くあります。
片思いをしている男子は、好きな女子が自分の告白をOKしてくれた所を想像したり、付き合ってからイチャイチャしている所を想像してしまうことが多いです。
片思いをしている男子は、付き合った後のことを考えることが多くなります。

片思い男子あるある14・女心が分からず女友達に相談してしまう

好きな女性がいるけれど、恋愛や交際をした経験があまりない男子は、女心が良くわからないので悩んでいる人が少なくありません。
電話やメール、LINEなどのやり取りはできるけれど、仲がなかなか深まらないので悩んでいる男子が多いです。
二人に共通の女友達がいる場合は、女友達とは話をしたり、相談しやすいので、好きな女性のことを相談したり、女心がわからないので不安を感じていると話すことが多くなります。
共通の女友達に話を聞いてもらったり、アドバイスをしてもらうことで、不安を軽減することができるので質問をすることが多いです。
男子は女性のことはよくわからないので、もっと親しくなりたいけれど、告白できず悩んでいることが多くなります。
共通の女友達がキューピットになることが多いです。

片思い男子あるある15・勉強や仕事へのモチベーションがアップする

片思いをしている男子は、自分の好きな人に好印象を持ってもらうために、スポーツや仕事、学業、趣味などに打ち込むことが多くなります。
自分をかっこよく見せたい、大きくみせたい、尊敬される人になりたいという願望があるので、仕事や勉強などのモチベーションが上がることが多いです。
好きな女性から、好きな男性のタイプを聞いておくことで理想の男に近づきたい、もっと立派な人間になりたいなどの願望が強くなります。
好きな女性に振り向いてもらうために、仕事や勉強を頑張るようになり、向上心が上がっている男子が多いです。
良い恋愛をすることで片思いが実っても、実らなくても男性には大きな成長になることが多くなります。
男子は向上心が上がり、やる気が出てきます。

関連ページ:【片思い女子】

片思いってつらい・・・。片思い男子の辛かったエピソードあるある

辛いエピソード1・好きな男の相談をされる・・・

片思い中の辛いことといえば、自分の好きな彼女に好きな男の相談をされてしまうこと。好きな彼女と話せることは嬉しくても、内容が好きな男の話なんて拷問のようです。その好きな男が知っている人だと辛さは倍増してしまいます。
彼女の好きな男が自分の友達だった、というのも片思いのあるあるエピソードです。彼女の方でも、何か協力をしてもらえないかと考えて話してくるのです。彼女に気持ちを打ち明けていない以上、彼女と友達がうまくいくために何かしてあげなくてはいけない雰囲気になり、最悪の展開となります。
彼女の好きな男が友達でなくても、知っている人だとやはり辛いもの。自分より優れた男だと「叶わない」と思ってしまいますし、ぜんぜん良くない男だと「どうしてそんな奴が好きなんだ」と悔しくなります。

辛いエピソード2・必死のアピールに気付いてもらえない・・・

片思いが辛いと感じるのは、必死にアピールしているのに全然気がついてもらえないときです。
例えば、新しくできたお出かけスポットに彼女が行きたがっていて「車がないから無理」と言っていたから「車ならいつでも出せるよ」とアピールしたとします。彼女はなぜか「いいなぁ。うらやましいなぁ。」という答えで、一緒に出かけることなど思いついてもくれないのです。
そこで「一緒に行こう」と言えればいいのですが、すでに「車ならいつでも出せるよ」と言うのにかなり勇気を出しているので、何も言えずに引き下がってしまいます。
こんなふうにアピールに気がついてもらえないことが、何度もあることで、自分は彼女の目に入っていないのではないか、と思えるほど、辛い気持ちになってしまうのです。

辛いエピソード3・好きな女性に距離を置かれてしまう・・・

片思いの辛さの中には、好きな女性に距離を置かれてしまうことも挙げられます。
なんとなく避けられているような気がする時期を経て、これはあきらかに避けられているのだと気がついたときには、絶望感に包まれてしまいます。
もし距離を置かれてしまった理由がわかっても、過去に戻ることはできないので、挽回することは難しいものです。また、理由がはっきりしないのに距離を置かれると、自分の見た目が気持ち悪いのだろうか、といったネガティブなことばかり考えてしまうようになります。
距離を置かれることがなければ、どんな結果になるとしても男らしく告白しようと思っていた場合も、彼女にとっては告白することすら迷惑かもしれないと思えてきてしまいます。

辛いエピソード4・実は彼氏持ちだったと知ってしまう・・・

片思いは、彼女に彼氏がいなくても辛いものです。自分より優れた男がたくさんいる中で、自分は選んでもらえないのではないか、という不安が常につきまといます。
でも、それよりも辛いのが、彼女が彼氏持ちだった場合です。初めは彼女に彼氏がいるとは思わないで「片思いは辛いな」と思っていた場合、彼女に実は彼氏がいることを知ると、さらに辛い気持ちを経験することになります。
彼女に彼氏がいるということは、彼女が彼氏と別れて自分を選んでくれないとつきあうことは叶いません。ただの片思いよりもかなりハードルが高くなってしまいます。それでも一度好きになった気持ちは簡単になくなってはくれないので、耐えがたい辛い気持ちを味わうことになります。

辛いエピソード5・LINEの既読スルーに落ち込む

片思いの彼女とLINEができる関係なのはかなりラッキーなことです。彼女とLINE交換をするまでにかなりの努力をした場合もあるでしょう。
しかし、いざLINEができるようになると、今度は彼女から既読スルーされてしまう辛さがあります。
他の友人や知り合いからの既読スルーは何とも思わないし、自分も既読スルーをすることがあるのにもかかわらず、彼女からの既読スルーは異常に辛く思えてしまいます。
片思い中は、彼女のことばかりを考えて、彼女からどう思われているかを気にしているため、彼女からの既読スルーにより、自分には価値がないとすら思えてしまいます。彼女からのアクションがなければ、既読スルーの辛さはずっと続くので、生殺しのような気分になるでしょう。

辛いエピソード6・LINEのリアクションが薄くて落ち込む

好きな彼女とのLINEでは、言葉の一字一句や絵文字にまで気を遣い、最高のLINEを送るように心がけるものです。それなのに、彼女からのリアクションがあまりにも薄いと、心が折れ、かなり辛い気持ちになってしまいます。
彼女がもともと誰に対しても薄いリアクションをとる人である可能性もあるのですが、片思い中だとそんなふうに思えません。彼女は自分のLINEの内容が気に入らないから、リアクションが薄いのかもしれないとか、自分は彼女から嫌われているのかもしれないとまで思ってしまいます。
他の相手からなら、どんなリアクションでも気にすることはなく、返信がなくても大丈夫な人でも、彼女のリアクションだけは異常なまでに気にしてしまいます。

辛いエピソード7・彼女の何気ない一言に落ち込む

片思いをしていると、彼女の言葉の一つ一つが大きな意味を持つようになります。そのため、彼女が何気なく発した一言にも落ち込んでしまうのです。
例えば、彼女が「腹筋が割れていない男性はありえない」と言ったとします。彼女も本当は腹筋が割れていない人の方が多いとわかっていて、大げさに言ってみただけなのかもしれません。それなのに言葉をそのまま真に受けて、腹筋が割れていない自分はダメなんだ、もしかしたら自分に向かって言ったのかもしれないと落ち込んでしまうのです。
反対に、彼女がいいことを言ってくれれば、喜びも大きいはずなのですが、つきあってもいない状態で、嬉しいことばかり言ってくれることはほとんどありません。片思いをしていると、辛く感じることの方が多くなってしまいます。

片思いが辛いときの対処法1・新しい出会いに目を向ける

趣味やサークルに積極的にでかける

片思いをしていると、好きな彼女以外の女性には近づかないようにする男性が多いものです。
でも、彼女が好きで彼女以外の女性は考えられないというまじめな気持ちは、片思いの辛さを倍増させてしまいます。
片思い中でも、他の女性に目を向けてはいけないという決まりはありません。趣味やサークルの集まりに出かけた方が、彼女のことばかり考えてしまうよりもずっと有意義です。少なくとも、でかけているときには、彼女のことを忘れて気分転換ができます。
そして、集まりの中には、新しい女性との出会いもあるかもしれません。いつまでもうまくいかない彼女のことを思っているよりも、新しい女性と知り合って話すことで、余裕が生まれ、雰囲気も変わってくるでしょう。

マッチングアプリで気になる女性を見つける

片思いが膠着状態のときには、マッチングアプリを試してみるのも良いかもしれません。マッチングアプリはネット上のやりとりから始まります。長く片思いをしていて、女性から遠ざかっている場合も、緊張することなく女性とやりとりすることができるでしょう。
本当に交際相手を探したい場合には、女性のふりをした悪質な業種やサクラが紛れていることがあるため細心の注意が必要です。 
しかし、片思いの辛さを忘れるための対処法としてマッチングアプリを使う場合には、リスクをともなわない範囲でやりとりを楽しむことができます。マッチングアプリの中で気になる女性を見つけることができれば、片思いのつらさを大幅に和らげることができるはずです。
もちろん、やりとりで気を紛らわせるだけでなく、気が合う素敵な女性と本当に知り合える可能性もあります。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

内面や外見を磨く

片思いの辛さを軽減させ、未来の自分達のためになる対処法として、内面や外見を磨くことがあります。
片思いばかりしていると、内面は沈みがちになり、外見もデートをすることがないので気にしなくなってしまうことがあります。それでは、片思いがうまくいく確率も低くなってしまいますし、いつか片思いを終えたときにも、自分に自信が持てなくなってしまうかもしれません。
片思いの時期をただ辛さを感じながら過ごすよりも、内面、外見を磨く時間にすると、見違えるようにレベルアップをすることが期待できます。ダイエットをして手に入れた体型や身につけた知識はあなたのものになり、誰からも奪われることはないのです。
結果的に、レベルアップしたあなたを見た片思い中の彼女から振り向いてもらえるかもしれません。

関連ページ:【片思いが辛い男性】好きすぎて辛い・苦しい・やばい理由と対処法

関連ページ:【片思い辛い】

片思い男子あるある・片思いの辛いエピソードまとめ

片思い男子の辛さは、自分ではどうすることもできないものです。その片思いの辛さにどっぷりと浸かってしまうと自信もなくなり、大切な時間も無駄にしてしまうことになります。 
しかし、片思いの期間を工夫して過ごすことで、辛さを和らげることができ、自分自身をレベルアップさせることができるのです。
ここでご紹介した対処法は、新しい女性との出会いにつながったり、新しい魅力的な自分になることも期待できるものです。片思いが辛くて何もできないと思っている人も、無理なくできそうな範囲で、ぜひやってみてくださいね。ただ辛い片思いをするのではなく、少しの工夫をすることで、うまくいけば、彼女から振り向いてもらえるかもしれません。

関連ページ:【ペアーズの口コミ】マッチングアプリのpairsの出会いの評判

関連ページ:【PCMAXの体験談】マッチングアプリは出会える?出会いの体験

コメント

タイトルとURLをコピーしました