【浮気調査・GPSアプリ】スマホで使えるGPS追跡アプリは?携帯監視アプリ

恋愛

浮気調査・GPSアプリで何ができる?GPS追跡アプリとは?

GPS追跡アプリでできること1・紛失したスマホの探索

GPSアプリで出来ることですが、紛失したスマホの捜索が可能です。
この機能は、スマホ側にGPSアプリを入れてから、パソコン側でスマホのGPSの電波を検索することで位置の特定ができるというものです。
パソコンはノートパソコンなどを使用することで移動しながらのスマホの捜索が可能となります。
ただし、問題点もありまして、スマホ側のGPSの電波が遮断されるような場所、例えば金庫の中にスマホを保管するなどをしていた場合、電波が届きませんのでスマホの正確な場所は分からなくなります。
なお、GPS機能が使用できない場合、Wi-Fiの電波をたどりおおよその場所を検知するという方法も可能なのですが、この方法も実はWi-Fiの電波が届かなければGPSアプリと同様にスマホの場所すら検索できなくなりますので注意が必要です。
あくまでGPSアプリの捜索機能はGPSの電波がたどれる場合のみです。

GPS追跡アプリでできること2・アプリを共有した相手の居場所の確認

この機能は、アプリを共有という形でGPSにより一の情報を追跡できるというものです。
つまり、お互いがアプリを入れてGPSの機能によって場所を知らせることができるというのがGPSアプリが持つ機能なのですが、共有しないと場所の特定はできません。そして両者がアプリの動作可能な状況でないと位置の特定もできません。
よって、両者のスマホのバージョンが異なるなどのほかいずれかのスマホの本体が古すぎる場合などはアプリ自体が動作しない可能性が高いため、そもそも共有ということができません。
共有できないと問題になるのがGPS機能を生かして相手の場所を知ることができないということになります。
また、相手側がアプリを入れることを拒否した場合もアプリを通してGPSの情報の共有ができないため、共有機能は有効とならず相手の場所の特定も不可能です。

GPS追跡アプリでできること3・浮気、不倫の調査

GPSアプリで出来ることの中に浮気や不倫の調査ができるというものがあります。
これは、相手の位置情報の特定で浮気をしている場合、浮気をしそうな場所にいないかどうかを特定するというものです。
なお、この方法はGPSによりどこに移動しているかを逐一確認することで浮気をしているかどうかを確認するというものなので、特定のルートから外れている場合、警報音を出して浮気を監視する側に知らせることで今現在進行形で浮気をしているかどうかを判断するというものです。
つまり、追跡者の生活で特定のルートを通る場合、それら特定のルートから外れた場合、浮気であるとアプリに認識させておけば特定ルートから外れた場合、ルートから外れていると称して警報を出せるのです。
警報を出す機能を有効にしておけば警報が出た場合のみスマホを見ればよいので永久にスマホとにらめっこをする必要はありません。

GPS追跡アプリでできること4・浮気、不倫の防止(予防)

これは、GPSアプリを使用することで一の情報を入手し特定のルートから外れていることを完全に把握することで浮気をしているかしていないかを把握するため、浮気の防止ができるのです。
つまり、アプリによりますが、マイク機能を利用して特定のルートから浮気をしていると予想されるものが逸れた場合、なぜルートから外れているかをマイクを通して警告することが可能なため、強い浮気防止効果があるのです。
ただし、相手側がアプリを削除したり、マイク昨日で警告を発したことについて不快に思うとアプリを削除したり、違法なアプリを不正にダウンロードして混入させたということで裁判になる可能性が高いので、不倫の防止とか浮気の防止とは言え本人の許可なくGPSアプリをスマートフォンにインストールするのは違法行為になります。
違法行為であると断定された場合、賠償金というものも発生しますので注意です。

GPSアプリで浮気調査は危険!?おすすめしない理由について

GPSアプリで浮気調査をおすすめしない理由1・違法(不正指令電磁的記録共用罪)である

GPSアプリを他人の許可なくインストールした場合、不正指令電磁的記録共用罪という罪に問われます。
これは簡単に言えば、不正に情報を得るために相手に許可を得ずにアプリをインストールしたことが問題になるのです。
逆を返せば相手側がOKという許可を出せばアプリを入れることが許されますが、まず、浮気の調査をしたいのでアプリを入れさせてほしいという理由でアプリを入れてくれる人はいないので嘘をついてアプリを入れるという方法になるでしょう。
ですが、嘘をついてアプリを入れてもらうという方法を取るとこれも嘘をついたことが罪になるうえ情報を搾取する行為が違法になり、かつプライバシーを侵害する行為にもなるため、許可を得ていても後からトラブルになった場合、相手側が訴えるというリスクがあるため相手のスマホにGPAアプリを忍び込ませるのは危険な行為です。

GPSアプリで浮気調査をおすすめしない理由2・不貞行為の証拠としては使えない

実は音声であれ動画であれ、これって百パーセント本人なの?と疑わしい証拠については不貞行為の証拠になりません。
つまり、動画で不倫を撮影する場合、不倫をしている人の顔がばっちりはっきりと映っていないと証拠にならず、単に印象を操作するだけの証拠になるため決定的な不倫の証拠にならないのです。
なので、位置を特定してホテルにいるから浮気だは成立しませんし、音声をスマホのマイク機能を使用して入手しても、それって本当に本人?というのが成り立つので証拠にはなりません。
さらに言えば、撮影した写真も捏造の可能性がありえるうえ、日付が分からないと決定的な証拠にならないため、アナログの写真でないと証拠にならないという問題もあります。
スマホのカメラ機能を操作して写真を撮影した場合、デジタル写真になるため、写真を加工することが容易だという理由から証拠にはなりません。

GPSアプリで浮気調査をおすすめしない理由3・相手にバレて警戒されるリスクがある

GPSアプリを相手のスマホに居れようとして相手にバレた場合、相手は警戒しますし、疑いを持ちます。疑いについては個人情報を勝手に盗もうという疑いです。
こうなれば、相手は自分の情報を盗み見るために近づいてきたスパイであると考える可能性もあり、恋人であると考えなくなる可能性も高いです。
このようになれば恋人という立場は簡単に崩壊してしまう上、相手からも信頼というものが完全に失われていますのでよそよそしくなるほか、別れを切り出される可能性もあり得ます。
なぜなら、GPSアプリをインストールする行為はそもそも論において相手を信頼していない証拠ですから、それを相手がどう思うかです。
つまり、信頼されていないと相手が理解した場合相手も同様にパートナーを信頼しなくなります。
なので警戒を通り越して不信感を相手が持った場合、分かれるという選択を取りえるためGPSアプリはかなりリスキーです。

バレずに浮気調査をするなら探偵事務所(興信所)に依頼すると安心

不貞行為の決定的な証拠を掴むことができる

探偵の場合、浮気の決定的な証拠をつかむことが可能です。
浮気の証拠については、浮気相手の証言とか浮気相手を知っている方の証言というものも有効で一番有効なのは、加工されていない写真が浮気の決定的な証拠になります。
なので探偵事務所の場合、依頼人の許可を得てから浮気をしている人物の決定的な証拠写真を撮ります。
この時、依頼人の許可を得ずに写真撮影をした場合、探偵側は、求められていない操作をしたことで処罰されます。
なお、探偵側も写真を撮影する行為においてはリスクがあり、探偵側の撮影行為が浮気をしている側にバレた場合、浮気をしている物から理由を問われたり、探偵自体が訴えられるリスクを恐れてどのような理由で写真撮影をしたかを話す場合もあります。
ただ、探偵は備考とか隠れて捜査をするプロなのでまずバレてしまうということはなく、バレそうになった場合、人を変えて捜査をしますのでバレるリスクは低いです。

プロの尾行でバレるリスクがない

探偵は備考のプロなのでまずバレるリスクはないです。
また、バレたと仮定しても人を入れ替えて捜査をする、人を使わずに操作するという方法もあるため、捜査についてバレるリスクは低いです。
人を使わずに操作についてはネット上で情報の入手なども行うため尾行という方法以外でも操作を行います。例えばインターネット上でのやり取りなどを監視して証拠を集めるという方法も行いますので、尾行だけが探偵が行う操作ではありません。
ちなみになぜ尾行がバレないかですが、これは、複数人でターゲットをかわるがわる尾行するなどを行うため、視線は常にターゲットにあるわけではないためです。
つまり、複数人が立ち替わって視線を向けるため、どの人物が尾行をしているかが尾行されている側には分からないゆえバレるリスクが無いのです。
ただ、警戒心が強いと複数人から尾行されていると尾行される側は感じますが、それでも尾行は続けることが可能なのでバレることはないです。

プロのノウハウやグッズが充実している

探偵は、プロのノウハウを持ち相手を尾行したり情報の入手を行います。
つまりグッズ類を使用して相手の情報を集めるのです。
たとえばネットなんかでも情報の入手を行いますし、デジタルではなくアナログのカメラを利用して写真撮影を行うことで情報を集めたりもします。
探偵の証拠は裁判などで機能するように集めているためデジタル関連のデータはあまり信用性が無いということからデジタル以外の証拠を集めることが多いです。
中でも決定的なのがアナログの写真で音声データよりも確実な証拠になります。
なお、盗聴をして情報を入手することもありますが、これはあくまでどこに向かうかなどを知る場合に使用することがあり、どこに向かったかを確認後現場に向かい浮気の決定的な写真を撮るというような段取りで捜査を行いますので、グッズをフル活用して捜査を行うのが探偵です。

興信所の調査で相手の過去のどこまでわかる?

探偵事務所を利用すれば相手の離婚歴もわかりますし、結婚歴もわかります。
ただし、探偵が操作で相手の個人の情報を知る方法は口頭によって第3者から情報を提供してもらうという方法になります。昔のように市役所などで情報を入手することはありません。
なぜなら、市役所側も個人情報の保護の観点から情報を探偵に話すと違法行為になり処罰の対象になるため、探偵側が入手できる情報は第3者からの口頭による情報のみです。
なので、口頭で得られた情報が正しい情報であれば、どのような情報でも入手可能で相手が通っていた大学や会社なども分かれば、前の恋人なんかも入手できます。
もちろん第3者の証言が正しいかどうかを判断したうえで証拠であると提示しますので証拠が正しくない場合情報の提示は行いません。
また、ネット上でも情報を入手するため、決定的な証拠であればネットでも入手します。

関連ページ:【興信所で過去はどこまでわかる?】身元調査・婚姻歴・借金などは調査できる

GPS追跡アプリの本来の使い方?【浮気調査以外】

GPS追跡アプリの本来の使い方1・子供や家族の居場所の把握

これは、子供の居場所や家族の居場所を追跡して場所を把握するというのがGPSアプリの本来の使い方です。
GPSアプリは元々、子供を誘拐などから守るアプリで捜査に使用するためのアプリでした。
だから海外産のアプリが多く海外は誘拐が起きても周囲が関心を示さないため、誘拐が起こってしまうと犯人が見つからず泣き寝入りになるケースが多いがゆえ海外産のアプリは大抵子供の監視を売りにしていたのです。
しかし、子供の監視よりも浮気の調査に使用したほうがお金になると分かると本来の子供の監視という名目から外れだし、浮気調査にフル活用できるような機能が後から添えられていったのです。
日本も同様に元々はペットを監視するためのアプリだったはずの物が浮気の調査に使用できるアプリになったなどの敬意があり、本来は家族の監視を行うのが正しい使い方です。

GPS追跡アプリの本来の使い方2・スマホを紛失した際の探索や悪用防止

GPSアプリは、スマホを遠隔操作でロックしたりしてスマホを紛失した場合悪用されることを防ぐ目的で使用するのが正しいです。
本来GSPアプリは個人情報を守るために機能するアプリでスマホのデータを全部削除する機能などを持つアプリもあります。
しかし、場所を特定することができるという点が注目されると浮気の調査をするアプリのような機能がたくさん付与され始め、アプリ自体が浮気調査のアプリであるかのように変化したのです。
ですが、本来はGPSを利用してスマホの場所を特定してスマホをロックしたりデータを削除することで悪用されることを防ぐのがGPS追跡アプリの本来の使い方になります。
ただ、GPSアプリは、浮気の調査に特化したほうがお金になることが分かると海外でも有料で浮気調査機能をフルに使用可能なアプリとして売り出していたりします。

GPS追跡アプリの本来の使い方3・彼氏、彼女との待ち合わせに使用

GPSアプリは、場所が分かるという性質上彼氏とか彼女の待ち合わせに使用するというのが正しい在り方です。
つまり、場所の変更が起きた場合、GPSをたどれば場所が分かりますので急なデートスポットの変更が起きても対応できるというわけです。
この一機能を別の目的に使用しようというのが今現在登場している浮気調査に特化したアプリになるんですが、元々はお互いの位置を知り連絡を取り合うなどのほか目的地の変更を相手に伝えるなどが主なアプリの役割になります。
しかし、アプリはビジネスで公開しますので、ビジネス目的においては浮気の調査はものすごいビジネスになるため、現在のアプリの多くは浮気の調査に使用できる、そもそもが浮気の調査の目的のために作られたアプリだという具合に変化してきているのです。
ですが、元々は、GPSアプリは位置を特定するだけのアプリだったのです。

スマホで使えるGPS追跡アプリのおすすめ/浮気調査・浮気防止にも使える

スマホのGPS追跡アプリおすすめ1・Family Locator – GPS Tracker

Family Locator – GPS Trackerの特徴

Family Locatorは、GPS機能を用いて一日中登録した人物のスマホの移動筆跡を辿るというものです。
つまり、相手側のスマホにアプリをインストールしたうえで相手側のスマホを共有登録することで共有した者同士の位置がわかるというものです。
ここでポイントになるのが共有した者同士の位置が見れるという点で実は相手側もこちらの位置を把握することができる点が特徴でお互いの浮気を監視することが可能なアプリになります。
ただ、どちらか、片方が共有を拒んだりアプリを削除するとGPSによる位置情報の追跡はできなくなるうえ、GPSの機能を相手側が使用しなくなれば、一情報を把握できなくなるため、GPS機能があってのアプリになります。
ちなみに、Family Locator は目的地を設定することで相手側が目的地に存在するかしないかを報告する機能があり、時間内に目的地にいないと浮気を疑うことができるという仕組みになります。

Family Locator – GPS Trackerの使い方

Family Locator は、時間内に目的地に相手側が存在しているかどうかを監視するという方法で使用します。
なので、監視対象が目的の時間内に特定一に存在しない場合、浮気を疑うということができるのです。
反面に、浮気相手である相手側もこのアプリに気が付いた場合、共有対象者のスマホの場所がわかるためお互いの浮気を鑑賞しあうアプリに早変わりするという使い方も可能です。
お互いを監視しあうという点について、どうなのかと思うでしょうが、このアプリは監視アプリで勝つ共有者同士を監視することができるため、お互いを監視して警戒するアプリになるわけです。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ2・ Life360

Life360の特徴

Life360は一情報を共有という形でお互いの位置を共有しあうことで相手側が目的の場所にいるか無事でいるかを確認する家族を見守るアプリです。
そのため、時間外に家族が別の場所にいた場合、警告を発するという機能を持ちます。
また、このアプリは特定の場所に立ち寄っていることを確認するアプリでもあるので、この時間であれば会社に立ち寄っているということをお知らせしたり、会社を出て帰宅に入る途中であるなどを通達するアプリになります。
ただし、この機能は両者で共有をしている場合有効になるため、どちらか片方のGPS機能が不完全である場合、共有ができなくなるためアプリは機能を果たさなくなります。
よって、いずれかがアプリを削除した場合、機能が失われますのでアプリを削除された場合、共有機能は機能しなくなります。
また、無料のアプリですので、GPSの制度についても完全なものではなく、誤差が生じるという点が若干の問題になり、必ずしもGPSが示す場所が正しいと言い切れない点が挙げられています。

Life360の使い方

アプリを入れて許可をしあった者同士がお互いを監視するアプリです。
このアプリはお互いを監視するという点がポイントで共有が解除されると相手の場所を特定できなくなります。
なので相手側のスマホに紛れ込ませたとしても相手がそれに気が付き、アプリを排除した場合、共有は強制的に解除され相手の場所の特定はできなくなります。
また、相手の場所を特定するうえでGPSの位置情報が絶対ではないため、ずれがある点もこのアプリの特徴になります。
逆を返せば、このアプリは監視をする側も実は相手側にどこで監視をしているかがわかるので監視アプリではありますが、両社とも監視をしているという状況になってしまうアプリです。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ3・Phone Tracker

Phone Trackerの特徴

電話の監視を可能としたアプリでGPS機能のほか、電話番号を追跡しておおよその場所を特定することを可能としたアプリで、電話で通信している人物同士がどこに住んでいる人物であるかを監視できるという特徴があります。
なので、浮気相手の方と電話を通じて通信をしていた場合、浮気相手の居場所がわかるという特徴を持ちます。
なお、電話での相手の追跡については相手側にアプリが入っている必要性がないため、浮気相手の場所は一応把握できますが、浮気対象側にこのアプリが入っていないと電話の通信履歴から相手の場所を特定する機能が機能しないため、このアプリは、浮気の疑いがある人物に紛れ込ませてから通信を浮気をしている疑いがあるものが行えば、通信の履歴から第3者の特定が可能となるアプリになります。

Phone Trackerの使い方

このアプリは電話の監視ができるため、使い方としては浮気をしている対象にアプリを仕掛けて電話の履歴を受け取り、通信相手の特定をするために使用することも可能です。
もちろんGPSで対象者の場所を特定することも可能ですが、このアプリは対象者にかかってくる電話の相手を特定することが可能なアプリで第3社がどこに住んでいる人物であるかを特定できるという点が売りになります。
反面に問題としては、この機能は登頂に近い機能を持ち合わせているため無料アプリながら問題があるといわれていて第3者の場所を特定する機能だけしかなくとも危険であるという意見があります。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ4・Family Tracker

Family Trackerの特徴

Family Trackerは、家族同士で居場所を共有しあうアプリです。
なので複数人を家族として登録することでGPS機能から場所を特定し、特定の場所にいるかどうかを通知します。
特定の場所に時間内に対象者が存在しない場合、警告を発して第3者に通報をする機能を持つため、通報を受け取る人物を設定すれば、多人数の人を監視することも可能なアプリです。
ただし、このアプリは多人数を監視する場合、情報の受け取り手を決める必要性がある点、情報の受け取り手の情報も相手に共有されるため、情報共有者を辿れば、誰が監視をしているかがわかるというデメリットがあります。
なので、浮気調査をするアプリとしてはバレバレで第3社がアプリの存在に気が付き、GPSの位置情報を共有しているものを探し出せばだれが監視をしているかが簡単にわかってしまうアプリになります。

Family Trackerの使い方

このアプリは、複数人を監視する目的で使用し、誰が情報を受け取るかを決めておくと情報を受け取り、誰がどこのエリアにいたりどこのエリアにいないかを把握できます。
ただし、このアプリは特性上、第3者と通信を可能としているため、通信の共有元をたどれば、誰が親であるかがわかり、誰が意図的にGPSの通信を見ていて監視をしているかが簡単にばれるので浮気を監視しているのであれば、第3者に簡単に浮気の調査をしていることがばれてしまうアプリになります。
よって、浮気の調査をする場合、第3社と一の情報を共有しないものが望ましいアプリになります。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ5・Lunascope

Lunascopeの特徴

このアプリはサービスを終了したアプリの一つで、GPSの制度が悪すぎたこと、大多数を一度にGPS機能を通して表示した場合、制度が悪くてとてもじゃあないが正確な場所を把握できないということからサービスを打ち切りとしたアプリです。
GPSの制度が低すぎたが故にクレームが来たアプリで子供の監視も不可能ですし、家族を見守ることもできないといわれたアプリになります。
ありえないほど見当違いの場所を示したことでも悪い評価を得たアプリである点が特徴で、誘拐されたのかと思ったというぐらい見当違いでかなり遠い場所を示したことでも有名なアプリです。
なので、このアプリについては、特徴においてはGPSの制度が悪すぎてとてもじゃあないですが監視で使用できず、子供を見守ることすらできないアプリでものすごい遠い場所に子供がいると表示され、次の情報更新に急に再度別の場所を示したことでどこに子供がいるかすらわからないアプリです。

Lunascopeの使い方

このアプリはもう公開されていないため、使い方については説明をしますが意味がありません。
というのも、かなりずれが出るといわれていて、ありえない程ずれた場合、誘拐されたといわれているほどですから100キロ程度のずれがあるアプリだという認識で使用します。
使い方は、家族間で情報を共有という形になり、お互いの位置情報を知らせることで情報共有を行うため、浮気調査の場合、両社のスマホが通信することで一応つながった状態になり一情報を表示するんですが、制度に問題がありすぎるせいで信頼性は皆無で現在公開されてないアプリです。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ6・PASS

PASSの特徴

位置情報を共有するアプリですが、実はこのアプリ位置情報をごまかすこともできるアプリで、任意で見当違いの場所に自分がいると示すことができるため、逆に浮気を促進させるアプリとしても注目を浴びました。
つまり、このアプリは任意で全然違う場所に自分がいると示すことが可能なため、長時間会社にいますと示すことができたため、その間にどこかに遊びに行ったりと割と好き勝手なことができるという特徴があります。
なので、このアプリは、どちらかというとアリバイを作るアプリで浮気をしていることを隠したうえで自分は潔白であるというアリバイを作るアプリでした。なお、このアプリは2020年から配信を終了したようで今現在は存在してません。
つまり、アリバイを作るという部分が問題になったのか存在しないアプリになり、今現在入手は不可能です。

PASSの使い方

このアプリは逆に浮気をするために使用するアプリで要はアリバイを作るアプリです。
このアプリは任意で自分が望む場所にGPSの位置情報を固定することができるため、アリバイを作ることができます。
なので家族旅行で海外に行ったというようなアリバイを作ることも可能ですが、第3社に対して浮気をしていないというアリバイを作ることも可能です。
この機能が問題になったためなのかは知りませんが2020年には公開が中止されてしまい、現在では入手できないアプリとなりました。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ7・AirDroid

AirDroidの特徴

AirDroidはスマホを遠隔操作するアプリです。
なので遠隔操作をするうえで一情報機能を起動させ位置を表示することを可能としたアプリで悪用をした場合、メッセージなどを勝手に取得して第3者に送信する機能も備えている点が特徴です。
つまり、浮気の証拠であるメッセージを遠隔操作してパソコン上で閲覧し、それらを証拠として収集することが可能なため、遠隔操作アプリになります。
ただし、遠隔操作をする場合、相手のスマホにこのアプリを侵入させてインストールする必要性があるため、アプリを削除されてしまうと遠隔操作はできなくなります。
また、遠隔操作をするうえで、パソコンから遠隔をするかスマホから遠隔操作を行うため、遠隔操作をする端末が必要である点もポイントとなります。
なお、このアプリスマホ側のセキュリティが働くことで動作が悪くなるともいわれていてアプリの混入がばれるともいわれています。

AirDroidの使い方

相手のスマホに紛れ込ませて情報を盗み見てかつ情報を別の端末に送信して証拠として使用するために情報収集する目的で使用します。
ですが、問題もあり、このアプリは相手のスマホの動作を鈍くして処理落ちの状態にさせてしまうため、アプリの混入がばれるといわれています。
なので、第3者がこのアプリを混入させたことがばれてしまいやすく、浮気の調査などにはあまり向いていないアプリな上、勝手にメッセージの内容を盗み見る行為自体も問題があるといわれていてあまり望ましいアプリではないといわれていてスマホのセキュリティに引っかかることもあり得るアプリです。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ8・ケルベロス

ケルベロスの特徴

ケルベロスは月額課金アプリでgoogleplayなどのショップからダウンロードできないアプリで公式サイトからダウンロードをするアプリで完全に相手の個人情報の取得に特化したアプリです。
できることは、メッセージの登頂にマイク機能を起動させての音声の盗聴などが可能で録画もカメラ機能を起動させることで動画の録画もできます。
なので、個人情報の流出という観点から問題があるアプリであるとされているため通常のアプリの購入方法では購入できません。
また、アプリ自体の信頼性についてもgoogleなどの審査を通っていないわけですから不明でインストールをした場合どうなるかは未知数のアプリです。
なので自己責任という形で臨む人だけが利用するアプリなんですが、どのような機能を陰で隠し持っているかわからず、ブラックボックス的な要素が強いので望ましいアプリではありません。

ケルベロスの使い方

このアプリは完全に個人情報の収集が目的です。
つまり、スパイ行為をするために存在するアプリで相手のスマホのカメラ機能を勝手に起動させて当たりの情報を収集したり音声をマイクから疲労など完全に住まい行動が目的のアプリです。
なので、マイク機能を起動させて周囲の音声を拾うこともできるため、浮気の調査に使用することが可能ですが、問題としては、このアプリ、認証において安全確認がされていないため自己責任での使用になるうえ、googleなどの認証を通っていないことが問題視されています。
よって安全性がないといわれていて何かが起きても自己責任で月額課金という流れになります。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ9・mSpy

mSpyの特徴

mSpyは、バックグラウンド上で動作するアプリで極秘裏に情報を入手できるという特徴があります。
位置情報をGPSから入手したりショートメッセージの内容を把握したりすることが可能なため、スパイ目的のアプリになります。
なお、このアプリは有料アプリで公式サイトからの購入という形で使用するアプリでgoogleなどのストアから購入はできないアプリになります。
なので未認可のアプリで安全性については不明です。
また、このアプリは、誰と電話をしたかも把握可能なため、相手を追跡することもできるなどスパイ行為に特化しています。
だから浮気の調査アプリとして有名でかつ、インストールしてもアイコンがホーム画面に表示されないなど徹底した極秘アプリになります。
しかし、極秘裏で情報を収集するという点と情報の行き先が不明確という点が挙げられているアプリです。

mSpyの使い方

このアプリは、個人情報を盗み見るために使用します。
というのも、このアプリはバックグランドで動作するうえ、アプリが動作していない異様に装うなどのほか、アプリ自体がインストールされていないことを装うため、完全なスパイアプリです。
なので、浮気調査などに使用するアプリですが安全性は不明でこのアプリを使用したら個人情報がどうなるかについてもわかりません。
よってこのアプリは相手に知られることなく導入したうえで自己責任で使用するアプリになるのがこのアプリです。

スマホのGPS追跡アプリおすすめ10・ゼンリー

ゼンリーの特徴

このアプリは登録者同士の場所をGPSから計測するアプリでどこにいるかを示すアプリです。
そのうえで特徴としてはこのアプリ、登録者がどの程度の速度で移動しているかがリアルタイムで分かります。
つまり、移動中であれば、60キロの速度で移動していますという具合に速度が表示されます。
速度が表示されるため、鉄道であれば今現在鉄道を使用してどの程度の速度で移動しているんだということがわかります。
この移動速度を計測する機能をフル活用することで一応浮気をしているかどうかを判断することができるのがこのアプリになります。
ただし、このアプリ問題がありまして、動作が重いという意見がありスマホの性能差によってリアルタイムでの表示が難しくなる点が難点で、スマホの性能が低いとリアルタイムで位置を把握できません。

ゼンリーの使い方

ゼンリーは相手の速度を知って今現在どこにいるかをリアルタイムで知るために使用します。
位置を把握する重要性については浮気をしている場合の位置情報を知ることになり、速度を知る重要性についてはどの程度急いでいるかがわかるため、浮気がばれることを拒絶して急いで帰っているかがわかるという利点があります。
反面にこのアプリはスマホの性能差が出るアプリなので、性能が低いスマホですと対象の正確な位置と速度がわからないというデメリットがあります。
なお、速度についてはスマホの加速センサーによっての計測なので正確性については不透明です。

無料で使えるGPS追跡アプリ/浮気調査・浮気防止にも使える

無料で使えるGPS追跡アプリ1・「iphonを探す」の特徴

iPhoneを探すはその名の通りGPS機能を使用してiPhoneを探します。
そのうえで、いたずらをされたり情報を第3者が引き出しそうであると判断した場合、遠隔操作でiPhoneのデータを完全に削除できるアプリです。
ただ、このアプリはiPhone用でiPhoneにしか対応していません。よって、androidのスマホには対応していないアプリでandroidのスマホの遠隔操作については不可能です。
androidは別のアプリを使用して遠隔操作という流れになります。

無料で使えるGPS追跡アプリ2・「iシェアリング」の特徴

位置情報を共有するアプリで、家族間でiシェアリングをインストールすることで家族間で情報の共有が可能です。
情報の共有は位置情報の共有が可能という意味でリアルタイムで位置情報を知ることが可能で、本来と異なる場所にいる場合、なぜルートを外れたのかという警告のメッセージを送信することも可能です。
また、通報機能なども備えているため、万が一誘拐のようなものにあっても通報機能を利用して第三者に協力を仰ぐことも可能としているなどの機能を持ちます。

無料で使えるGPS追跡アプリ3・「KidControl(キッドコントロール)」の特徴

GPSの機能を利用して場所の特定を行うアプリで家族間で居場所の共有ができます。
ただし、GPSが機能しない場所ではハイブリッド測定などができないため、場所の特定が難しくなります。
したがって、周囲が金属でおおわれている場所とか地下などではGPSの電波が通らなくなるため、場所の特定は不可能となります。
このアプリはどちらかと言うと地下とか金属の建物にいない人の場所を正確に伝えるアプリになるため、地下にいる方を監視するために使用することは難しいアプリになります。

無料で使えるGPS追跡アプリ4・「Glympse」の特徴

招待性のアプリで招待した人物同士で位置情報の共有ができます。逆を返せば、招待されない招待しない場合、対象の位置情報は共有できません。また、自分から招待された状態から外れた場合も同様に共有が不可能になるため、相手側が嫌だとノーを突き付けた場合、情報の共有機能は使用できなくなり、位置情報を掴めなくなります。このアプリは、招待性なので両者が許可を取りあう必要があり、途中で相手側が嫌だといい、共有を解除すれば機能を失うためあくまで任意で位置情報を共有するアプリという扱いになります。

無料で使えるGPS追跡アプリ5・「どこにいるの」の特徴

通信を暗号化して家族の場所をGPS機能から判断するアプリです。
通信を暗号化している点がポイントで第3者にGPSの位置情報の場所を盗み見される心配がないアプリです。
最新のOSに対応していますが古いOSでは動作が分からず動作しない可能性が高いアプリです。
よって、旧世代のスマートフォンの場合動作しない確率が高いアプリです。
ハイブリッド測定が可能なため、Wi-Fiのデータ通信を暗号化したうえで、場所の特定を行うなどGPSが機能しない場所でも相手の場所の特定ができます。

無料で使えるGPS追跡アプリ6・「ドコナノ」の特徴

GPSの位置情報をプライベートモードにしたり共有モードにすることができるアプリです。
プライベートモードにすれば位置表示されなくなるという特徴があります。
なので、逆に位置情報が機能しなくなることで何かあったのか?と相手に思われてしまうアプリでもあります。
なので浮気調査目的でも使用できるのですが、相手がプライベートモードに変更した場合、位置情報がつかめなくなるので、微妙です。
このアプリは家族がどの場所にいるかを特定するための物なので浮気の調査というより場所特定アプリです。

GPSアプリで浮気調査についてのよくある質問

GPSアプリを相手にバレずにインストールする方法はありますか?

方法はありません。
なぜなら、アプリをバレずにインストール出来たと仮定してもアプリの容量はごまかせません。
そして裏で勝手にアプリが動けばスマホの動作がおかしくなるので、なぜスマホの動作がおかしくなったかを相手が確認した場合、知らないアプリがあるということから相手に警戒心が生まれます。
そしてアプリを勝手に入れた人物が特定されると勝手にインストールしたことがバレるうえ、相手からの信頼も失うのでまず相手にバレずにインストールする方法はないです。
たとえ相手に許可を取ってインストールしても相手が何をインストールしたかを知っているわけですからバレずにインストールは出来ていません。
そして許可を取っているからOKという考えも危険で、アプリの動作不具合で相手のスマホが壊れると大惨事になるのでスマホがアプリを通して壊れた場合、責任を負う可能性があり得ます。

GPSを勝手にインストールしたら慰謝料請求などのリスクはありますか?

慰謝料は請求されるものと考えるべきです。
なぜなら、慰謝料というのは、実は名誉を傷つける行為のほか信頼を裏切る行為で受け取ることが可能な上、故GPSアプリを勝手に入れる行為は裏切りと名誉を傷つける行為なので、相手は請求が容易です。
しかも慰謝料の厄介な点は、どの程度の金額を慰謝料である提示するかの上限が無いんです。
だから、GPSアプリを入れたことで会社の情報がスパイされて情報が漏れてしまったと相手が言い出せば、会社側からも慰謝料が請求され損害賠償もあり得るため、個人が払える額を超えることもあり得るのです。
なので、慰謝料だけではなく、損害賠償という企業側が相手に対して求める処罰の対象になり得るということも理解したうえで、それらリスクを負ってでも使用するかしないかを検討するというのが望ましいです。

自分で行う浮気調査(LINEで浮気調査など)と探偵会社が行う浮気調査の大きな違いは何ですか?

探偵が行う操作は基本、口頭で浮気をしているかどうかを調査します。
つまり第3者の証言で浮気をしているかどうかを調査して浮気をしている人の浮気相手などを調べていくのです。
自分で行う場合はGPSアプリなどを入れて浮気の疑いがある人物を追跡したりして浮気の情報を集めるという方法がありますが、これを探偵が行うとまず処罰対象になり刑事罰を受けます。
だから探偵は、GPAアプリや盗聴という方法を嫌がるのは、バレると大惨事になり、罪人確定となるがゆえ、口頭で情報を集め、決定的な証拠をアナログ写真で提出するのです。
また、盗聴についても、浮気現場の場所を知るために利用しますが、盗聴した音声を証拠として挙げることはあまりありません。なぜなら、情報源はどこですかと言われて探偵と言うと探偵事務所は、浮気をしている側の人物からは許可を得ずに盗聴しているため犯罪となります。
なお、個人でも相手の許可を取らずにGPSアプリをインストールすれば犯罪になります。

関連ページ:【LINEで浮気調査】パートナーのLINEから浮気を見破る方法/浮気・不倫の証拠を抑える

電話番号だけで追跡が可能なGPSアプリはありますか?

電話番号だけで追跡可能なGPSアプリはありますし、実は電話番号を入れると勝手に追跡をしてくれる、インターネットのブラウザサービスもあります。
なので、ブラウザサービスを利用すればアプリをインストールするという方法以外の方法になりますので安全に相手の場所を把握できます。
なお、電話番号での追跡についてはgoogleplayからGPS 電話追跡アプリなどがあり、これを利用すれば電話番号のみで相手の場所を特定可能です。
電話番号だけで相手の場所の身を特定するアプリであれば、googleplayにapplestoreでも入手が可能で安全なアプリであるという認証が通っているため、恐らく入手は簡単でしょう。
そして、インターネットブラウザ型のサービスも同様に安全性が確認されているためウィルスソフトがウィルスであると判断しないため、こちらも安全なサービスです。

GPSアプリの位置情報は正確ですか?リアルタイムでの検索は可能ですか?

いいえ、正確なアプリもあれば、そうでもないものもありリアルタイムの物もあれば自分で更新するタイプもあります。これについては、アプリ自体が使用するGPSの制度が問題で無料アプリなんかですとGPSの精度が低いのか場所がおおよそ20メートルずれたりします。
もっとひどいと100メートルずれるのもあります。
そしてリアルタイムであるかどうかですが、これも無料のアプリなんかですと、自分で更新しないといけない上、更新しても5分ごとに更新というやつもあり、かなり居場所にずれがあります。
これについては無料のアプリの場合、データを送ってくるGPS衛星のやり取りの頻度が少ないがゆえ、リアルタイムで検索ができないわけです。
逆を返すと有料であればリアルタイムで衛星を占有できるため位置情報はものすごく正確で正しい位置を表示します。

彼氏、彼女の浮気調査(チェック)や浮気防止に使えるおすすめのアプリはどれですか?

浮気調査にお勧めのアプリというものは存在しません。
なぜなら、GPSアプリとか浮気調査専門のアプリは大抵が未認可で安全性が確認されていません。
中にはスマートフォン事態を破壊するタイプもあるため、どれが安全安心であるかはわからないのです。
もっと言えば、レビュー自体も信頼できるレビューであるかどうかわからず、公式サイトに誘導して購入という流れになるため、安全にアプリの売買を可能としているアップルストアなどを通らずに販売されているアプリはかなり危険です。
そのような危険なアプリのほうが高性能で好評かであるとなっているため浮気調査に使用できるアプリについては存在しないということです。
つまり、高性能であっても信頼性が無いわけですから無料アプリであっても信用性が不明な上、信用性が証明されていても不具合は証明されていないため、浮気防止とかチェックに使用するアプリは存在しないです。
ですが、あえて言うのであればmspyがおすすめです。

関連ページ:【彼女の浮気チェック】彼女の浮気の兆候を見破る方法/浮気診断

関連ページ:【彼氏 浮気 チェック】

関連ページ:【妻の浮気チェック!】妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法まとめ

旦那の浮気調査をしたいのですが、スマホのGPSアプリと車にGPSを仕掛けるのはどちらが安全ですか?

どちらも危険で犯罪行為です。
なのでスマホのGPSアプリの場合、許可を得ずにインストールですからプライバシーの侵害になりますし、電子計算機の不正利用にもなります。
車にGPSを仕掛ける場合も盗聴という扱いになるうえ位置情報を把握するという行為が許可を得ずの行為なので違法で安全性は皆無です。
安全という部分については自動車に仕掛けるほうが安全なんですが、問題は、バレたら犯人の特定が容易なので安全性は無いといえます。
つまり、浮気を疑っていると相手が警戒していた場合、真っ先にGPSや盗聴されるということを考えますので、それらを考慮して安全性がどちらが高いかとなれば、両方とも安全ではないといえるのです。
よって安全性については、両方とも安全ではなく、第3者である探偵に浮気の調査を依頼したほうが安全でしょう。

関連ページ:【旦那の車にGPS】GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査

浮気調査ができるスマホGPSアプリについてまとめ

浮気の調査ができるGPSアプリについては、動作が不明確でブラックボックス的な要素が強いアプリもあるためおすすめしません。
見守りアプリ系は安全なアプリなんですが、これも浮気の調査目的で使用する場合、相手の許可が必要なのでまず難しいでしょう。
アプリを相手のスマホに入れる場合、動作がおかしくなったりスマホの処理が重くなることからアプリの混入がバレる場合が多く、浮気調査目的でアプリを相手のスマホに入れるのは危険であるといえます。
最悪相手のスマホが故障した場合、損害賠償とか慰謝料の請求になれば、言い訳できませんし、アプリを入れた人物が完全に特定され決定的な証拠がある場合言い訳もできないので相手の言い分をすべて受け入れるしかなくなるのでリスクのほうがかなり大きいです。
よってリスクを受け入れる覚悟があれば、mspyなどを使用して浮気の調査をするしかないでしょう。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました