【片思いが辛い男性】好きすぎて辛い・苦しい・やばい理由と対処法

恋愛

片思いが辛い理由・原因/片思い男性の心理

片思いが辛い理由1・相手の女性のことが好きすぎて頭がいっぱいになるから

片想いが辛い理由の中でも大きなものとして、好きな女性のことで頭がいっぱいになることが挙げられます。
両思いの状態で好きな女性のことを想うのは幸せそのものですが、片思いの女性のことで頭がいっぱいになるのは、手に入れられない辛さがつきまといます。好きだからどうしても彼女のことを考えてしまうのに、彼女のことを想えば、片思いであることが同時によぎってしまうのです。
喉が渇いているときや空腹のときにに飲み物や食べ物をとれないのは辛いことですが、片思いは心理的にそれと同じようなことをしている状態です。片思いでは、喉が渇いているときや空腹時に飲み物や食べ物のことしか考えられないような感覚で、好きな女性のことで頭がいっぱいになっているため、辛いとしか言いようがない気持ちを味わうことになります。

起きてから寝るまでいつも相手のことを考えていると疲れてしまう

片思いをすると、起きてから寝るまでいつも相手のことを考えてしまうことがあります。どんなに好きな彼女のことでも、一日中考えていると疲れてしまいます。それなら片思いなどやめてしまえばいいのですが、好きな気持ちは勝手に湧いてきてしまって、自分の意志でやめることすらできません。
両思いでうまくいっている彼女について考えるならまだしも、相手からどう思われているのかわからない片思いの相手のことを想うのは、決して楽しいことばかりではありません。相手のことをいいな、好きだな、とただ思っているだけなら幸せですが、きっとうまくいかないのではないか、相手から嫌われているのではないか、とネガティブに考えてしまうことで、余計に疲れてしまうでしょう。

片思いが辛い理由2・好きな女性が男と話したり接していると嫉妬するから

同じ職場や集まりに属していて、片思いの相手を身近に感じられることは幸運ですが、同時に辛いこともあるかもしれません。それは、好きな女性が他の男の人と話したり接しているところを見てしまうということです。
よく考えれば、普通に仕事をしたり生活をする中で、彼女が男性と話すことがあっても不思議ではありません。それでも、片思い中は男性と接する彼女を見るだけで、恋人かもしれない、とか彼女は相手の男を好きなのかもしれないと思ってしまうのです。
ただ片思いをしているだけなので、本当は嫉妬をするのもおかしな話なのですが、相手の男性にどうしても嫉妬してしまいます。嫉妬は不安や怒りなどのネガティブな感情をともない、いっそう辛いと感じてしまいます。

嫉妬は「自分を認めてほしい」気持ちの現れ(彼女に振り向いてほしい)

片思いの相手が男性と接しているだけで感じる嫉妬には「自分を認めてほしい」という満たされない思いが隠れています。
自分に自信があれば、彼女が男性と話したり接するのを見ても嫉妬してしまうことはないはずなのです。しかし、片思いをしていると、好きな女性が自分を受け入れてくれないことから、自信がなくなってきます。
片思い中に感じる嫉妬心は、自分を認めてほしい気持ち、彼女に振り向いてほしい気持ち、自分がダメだと感じる気持ちなど、多くの辛い要素が内包されているものです。
一つの悩みだけでも辛いのに、いくつもの悩みが合わさってしまう嫉妬心は、たとえようもなく辛いもの。自分が嫉妬していることに気づいてもなかなかやめることができないのも辛いところです。

片思いが辛い理由3・相手との関係や距離感が変らないことに絶望するから

片思いが辛い理由として、相手との関係や距離が変わらないことがあります。好きな女性と少しでも仲良くなることを目指して片思いをしていても、いつまでも関係性が変わらないと希望が持てず、絶望してしまいます。
どんなことでも長く続けているうちに少しは上達するものですが、片思いだけはそうはいきません。勇気を出して彼女を誘ったら遠ざけられてしまったり、LINEの返信をもらえなかったり、と心が折れるようなこともたくさん起こります。悪いことが起こるのが怖くて何もしないでいれば、本当に何も起こらず、距離感はいつまでたっても同じままです。
片思いは、勉強、仕事、スポーツなどとちがって、がんばったからうまくいくものではありません。成果が出ないことに絶望してしまうことが。片思いの特徴の一つです。

片思いが長いと余計に苦しくなる

片思いは、短い期間であればそれほど辛いものではありません。彼女のどんなところを好きか、彼女とどこへいきたいか、などを楽しく考えて、さっそく彼女を誘ってOKをもらえたらそれで片思いは終わるのですから、楽なものです。
本当に辛い片思いは、半年、一年、二年という長い期間のものです。片思いの人がやるべきことを試したり、自分を向上させるための努力をしても、振り向いてもらえなかったときには、いったい何をしたらいいのかわからなくなるでしょう。
一般的には、長く片思いをしたからといって、恋が成就するわけではありません。むしろ、片思い期間が長くなればなるほど、脈なしの可能性も高くなり、辛さも増してしまいます。

相手との関係が変らないことに無力感やもどかしさを感じる

片思いの相手との関係が少しずつでも近づいていれば、片思いの辛さは軽くなります。次はもう少し長く話せるかな、といった希望があれば、辛い片思いも楽しめるのです。
反対に、片思いの相手との関係が変わらない場合には、辛さも増してしまいます。何をしても変わらない無力感や、どうしたらいいのかわからないもどかしさも感じるでしょう。
他のどんなことでも努力をすれば進展するものですが、片思いだけは相手の気持ち次第で、どうすることもできません。何をどうがんばったらいいのかわからない、という無力感やもどかしさは、片思いだからこそ感じる辛さです。そんなに辛いのなら片思いをやめればいいのですが、相手を好きな気持ちはなかなかなくなってくれないのが辛いところです。

片思いが辛い理由4・自分の悪いところばかり目がいってしまうから

人は自分を認めることができれば、幸せを感じることができます。この自分を認める感覚は自己肯定感ともいいます。自己肯定感を高めることのメリットや大切さは広く知られるようになっています。
片思いをしていると、なぜ彼女は自分を認めてくれないのだろうと考えてしまい、高めるべき自己肯定感は下がりっぱなしになってしまいます。結果的に、片思いをしたことにより、自己肯定感が下がり、自分の悪いところに目が行き、幸せを感じることなどできなくなってしまうのです。片思い以外のことはうまくいっていても、片思いをしていると、自分はダメだと思いやすくなります。本当は、自分には良いところがあると前向きに考えた方が良いのに、片思いをすることによってその逆の感覚におちいってしまうのです。

彼女が振り向いてくれないと自己肯定感が下がってしまう  

片思いをしている彼女が振り向いてくれないからといって、自己肯定感まで下げる必要はありません。恋愛は決して人生のすべてではないからです。それでも多くの人が、うまくいかない片思いにより、自己肯定感を下げてしまいます。
それは片思い中には、考えることの大部分が片思いになってしまい、自分が彼女に振り向いてもらえないことばかりをクローズアップしてしまうからです。
もし、片思い中に「自分なんてダメだ」と思ってしまったら、自己肯定感が下がっているサインかもしれません。そんなときには仕事関係や友人関係など、自分が認めてもらえている場面を思い出して、自己肯定感を高めるようにしましょう。自己肯定感を高めることにより、自信のある雰囲気が出て、彼女へアピールすることもできるでしょう。

彼女が自分を受け入れてくれないと感じて自分を責めてしまう

片思いをしている彼女が受け入れてくれなくても、本当は自分を責める必要などありません。
しかし、真剣に片思いをしていると、彼女から受け入れてもらうことだけが願いのように錯覚してしまい、他のことが目に入らなくなってしまうのです。
好きな彼女に受け入れてもらえないことは自信のなさを生み、自分を責めることにもつながります。例えば、自分がもう少しカッコよかったら、頭がよかったら、など、考えても仕方がないことを考えすぎてしまうのです。
自分を責めることは、人が感じる多くの感情の中でもかなり辛いことです。片思いによって、自分を責めてしまうようになっていると気がついたら、すぐに「自分を責める必要などない」と打ち消すようにしてみてください。

彼女に片思いで辛い!片思いの辛さを和らげる対処法

片思いの辛さを和らげる対処法1・予定をたくさん入れて忙しくする

趣味や仕事に没頭する

片思いが辛いときは、好きなはずの趣味もやらなければいけない仕事も手につかない、と思っていませんか? 
実は、片思いのときこそ、趣味や仕事に大いに打ち込むべきなのです。例えば、仕事で緊張する場面では、彼女のことなど全く忘れているはずです。
趣味や仕事に没頭し、真剣に取り組まないとできないような難しいチャレンジをあえてすることで、片思いの辛さからは自由になることができます。さらに、趣味や仕事に熱心に取り組めば、確実にスキルアップにつながります。うまくいかない片思いのことばかり考えてしまうよりもずっと得なのです。
いきなり趣味にも仕事にも全力投球してしまうとダメージが出るかもしれませんので、無理なくできるジャンルから力を発揮してみるようにしましょう。

忙しく予定を入れて彼女のことを考える時間を減らそう

片思いの辛さを和らげるには、予定を入れて忙しくすることが一番です。どんなに片思いが辛くても、仕事で人と話しているときなどは、彼女のことを考えられないはずです。それと同じことをプライベートの時間でも実行してみればいいのです。
これまでは断っていた集まりなどにも積極的に参加したり、新しい趣味を見つけたり、行きたいお店を見つけて休みの日には一日出かけるようにすると、彼女のことを一日中考えてしまう辛さからは解放されます。
片思いが辛い人は忙しいことがあまり好きではなく、予定がない人ともいえます。片思いが辛い時期だけでも、普段よりたくさん予定を入れて、辛さを紛らせるようにしてみましょう。。行動範囲や興味が広がることは、あなたの魅力をアップさせてくれるかもしれません。

片思いの辛さを和らげる対処法2・誰かに話(愚痴)を聞いてもらう

ネガティブな感情を溜め込むと余計に辛くなる!誰かに話すことでストレスは解消できる

片思いがうまくいかなくて辛いというネガティブな感情は、溜めていてもいいことはありません。思いきって誰かに話してスッキリしてしまいましょう。一度や二度話す程度なら、聞く人のストレスになることはありません。人に迷惑はかけられないと肩肘はらずに、友達や信用できる知り合いに聞いてもらいましょう。
誰かに話しを聞いてもらうと、驚くほどスッキリとしていることに気がつくはずです。これは、悩みを外に出すことによって、自分だけで悩まなくてもいいんだと感じて、気が楽になるためです。もちろん片思いは自分で何とかすることではあるのですが、聞いてもらった人の意見や知恵も借りられると思うことで、自分だけで決めなければならないという気持ちが解放されて、かなり楽になるのです。

片思いの辛さを和らげる対処法3・信頼できる友達と一緒にいる

その恋はプラスなのか?マイナスなのか?冷静な意見を聞こう

片思いについて人に話せるようになったら、今度は自分の片思いがプラスなのかマイナスなのかを聞いてみましょう。
「やめた方がいい」「うまくいくわけない」といった意見を聞きたくないばかりに誰にも相談してしないできた人もいるかもしれません。それでも、第三者からの冷静な意見は、正しい判断をするには欠かせないものです。
もし、「マイナスにしかならない」という意見があっても、自分が片思いをやめたくなければ続けてもいいのです。ただ、マイナスになる可能性が高そうだということも受け入れ、できるだけプラスの経験になる工夫を加えていくと良いでしょう。
また、もし片思いが「プラスになっている」と言ってもらえたら、大きな励みになり、がんばる原動力になります。マイナスと言われてもプラスと言われても、生かしていくことができるので、ぜひ意見は聞いてみると良いでしょう。

片思いの辛さを和らげる対処法4・今までできなかった事に挑戦する

新しい挑戦により男として成長する

片思いばかりしていると、気持ちが落ち込むことが増え、新しいことに挑戦することがなくなってしまっているかもしれません。
しかし、片思い中のときこそ、新しい挑戦をするべきなのです。緊張をともなうような新しい挑戦をすると、顔つきもグッと男らしくなり、男性として成長することが期待できます。
なかなか振り向いてくれない彼女も、あなたの変化に気づいて見直してくれるきっかけになるかもしれません。
挑戦することは、どんなことでもかまいません。これまで担当していなかった仕事を引き受けたり、資格取得のための勉強をしたり、筋トレやランニングを始めるのも良いでしょう。
男性としての魅力を高めたい場合には、簡単にできてしまうことより、少し難しいことに挑戦をするようにしてみましょう。

新しく楽しめるもの・没頭できるものを見つける

片思いがとにかく辛くて、辛さを和らげたいときには、楽しめたり、没頭できることを探してやってみることもおすすめです。
その場合は、人からどう思われるかではなく、心からやってみたいことや時間を忘れて熱中してしまうことを選ぶようにしてください。例えば、漫画を描くことやカラオケで歌うことなど、下手だから敬遠していたことなども、心のおもむくままにやってみましょう。
新しいことに没頭するうちに、片思いで疲れきってしまった心が、どんどん回復していくことに気がつくでしょう。
心から楽しめることを見つけることで、あなたの表情や態度は生き生きしてくるはずです。そんな姿を見た彼女があなたのことを見直してくれるきっかけになるかもしれません。

片思いの辛さを和らげる対処法5・新しい出会いを探してみる

関連ページ:【PCMAXの体験談】マッチングアプリは出会える?出会いの体験

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

あなたを好きになってくれる女性を見つける

片思いを続けていると、自分に彼女ができる日は永遠に来ないように思えるかもしれません。でも、たまたま好きな彼女には選んでもらえないだけで、世の中にはあなたを魅力的だと感じる人がきっとたくさんいるはずなのです。
真面目な人ほど、一度好きになった女性のことをいつまでも想い続けてしまうものです。でも
、どんなにがんばっても人の気持ちは思い通りに変えることはできないのです。
彼女のことを忘れられなくても、一度視点を変えて、自分を好きになってくれる人を見つけてみようと考えてみましょう。
片想いはあなたが勝手にやっていることなので、いったん保留にしてもまったく問題はありません。自分を好きになってくれるひとが見つかったらいいな、気持ちを持つだけで、案外身近なところにそんな女性がいることに気がつくかもしれません。

片思いを吹っ切るには新しい恋が一番!

片思いをしていると、好きな女性よりも素敵な女性はいないように思えるかもしれません。でも、もう少し広い視野で眺めてみれば、今知っている女性の中にも素敵な人はいるはずですし、まだ会っていない女性の中に素敵な人がいないわけがありません。
片思いを長く続けていると、やめ方がわからなくなってしまいますが、彼女のことを好きな気持ちが残っていても「新しい恋をする」と自分で決めるしかありません。
片思いをしている限り、今好きな彼女の嫌なところを知ることもなく、嫌いになれるわけがありません。そろそろ片思いを吹っ切りたいと思ったら、新しい恋にシフトチェンジしてみましょう。自分で決めるだけでも転機にはなりますが、周囲の人にも宣言すると、女性を紹介してもらえることもあります。

関連ページ:【ペアーズの口コミ】マッチングアプリのpairsの出会いの評判

片思いの辛さを和らげる対処法6・思い切って告白する!

好きな彼女の本音を聞こう

片思いをなかなかやめられないのは、わずかでも希望が残されているからではないでしょうか?
彼女に告白をしないことで、なんとか本当に片思いが終わってしまうことを避けている人もいるかもしれません。
でも、一生片思いをしているわけにはいきませんし、いつかは彼女の本当の気持ちを聞かなければいけません。
もう十分すぎるほど片思いをしてきたと思ったら、勇気を出して彼女に気持ちを聞いてみましょう。彼女の答えがノーであっても、予想はつくことですから、意外と落ち込むことはないかもしれません。
告白をして彼女の本音を聞くことのメリットは、片思いを終わらせて次のステップに進めることです。また、場合によっては、彼女からOKがもらえるというサプライズがあるかもしれません。どちらにしても、告白にはメリットしかないのです。

振られたとしても片思いの辛さを和らげることはできる

勇気を出して告白して、案の定振られてしまった。そんな展開が怖くて告白に踏み切れない人もいるかもしれません。
でも、振られることによる大きなご褒美があります。振られたら、もう片思いで辛い思いをしなくてすむのです。
悩みの大半を占めていた片思いをしなくてすむと、辛いどころか思いの外スッキリしてしまうこともあるはずです。恋がうまくいない辛さは、実は片思いのときから味わっているので、失恋ではあまり新しい辛さはやって来ないものなのです。
これまでは好きな彼女一筋で見えていなかった周りの女性にも目を向けてみると、趣味があったり話しやすい女性が見つかることもあります。
告白という大チャレンジをした自分をほめて、ぜひ新しい恋を探してみてください。

関連ページ:【片想い辛い】

片思いで辛いときにやってしまいがちなNG行動!片思い男子は注意!

NG行動1・頻繁なLINE攻撃

頻繁なLINEは迷惑!相手の都合を考えましょう

片思いをしていると、相手の気持ちを聞くことができないため、知らず知らずのうちに自分中心の行動をとってしまうものです。
例えば、片思いの相手のLINEを知っているからといって、頻繁にLINEを送るのはよくありません。自分としては、LINEは返事を要求する内容ではないし、何の迷惑にもなっていない、と思うかもしれません。
でも、LINEを読んだ相手は「またLINEが来た」「返事をしなくてはいけない」とプレッシャーになります。実際には返信が来なくても、返信を送るかどうかを考えさせている時点で、負担をかけているのです。
また、毎回返信をもらえている場合も、相手は喜んで返事をくれているとは限りません。立場上、失礼な扱いをすることができなかったり、返信をしないことで逆上されることを恐れていることもあるのです。

NG行動2・相手の都合を考えずにしつこく誘う

一度断られたらしばらくは誘うのは控えましょう

片思いをしていると、相手の気持ちは考えずに自分の気持ちだけで突っ走ってしまうことがあります。不屈の精神で、相手から一度断られても、また誘ってしまう人もいるかもしれませんが、これはNG行動の一つです。
断られたときに「残念だけど」「また誘って」という言葉がもらえた場合も、社交辞令であることが多いので、真に受けないようにしましょう。本当に相手にもその気があれば、都合が合わなければ、多少先になっても他の候補日を決めることになります。約束が成立しなかったということは、相手は乗り気ではないのです。
一度断られてしまったなら、すぐに誘っても、また断られる可能性が高いはずです。少し時間を置く方が、相手の気持ちや状況が変化したり、自分の成長した姿を見せることにもつながります。

NG行動3・話せるだけで嬉しいからと不用意に話しかける

彼女の趣味や共通の話題を見つけてから話しかけよう

積極的なタイプの人は、片思いをしている相手にもどんどん話しかけることができます。でも、これは残念ながらNG行動なのです。
自分は彼女と少しでも話せることが嬉しくて、ノープランで話しかけても楽しいかもしれませんが、彼女の方では「何の用?」とイライラしてしまうこともあります。話ができる間柄なのに、彼女とおつきあいしていないということは、彼女にとって自分はまだ恋愛対象ではないことを自覚しましょう。あまり意味もなく話しかけ続けてしまうと、彼女の方から拒絶されてしまうことにもなりかねません。
彼女に話しかけるなら、趣味や共通の話題を見つけて、前もって話したいことを考え、中身のある会話をしていくことが大切です。きっと彼女から「気が合う」とか「自分のことを考えてくれている」と思ってもらえるでしょう。

NG行動4・自分アピールばかりになっている

自分の話ばかりだと相手を疲れさせる!会話のキャッチボールをしよう

片思いの相手と話せるときには、テンションが上がって調子よく話してしまうものです。でも、もし自分の話ばかりしていたら、彼女は内心つまらなく感じているかもしれません。
思いやりがある優しい人ほど、関心のない様子は見せずに楽しく聞いてくれるもの。でも、いつも人の話ばかりを聞いていて、楽しいはずがありません。いつも自分の話ばかりしていたら、今度は彼女の話も聞くようにしてみましょう。
彼女の話を聞くのはいいけれど、自分の良さが伝えられないと感じるかもしれませんが、焦りは禁物です。自分の良さを話せば話すほど、かえって自己中な人だと思われてしまうのです。
それよりも、彼女の話をよく聞いて「話していて楽しい」と思ってもらえた方が次につながります。彼女があなたに興味をもってくれたら、きっと質問をしてきてくれるはずなので、そのときに自分の話をするようにしましょう。

NG行動5・接触回数を増やそうとする

彼女に会いたいからと接触回数を増やそうとするとストーカーと勘違いされる

片思いをしていると、できるだけたくさん彼女の顔を見たいと思ってしまうものです。そのこと自体は、決して悪いことではありませんが、会う回数を増やすために、行動をしてしまうことはNGです。
例えば、彼女の職場の前で、偶然を装って待ちぶせしていたり、彼女の家の近くをウロウロしていたら、彼女の方では怖いと感じてしまうはずです。
彼女を怖がらせるつもりなどないかもしれませんが、された方にとっては、本当に怖いことなのです。自分が好きでもない女の人から待ち伏せされたり、家の近くをウロウロされたら怖いはずです。
いくら会いたくても、ストーカーに勘違いされかねない行動は控えましょう。会う回数が少し増えても、彼女に不信感を抱かれてしまったら、元も子もありません。会う回数を増やそうとするよりも、会えるときがあったら、全力で楽しむようにしましょう。

関連ページ:【片思い 男 あるある】

片思いで辛い男性へ!好きな彼女を振り向かせる方法

彼女を振り向かせる方法1・相手の立場になって行動する

相手が喜んでくれることを探そう

片思いをしていると、相手の意見を聞く機会がなく誰でも自己中心的になりやすいものです。だからこそ、自己中ではなく彼女のためを想った行動をすると、彼女の方でも「この人は違う」と思ってもらえるチャンスになります。
片思いをしていると、妄想が膨らみ、自分が彼女として見たいことばかりを考えてしまいます。でも、そうではなく、彼女の喜んでくれることを探すことが大切なのです。
自分は、あまり興味がないことでも、いそがし彼女に合わせてつきあってあげることも大切です。例えば、楽器の演奏が趣味の彼女なら、演奏会に聴きに行ってあげても喜ばれるかもしれません。彼女の方も、あなたが興味もないのに自分のために来てくれたということに優しさや魅力を感じてくれるはずです。

相手が嫌がることは慎もう

片思いをしていて避けなければいけないのは、相手が嫌がることをすることです。当たり前のことですが、男性の中にはなぜか好きなのに相手が嫌がることしてしまうことがあります。嫌がる姿が可愛かったり、少しでもコミュニケーションをとりたくてやってしまうのかもしれませんが、嫌がることをしていると本当に嫌われてしまいます。
特に、体型や容姿のことを言ったりするのはタブーです。なかなか好きな気持ちを言えないからといって、見た目をからかったりするのは一番良くありません。他にも「LINEはあまり送らないで」とか「忙しいから誘わないで」と言われたら、その逆のことはせず、言われたとおりにしましょう。
誠実に彼女の嫌がることを慎むことは、彼女から信頼してもらえることにつながります。

彼女を振り向かせる方法2・男性として魅力的になる

運動やイメチェンなどで外見を磨こう

彼女を振り向かせるには、外見を変えることが一番効果的です。「結局顔か」と思ってしまうかもしれませんが、顔だけではありません。努力次第でいくらでも変えることが出来る部分があります。
まずは、体型です。適度な運動をすることで、太っている人は痩せ、やせている人は筋肉質になることができるでしょう。顔の輪郭も変わって、別人のようにイケメンになる可能性も有ります。
髪型や服装などのイメージチェンジも大切です。ほとんど工夫をしていない人ほど、大きく変わり、彼女を驚かせることができるかもしれません。美容院や服のショップに行けば、プロからのアドバイスがもらえますが、敷居が高い場合には、動画もかなり参考になるはずです。

仕事や趣味に一生懸命取り組んで内面を磨こう

片思いをしていると、仕事や趣味にも身が入らないことがあるかもしれません。一方、彼女がいる人は、仕事や趣味も充実しているように見えませんか?
彼女がいるから何でも頑張れるんだ、と考えてしまうかもしれませんが、逆に考えてみてほしいのです。あなたは、仕事や趣味に熱心になれないから、彼女に振り向いてもらえないのかもしれません。彼女からすれば、仕事や趣味にも打ち込む男性の方がそうではない人よりも魅力的なのです。
試しに、仕事や趣味の中で、何が取り組めそうなことを探して、一生懸命やってみてください。きっと片思いばかりしていた時よりも、自信にあふれた顔つきになり、彼女にも「変わった」「カッコよくなった」と思ってもらえるでしょう。

彼女を振り向かせる方法3・好きな女性の友達と仲良くする

彼女を振り向かせるためには、彼女の友達と仲良くすることがコツです。そんなナンパなことはしたくないと思うかもしれませんが、たった一人で片思いを続けるよりもずっと効率的なとです。彼女より友達と仲良くなれば、彼女の好みを知ることができます。彼女が好きな男性のタイプがわかれば、それに合わせてイメチェンすることもでき、彼女が行きたい場所に誘うこともできます。
彼女とつきあう前に、彼女の友達と仲良くすることは、内向的ではなくコミュニケーションがとりやすい人だと思ってもらえることにもつながります。
まじめに一人で片思いをしていると、場合によっては、コミュ障の陰キャだと思われてしまうこともあります。片思いを実らせたいなら、彼女の友達と仲良くするようにしましょう。

好きな女性の友達と仲良くなることで相手の信頼を得ることができる

友達の友達は、他人のはずなのに会ったその日から仲良く話せることがあります。これは、信頼している友達の友達だからです。
このことを応用すると、片思いをしている彼女の友達と仲良くすることによって、彼女から信頼してもらえるようになるのです。
彼女本人が相手だと緊張してしまってうまく話せなくても、恋愛対象ではない彼女の友達となら話しやすいはずです。彼女の友達に緊張していない状態の自分のキャラクターを知ってもらえれば、彼女にも「こういう良いところがある」と伝えてくれます。
好きでもない女子とはあまり話したくない、と考える人もいるかもしれませんが、そんなこだわりを捨てて、彼女の友達と仲良くすることで、彼女と両思いになれる日が近づくかもしれません。

彼女を振り向かせる方法4・彼女が困っているとき・辛いときに助けてあげる

困っているとき・辛いときは側で見守ってあげましょう

片思いをしていると、自然と彼女の表情や様子をたくさん見ることになります。そのため、彼女の様子がいつもと違うことにも気がつくことができるでしょう。
もし、彼女が何か困っているときや、辛そうなときには、片思いをしているあなたの出番です。そんなときこそ、そばにいて助けになるように心がけましょう。
困っているときは、あなたがわかることでは教えてあげたり、わかりそうな人につないであげても良いかもしれません。
辛そうなときは、何があったか詮索するのではなく、飲み物など負担にならないものを差し入れたり、飲みに行きたいようなら誘ってあげましょう。
困ったとき、辛いときだからこそ、優しさが身に染みて、あなたの彼女を想う気持ちもきっと彼女にも通じるはずです。

彼女を振り向かせる方法5・押したら引いてみよう

LINEや電話はしばらく控える

彼女と話もできるし、嫌われてもいないようなのに、なぜか進展しない。そんなときには一度「LINEや電話を控える」という方法をとってみましょう。
そのまま彼女から忘れられてしまいそうで、怖いかもしれませんが、現状維持で気にも留められていないより、少しでも進展させる可能性がある方に賭けてみる方がずっと良いはずです。
例えば、3日に一度程度LINEか電話をしていたなら、少なくとも2週間は間を開けてみましょう。1週間でも長く感じるかもしれませんが、1週間だけでは、連絡を入れて控えたことにすら気づいてもらえないかもしれません。
しばらく連絡を控えていると、運が良ければ彼女から連絡が来るはずです。もし、連絡がもらえなくても、彼女の方ではきっと「どうしたんだろう」と思ってくれています。
彼女に連絡することが習慣になっている人には苦しいかもしれませんが、実践する価値のある方法です。

自分から誘わない

いつも彼女を誘ってばかりの人は、一度自分から誘うことを一切やめてみましょう。
食事、カラオケ、買い物などが、自分からの誘いで実現していた場合、誘わなければ何もできないと思うかもしれません。たしかに誘うことをやめると、会える機会は減ってしまうかもしれませんが、彼女にあなたの存在を知らしめる効果が期待できます。
彼女の方が、あなたとまた出かけたいな、あなたとまだ話したいな、と思ってくれたらしめたものです。当たり前だと思っていたあなたのことを見直してくれて、自分にとって必要だと思ってもらえるキッカケになるかもしれません。
誘わないことで会えなくなるのは辛いですが、なんとか我慢して実行すると、彼女の方から誘ってもらえることもあるはずです。

関連ページ:【片思い 成就】

片思いが辛い男性の理由と対処法まとめ

片思いはとても辛いものですが、工夫次第で両思いへと近づけることができます。辛い片思いの時期をただ漫然と過ごすのではなく、できそうな対処法から試してみることで、辛さも紛れ、恋の成就にもつながっていきます。
ここでご紹介した対処法は、相手を思いやること、自分を成長させること、相手に依存しないことにつながる方法ばかりです。片思いをすることで、あなたの魅力が増すような対処法を紹介しています。
片思いを通して、思いやりを身につけたり、外見も内面も成長することができれば、たとえ片思いがうまくいかなかったとしても、必ず恋人ができるはずです。
ぜひ、片思いが辛くて何もできない、と思うときこそ、あなたにできそうな対処法から試してみてくださいね。

関連ページ:【片思い女子】

コメント

タイトルとURLをコピーしました