【旦那の車にGPS】GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査

恋愛

旦那の車にGPS/GPSで旦那の浮気調査をする方法

車から旦那の浮気が発覚するケース1・ナビの目的地履歴から発覚

これは、ナビの目的地が浮気を行うに適した現場であるということを履歴から判明したというケースです。
通常ナビの履歴については女性の方が操作をしていちいち確認することはないんですが、稀に浮気を疑っている女性の中には、ナビの使い方をネットでダウンロードして操作法を覚え目的地の履歴情報とか、スマートフォンとナビが連動することで目的地を設定するモードから知らない履歴を探し出し浮気現場の特定をするケースがあるという問題です。
この方法についてはナビの中にはスマートフォンと連動することでスマホから目的地を入力して履歴情報として表示する機能というものがあり、その際にスマホに彼女の家という具合に浮気をしている女性の家であるという通知をそのまま履歴に残してしまい浮気が発覚するケースがあります。
なので、ナビの扱いに長けている女性の前では、スマホとナビが連動するタイプのナビはかなり危険で普通に履歴に浮気相手の人の自宅が残っている場合があり履歴を消し忘れることがないようにしないといけないのです。

車から旦那の浮気が発覚するケース2・ナビの走行履歴から発覚

これはナビがどこら辺を走ったかというタイムラインの表示から知らない場所を走っているなということからこれって浮気相手の家なのかということがバレるというものです。
カーナビは、いつも通るルートをタイムラインという形で表示するため日常的に通った場所を記憶します。
この時、妻が知らないルートが記載されていた場合、妻は浮気を疑うというのがこのケースです。
このケースの場合、タイムライン表示をオフにしていると発覚はバレませんが、怪しまれる可能性はあり得ます。
なぜならいつも通っている道のタイムライン表示がないわけですから妻がカーナビを操作してタイムラインを表示させると妻が知らないタイムラインが存在すれば余裕で浮気をしていることがバレてしまうのです。
もっと言えば、タイムラインは毎回通る道ということなので毎回浮気相手の家に行く際同じ道を通っていることもバレてしまうわけですね。

車から旦那の浮気が発覚するケース3・小物やアクセサリーなどから発覚

これは女性ものの小物とかアクセサリーのほか知らないアクセサリーなどが見つかった場合、第3者の女性の影がちらつくため浮気を疑い発覚するというケースです。
このケースの場合、問題となりえそうな部分は、妻が知らない女物のアクセサリーがあるという点でしょう。もしくは妻が渡したことがない夫へのプレゼントを大事に夫が持っていることでも浮気が発覚することがあります。
ちなみにこのケース、浮気を疑うことに対して敏感な女性の方は案外と簡単に夫が持つ持ち物が普段と異なるということで問題視して浮気を疑うことが多いので浮気を疑うことに関して敏感な女性の前では言い訳は通じません。
むしろ、言い訳をすることでなぜという部分に対して妻がさらに疑問を持ちますので浮気をした場合浮気をしたと素直に認めたほうが後々追及が厳しくならない可能性も高いです。

車から旦那の浮気が発覚するケース4・ゴミ箱のレシートなどから発覚

これは見知らぬレシートがゴミ箱から見つかるというもので、要は浮気相手に対するプレゼント購入した際のレシートのことです。
この場合、なぜこんなものを購入したと突っ込めばいちころで旦那は本当のことを言うしかないです。
もっと言えば、レシートをゴミ箱に入れていてそれを処分しないというのは見つかりっこない、ゴミ箱なんかを探さないという安易な気持ちで浮気をしていたためバレてしまった場合言い訳ができないのです。
このケースの場合、浮気相手に対して購入したプレゼントであるというケースにおいては言い訳は通常せず、妻に対して購入したプレゼントだと言ってもそんなもの貰ってないんだけどと返されたらそれで終わるため、妻側がそんなプレゼント貰ってないと言い出すともはや打つ手はなしで浮気を認めたほうが無難でしょう。

車から旦那の浮気が発覚するケース5・香水などの香りから発覚

これは旦那が普段つけない香水の香りがするということから浮気がバレるというものでかつ車から知らない香水のにおいがしたというケースは、浮気相手と車で致したか、車で致すために移動したとみてよいでしょう。
なのでこのケースにおいては、なぜ車から知らない香りがしているかを問いただす、そして車で何をしていたかを問いただすという方向で夫に迫れば本当のことを言う可能性があります。
ただ、夫から本当のことを聞いて冷静でいることができるかどうかについては未知数ですから夫から本当のことを聞いたうえでどうするかについては妻である人物に全て委ねられます。
よって、浮気をしたという事実をもとに離婚をするなり慰謝料を請求してから離婚をするなりをすればよいでしょうが、問題は離婚をする場合証拠が必要で客観的な事実では離婚した場合慰謝料を受け取ることはできません。

旦那の車にGPS/車に仕掛けるGPSの種類について

ロガータイプのGPSの特徴

ロガータイムは後からどこを走っていたかというデータを回収するタイプのGPSです。
このタイプのGPSはアプリというよりも機械で小型の器械です。
なので利点においては見つかりにくいマイクロタイプの器械を使用すれば相手に対して警戒されずに済みます。
問題点としては高い点、回収してデータを取り出して閲覧してみないとデータが役に立たないというものでオンラインで場所を知ることができません。
また、見つかった場合、データの記憶装置を取り外されるとどうしようもなく役立たずになるため、装置が見つかりデータの記憶装置を抜き取られると全くと言ってよいほど無用の長物になります。

リアルタイムタイプのGPSの特徴

リアルタイプGPSはリアルタイムで位置情報を端末から端末に送信するタイプでアプリだと思ってもらえればわかりやすいです。
スマホのアプリでスマホを通して別のスマホに位置情報を送るというのがこのタイプです。
利点においては、スマホを設置してパソコンにデータを送信すれば位置情報を報告するGPSになるんですが、問題はスマホを設置していることがバレると途端に誰が仕掛けたかが容易にわかってしまうことが多く、スマホの電話番号から持ち主を特定できてしまうのです、そして持ち主が特定されると持ち主は完全に犯罪者扱いになるため、損害賠償の責任なりなんなりをされることが多いです。

旦那の車にGPSを仕掛ける方法1・仕掛ける場所について

助手席のシートの下

ありがちなのが助手席のシートの下に仕掛けるという方法で、両面テープなどでスマホを固定したりGPSの端末を仕掛けるというものです。
この方法の利点は音声なども取得する場合有効な場所で助手席に座るのは大抵女性であるため、浮気相手の女性の声を収録できる点です。
反面に問題点としては一番警戒される場所であることが多く浮気相手側が案外と盗聴されているかもしれないと警戒して助手席の下を見ると何か知らない機械が出てきたというケースが多い点です。
こうなりますと仕掛けた人物の特定は容易で妻が怪しいとなり浮気相手側が盗聴をする利点がない場合妻が怪しまれるのです。

リアシートの下

これはリアシートという広めのシートの下のスペースを利用してGPSを仕掛けるという方法で案外と見つかりにくいんですが、音声を疲労となると難しい場所です。
なぜなら、リアシートはトランクに近いため、後ろのトランクに物を詰め込んでいる場合、トランク内の音のほうが大きくなるため、車内の会話を拾うことができません。
GPSと音声を入手する盗聴器を仕掛ける場合に有効な場所なんですが何点としては音声を拾いにくい点が難点でGPSによる位置情報のみ取得しやすいと考えるのが良いでしょう。
なお、盗聴をする場合、一番音声を拾いやすいのは、紫外線を防ぐバイザーに盗聴器を挟み込むのですがバレやすいためおすすめしません。

トランク

トランクはあまり開閉されないことから位置情報を入手するだけのGPSを設置する場合には利点がある場所です。
ただ、音声なども一緒に取得するとなると苦しい場所でトランクの中にある物体がガチャガチャと動くため、騒音が発生しやすくクリアな音声の取得は難しいです。
また、トランクは空けられてしまうと中の確認が容易なので見知らぬ機会があるということからGPSとか盗聴器の存在がバレることが多いです。
よってスマホをGPS代わりにして音声も盗聴した場合ものすごくバレやすくバレた場合、犯人の特定がかなり容易でスマホをGPSにした場合、電話番号から誰が持ち主かわかるなど問題が多いです。

旦那の車にGPSを仕掛ける方法2・付け方について

磁石で固定する

磁石でGPSを固定するのはお勧めしません。
なぜなら、GPSが狂う場合もあり得るため、GPSの電波を受信するレシーバーが狂うことがあるため、強力な磁石の仕様は厳禁です。
また、磁石は、装置が鋼鉄のようなものでないと引っ付かないため樹脂パーツを多用している現在の自動車と相性が悪いです。
つまり昔の鋼鉄ばかりの内部構造の自動車であれば相性が良いんですが、今の自動車は内部構造においてプラスチックなどを多用しているため引っ付かないんです。
引っ付かなければ、テープで固定するという超原始的な方法よりも劣ってしまうため磁石で固定するという方法はお勧めしません。

両面テープで固定する

この方法がおそらくベストで原始的ですが、両面テープでGPSなどの器械を車の内部に固定します。
この方法の利点は、強力なテープを用いれば外れることがない上見えないところにばっちり固定できます。
しかし問題点としては、両面テープの粘着力が強すぎると今度はGPSの機材が外せなくなる点が問題で弱すぎると衝撃で計測器が飛び出てきて第3者にバレてしまうことです。
機材が第3者に仕掛けられていることがバレた場合、仕掛けることができる人物は誰かということを予想した場合簡単に犯人が分かってしまうため、犯人が分かると奥さんだとバレてしまい大惨事となります。

旦那の車に勝手にGPSを仕掛けるのは違法?

車にGPSを仕掛けても違法にならない要件とは?

車にGPSを仕掛けても違法にならないよう県は自動車の所有者が監視することを了承している場合、違法になりません。
つまり、自動車の所有者が自分の車を監視するために使用するという場合違法にならないです。
つまり、所有者の許可が下りればどのようなことでも監視が許されるんですが、問題は許可を得る際、相手側が何で監視するの?という疑問に対して浮気を疑っているからと馬鹿正直に答えても恐らく許可をしてくれませんし、許可を得るために嘘をついて許可を得た場合、嘘がバレると即刻犯罪行為をしたということで訴えられる対象者になるので嘘をついてGPSの許可を取ることは許されません。

他人名義の車にGPSを仕掛けると損害賠償請求のリスクがある

これは、自己が所有している車以外にGPSを許可なく仕掛けると損害賠償のリスクがあるというものです。
なぜなら、GPSのアプリとか装置の中には個人情報を収集する目的で音声のほか様々なものを取得する物があり、動画で周囲の情報を取得するものですら存在します。
そうした物を利用した場合、プライバシーを完全に侵害しているほか、重要な会社の機密情報を第3者に聞かれるか知られてしまうと損害賠償のスクが高まります。
損害賠償を払うとなると離婚をするというものよりも大きなものになり、訴える側が企業などが絡んでしまうとどうしようもない高額な賠償責任を負います。

別居中の旦那の車にGPSを仕掛けるとストーカー規制法違反となるリスクがある

これは、別居中の旦那の場合、他人であるということからストーカー扱いになりストーカー規制法違反に触れる可能性があるというものです。
よって別居中の旦那の浮気を知ろうとした場合、他人である旦那の車にGPSを仕掛けるとストカーになるのです。
別居は一応籍が入っているから他人じゃないじゃあないかと思うでしょうが、最終的には他人になる上、元旦那のプライベートについてもうあなたには関係ないでしょうということになるため、ストーカー扱いになるのです。
ストーカーは犯罪ですから犯罪者となり刑事罰の対象になるため、このケースの場合逮捕という流れになります。

別居中の旦那の車にGPSを仕掛けると住居侵入罪となるリスクがある

これは、すでに別居で他人になりつつある夫婦においてはプライベートは別であり住居も別にあたるため、不法侵入に当たるということから逮捕される可能性があるというものです。
住居侵入罪は要は相手の許可なく立ち入ったことが問題になるというものでGPSを仕掛けるために相手の住居に入ると犯罪者であるということです。
これはプライベートが完全に切り離されていると考えるがゆえで同じ場所に住んでいないがゆえ、元旦那と奥さんのプライベートは別であると法律は判断します。よって許可なく立ち入れば奥さんは犯罪者という形で処理をされてしまうので注意しなければなりませんし前の夫が侵入について許可を出すこともないでしょう。

旦那の車にGPSを仕掛けるとプライバシーの侵害で提訴されるリスクがある

これは、プライバシーの保護という問題から位置を特定する行為は犯罪であるというもので、GPSの中には音声という会話を記録する機械もあるため、会話を盗み義記する行為がプライバシーを侵害しているということで提訴されるかもしれないというものです。実は浮気自体犯罪ではなくどちらかと言うと浮気を証明するために盗聴なり位置の情報を正確に把握する行為のほうが犯罪でこれは完全にプライバシーに触れています。もっと言えば、浮気はプライバシーに触れる行為というよりも、相手の尊厳を踏みにじる行為に当たるため、民事の問題で罰則とか刑事罰ではないんです。

GPSの証拠だけでは不貞行為の証拠にはならない可能性が高い

GPSは単に正確な場所を把握するというだけで正確な場所を掴んだところで浮気であるとするのは無理です。
というのも、浮気現場に居ましたと夫が言わない限り、そこに立ち寄ったけどそれがどうしたと言われればそれで終わりでキスでもしてたのかとさらに夫から追い打ちをされるとそれを目撃していない限り証拠にならないです。
そしてそれを目撃していても奥さんだけの証言では信用性に欠けるため、第3者と奥さんが夫の浮気を目撃して証言台に立たないと奥さんの言い分は通らないのです。
よって、浮気現場にたまたま奥さんがいて友人がいても友人が証言をしないと奥さんだけの証言では夫の浮気を確たる証拠にできないのです。

不貞行為の証拠とは?

不貞行為の証拠は、浮気をしているという証拠があれば十分で知らない女性とキスをしていれば浮気です。手をつないでいるも一応浮気かもしれないんですが、確実性があるのがキスをしていることやホテルに入っていくなどがあり、それ以上の証拠については不要です。
つまり、ホテル内での行動についての写真とか動画に音声は不要です。あくまで不貞行為の証拠は浮気をしている証拠があればよいのでメッセージでもよいのです。
つまり浮気相手と夫がメッセージでやり取りしていて浮気をしているメッセージをやり取りしていれば即刻不貞行為をしているということで訴えは通るでしょう。

不貞行為の決定的な証拠を掴むなら探偵会社に依頼すると安心

不貞行為の証拠を集めるならば探偵会社に依頼をすると安心です。探偵は様々な方法を用いて証拠となる写真を撮影し浮気の証拠とします。
なお、音声については奥さんが許可した場合音声データの証拠を取る探偵会社も存在しますが、音声の取得は犯罪行為に触れることがあるため、探偵はあくまで尾行して対象の浮気の現場を偶然撮影するという方法で証拠とすることが多いです。
つまり、探偵は偶然浮気をしている写真を撮ったという方向であれば法律に触れずに写真を撮影できるというわけです。
無論、ホテルの中に入ってまで写真を撮るとこれは偶然ではなく必然になるため証拠としては有効ですがやり方が非合法で探偵側に対して刑事罰が課せされる可能性があります。

旦那の浮気調査でよくある質問

旦那が浮気をしているようです。浮気調査のためにGPSアプリを仕掛けても違法にはなりませんか?

違法です。GPSを利用して浮気調査をする場合、旦那さんの許可が必要で旦那さんに対して浮気をあなたがしているように見えるのでGPSを設置させてほしいと言って許可を取らないと違法になります。
そして旦那さんはそんなことに対してOKを出すかどうかはわからず、たとえOKを出したとして旦那さんを監視して旦那さんがなにも浮気をしていない場合、旦那さんは奥さんに対して必要以上に束縛されて浮気をしていると疑われてショックを受けた慰謝料と言い出せば奥さんは慰謝料を払うしかなくなるでしょう。
そして慰謝料を貰ってから旦那さんは浮気をするという方法を取れば旦那さんは堂々と浮気をすることができるようになるため、まず浮気調査で旦那さんに対してGPSの使用許可を得ることは無理な上、たとえ許しが出ても旦那がその時に浮気をせずにいればあとで泣きを見るのは奥さんです。

関連ページ:【浮気調査・GPSアプリ】スマホで使えるGPS追跡アプリは?携帯監視アプリ

LINE監視アプリで旦那の浮気調査はできますか?

できますがリスクが高すぎます。監視アプリは個人情報を収集してかつ第3者に送信することがあるため、第3者という存在が必ずしも浮気を調べている人でない可能性が高いです。
よってかなりリスクがあり、そもそもそうしたアプリについてはgoogleplayなどが禁止していたりします。
つまりline監視アプリは安全性に疑問があるため、浮気調査で使用することはできますが自己責任な上スマホ自体の動作がおかしくなるという報告もあるためスマホが壊れてしまっても文句を言うことはできません。
もっと言えば完全なる自己責任になるため壊れてもよいのであれば勝手にラインの監視アプリを使用して暖名を見張ればよいではないでしょうかということです。
そして、何かが起きてもアプリを作っている会社は責任を負いませんので自分で対処してくれというだけです。

関連ページ:【LINEで浮気調査】パートナーのLINEから浮気を見破る方法/浮気・不倫の証拠を抑える

彼氏の浮気チェック(浮気調査)におすすめのアプリはありますか?

mspayというアプリがおすすめできるですが、このアプリはブラックボックス的な部分が多く、自己責任です。
しかもこのアプリ認可はされておらず自分でアプリを公式サイトで購入して自己責任で使用するため、注意が必要です。
しかし、できることはまさにスパイと言えることがすべてできるため音声通話の監視などもできるため、音声の盗聴も可能な上、lineとかのメッセージの盗聴と監視も可能です。
徹底したスパイアプリになるため、倫理的に問題があるため、使うならば自己責任になりスマホのセキュリティ機能が反応しても自己責任で使用するという流れになります。
そしてスマホが壊れてしまっても自己責任でアプリを作っている会社は責任を負いませんので完全なる自己責任で使用することになります。

関連ページ:【彼女の浮気チェック】彼女の浮気の兆候を見破る方法/浮気診断

関連ページ:【妻の浮気チェック!】妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法まとめ

彼氏が浮気しているようです。車に仕掛けたGPSは浮気の証拠になりますか?

車に仕掛けたGPSは浮気現場に行ったという証拠にはなりますが、浮気をしたという事実にはなりません。
浮気をしたという事実を確認する場合、浮気相手の家に踏み込んで彼氏が浮気相手といることを確認しないと浮気の証拠にならず、そこから浮気相手と彼氏の写真を入手しないといけません。
そしてその写真は偶然撮影したという形でないといけないため、堂々と浮気相手の家に入り、偶然を装って写真撮影をするのは無理があるでしょう。
よって、望ましい方法は浮気相手の写真を遠巻きに撮影して彼氏と浮気相手がいる写真を遠巻きで撮影して証拠として写真を利用するくらいです。
間違っても堂々と浮気相手の家に入らないようにしましょう。そうしないと住居への不法侵入で逮捕されてしまいますので浮気の証拠集めどころではなくなります。

関連ページ:【彼氏 浮気 チェック】

旦那の浮気調査を興信所に依頼しようと思います。旦那の過去がどこまでわかるのでしょうか?

旦那の過去については探偵が周囲の人から聞いて引き出せる答えであれば何でも過去が分かります。
たとえば旦那さんに女装癖があるなどもわかりますし、どのような趣味があるかなども実はわかります。
ただ、探偵事務所の場合、第3者の証言から信用性が高い物を旦那さんの過去であるという具合に報告をしますので信ぴょう性がない情報については過去の情報として扱いません。
そして、これは報告すべく情報でない、プライバシーを侵害しすぎているというものについては探偵は分かっていても報告をしないケースもあります。
この例の場合、旦那さんに女装癖があるということについてはプライバシーを侵害しているとみなせば探偵は報告をしない可能性があります。
したがって愛人がいるかどうかについてもわかる範囲内で捜査をして証言の中から愛人の有り無しが分かります。

関連ページ:【興信所で過去はどこまでわかる?】身元調査・婚姻歴・借金などは調査できる?

旦那の車にGPS/GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査まとめ

GPSを旦那さんの車に許可なくつけるのは違法です。
なぜなら、プライバシーに触れているうえ、勝手に夫が所有している車に侵入してGPSを取り付けていますので不法侵入です。さらに旦那さんが別居状態にあれば、プライベートを侵害したという罪になり、これはもう犯罪になります。
よって、夫婦であってもGPSを勝手につけることは許されず、旦那さんの許可を必要とします。ただ、旦那さんに許可を得る場合、嘘をついてGPSを取り付ける行為も虚偽申請になるため、これも犯罪で本当のことを言ってGPSをつける必要があるんです。
ただ、本当のことを言った場合、あなたが浮気してそうだからGPSをつけるねと言ってはいそうですねという旦那がいるかということになるため、まず勝手につけることは無理ですし許可を取ることも無理でしょう。

関連ページ:【PCMAXの体験談】マッチングアプリは出会える?出会いの体験

コメント

タイトルとURLをコピーしました