脂肪燃焼のための飲み物や食べ物、運動前が効果的に促進?

ダイエット

脂肪燃焼に良い飲み物や食べ物

脂肪燃焼に良い飲み物や食べ物がある?

年齢とともに基礎代謝は落ちてゆき、若い時と同じ物同じ量を食べていたとしても太ってしまうと悩まれている方が多いですね。

ダイエットに取り組んでいる方の多くは、食べる量を減らしたり運動をして体重を減らそうと考えるのですが、まず食生活の見直しが必要です。

その中でも脂肪の燃焼を助けてくれる食べ物の割合を増やし、太る原因となる糖質を減らすのが一番と言えます。

食事の質を上げ、炭水化物を中心に摂っていた食事の割合いをタンパク質・ビタミン・ミネラルの量を増やすことが重要となってきます。

こうした脂肪燃焼を助けてくれる理想的な食事や飲み物はどういう物があるのでしょうか?食べても太らない、むしろ減量につながる食べ物とはどういういものでしょうか。

飲み物

コーヒー・紅茶

コーヒーや紅茶が脂肪燃焼の助けになると近年注目されていて、特に減量を目的にボディービルダーや格闘技選手の間で当然の様に飲まれています。

キーワードになるのはカフェインで、眠気覚ましだけでなく、蓄積された脂肪を分解さらにコーヒーの苦味成分でもあるクロロゲン酸脂質の代謝を促進します。すると多くのスポーツ選手の間で飲まれていて、ダイエットをしている人の間でも人気が高まっています。

紅茶に含まれるテアフラビンという成分は脂肪の蓄積を妨げ、テアニンという成分は自律神経を安定させ腸のぜん動運動を助けることから便秘に良く、基礎代謝を安定させます。

コーヒーも紅茶も砂糖は入れずストレートで摂取する事が重要で、砂糖入りのコーヒーや紅茶を飲みすぎると太ってしまう可能性もありますので注意が必要です。

緑茶

近年、特定保健用食品(トクホ)の緑茶が「脂肪減少に効果がある」と機能表示がされ販売されているのをよく見ます。

研究では緑茶に含まれる「エピガロカテキンガレート」は、肝機能を活性化し、脂質代謝を上げ脂肪を燃やします。さらにエネルギーの消費を増加させる褐色脂肪組織を活性化することがわかってきました。

緑茶にもコーヒーと同じく脂肪燃焼に効果のあるカフェインが含まれていますが、カフェインの取り過ぎで眠れなくなったり頭痛がしたりという事もあります。緑茶にはこれを抑制するテアニンが含まれていますので寝つきの悪い方などに良いですね。

緑茶は味もさることながら、健康的なダイエット補助食品として世界的にブームとなっていて、世界中の人に飲まれる様になりました。

食べ物

青魚などに豊富なEPAをとる

イワシやサバなどの青魚に豊富に含まれている魚油のEPA(エイコサペンタエン酸)は動脈硬化を予防したり、中性脂肪値の改善する働きがあります。

EPAは体脂肪の消費を助け、痩せやすい体を作ると京都大学の研究で一躍有名になりスーパーから一時サバ缶が無くなったのも記憶に新しいですね。

世界的に見て日本人に肥満が少ないのは、魚を他国より多く食べる習慣が日本人にあるからと言われており、日本人の食習慣が世界でも注目される様になりました。

これまで「頭が良くなる」ともてはやされたDHA以外にも痩せる手助けをしてくれるEPAが含まれているのですから、パーフェクトフードと言って良いでしょう。

EPAが多く含まれている魚として、イワシ・マグロ・サバ・真鯛・ブリ・サンマなどがあります。

たんぱく質を多くとる

三大栄養素のうち、脂肪燃焼に最も重要なのがタンパク質で、筋肉や内臓器官を作るのに無くてはならないものです。

タンパク質の摂取量が少ないと身体の器官が十分に機能せず、トレーニングをしても筋肉量が増えないため基礎代謝が落ちてしまう傾向にあります。

厚生労働省の推奨タンパク質摂取量は成人男性で60g、成人女性50gですが、これを摂取するには牛モモ肉であれば300g、豆腐は3丁
、卵では12個必要です。

こうしてみると意識的にタンパク質を摂る習慣をつけないと60gの推奨摂取タンパク質量を得るのは難しいですね。

一つの食材だけでこのハードルをクリアするのは難しいですし飽きてしまいますので、食事バランスを考えて足りない分はプロテインで補うのも一つの手と言えます。

リンゴ・グレープフルーツなどの果物

プチファスティングや「だけ食べるダイエット」で効果があるとブームになったリンゴやグレープフルーツの果物はどの様な効果があるのでしょうか?

リンゴの皮に豊富に含まれるペクチン、グレープフルーツに含まれるナリンギンは食欲を抑制する効果があると言われており、共通して含まれるカリウムは水分バランスを整えるため、むくみの改善を期待できます。

さらに食物繊維が豊富に含まれていますので、整腸作用があり腸内環境を整えられるのも嬉しいですね。

りんごには糖質がそれなりに含まれていますので、糖質制限をしている方には不向きと言えるかもしれませんが、甘味をりんごで摂取する様に変えていけば脂肪がつきにくくなります。

玉ねぎ・ブロッコリーなどの野菜

玉ねぎやブロッコリーは一年中手に入れることができますし、どんな料理にも合うのでとても便利な食材です。

玉ねぎに含有されているケルセチンという物質は脂肪を分解するリパーゼを活性化させ、他の含有物アリシンは、ビタミンB1と結びつくと脂肪吸収が上がり、糖質の代謝、疲労物質である乳酸の代謝が促進される事からダイエットに有益と言えます。

ブロッコリーは冷凍の物も売っていますので簡単に手に入れることができますね、カロリーも100グラムで37キロカロリーでお腹いっぱいに感じられるのにとても低カロリーの食材です。

食物繊維も脂肪燃焼を助けるビタミンB群やむくみの解消を助けるカリウムが豊富に含まれていますので、健康的に代謝を助けるのです。

こうした果菜類を糖質類のご飯やパンと置き換えるだけで代謝の抑制につながります。

脂肪燃焼に良い飲み物で促進

ビタミンB群が多く含まれている飲み物

ビタミンB群は食物をエネルギーに変える助けをしてくれるもので、これが不足してしまうと代謝が落ちてしまいます。

ドーパミンであったり、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質を産み出す働きもあり、不足してしまうと集中力が続かなくなったり、疲れやすい体になってしまいます。

こうしたビタミンB群が含まれている飲み物は意外と少なく牛乳やヨーグルト等はビタミンB2が含まれていますが、それだけで必須ビタミンを補えるほどではありません。

市販されている栄養ドリンクにはビタミンが多く含まれているのですが、それ以外にも糖類が多く含まれているので飲み過ぎには気をつけたいところですね。

しかしビタミンB群は糖質・たんぱく質・脂質をエネルギーに変える代謝の手助けをしてくれる物ですので、効率的に摂るするべきものと言えるでしょう。

L-カルニチンが多く含まれている飲み物

脂質の代謝に関わってくるのがL-カルニチンで、肝臓や腎臓などで作られていて、筋肉組織の中にある脂肪酸を分解してエネルギーに変える役割を持っています。

食べ物からしか得られないわけではないのですが、不足すると欠乏症になる可能性もあります。

L-カルニチンはラム肉・牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類、マグロや貝類にもたくさん含まれていて1日の推奨摂取量は200mg〜500mgと言われていますが、日本人の標準摂取量は80mgとなっており意識的に食事内容を見直して摂取する必要があります。

こうした食事からL-カルニチンを摂取するタイミングは、運動の30分前が理想とされていて運動効率、代謝効率の向上につながります。

さらに永続的に摂り続ける事で、高い水準で効果が期待できるため積極的に毎日の食事に取り入れると良いでしょう。

無理なく続けられるかが大事

ファスティングや極端な食事制限はもちろん減量に効果がありますが、仕事をしながらそれをしていくのはかなりの忍耐力が必要ですね。

ダイエットのために日常生活に支障をきたす様では本末転倒ですので、永続的に続けられる方法で取り組むのが理想と言えます。

目標体重まで落とす期間は中長期的に考え、日常の食事から見直すことから始めるべきで、継続的に食習慣を見直し、今の自分の身体に合った食事を意識的に変えていく事が重要です。

我慢をしすぎるとその反動で大量に食べてしまい、リバウンドしてしまったという人はかなり多いはずです。

一気に減量するのではなく、長い目で毎日の食習慣を変え、健康的に無理なく痩せる事を考えるのが最も効果的で辛くないのです。

脂肪燃焼 飲み物は効果的?

プロテイン

簡単にタンパク質を摂るためにプロテインを使おうと考える方も多いと思いますが、プロテインひとつとっても多種多様でどれが自分に合っているか分からないことが多いですね。

市販されているプロテインは主に3つに分けることができます。

  • ホエイプロテイン

吸収が非常に早く、運動をした後に摂るのが理想です。乳製品にも含まれているのですが、効率的に摂取する為に補助食品を選択すると良いでしょう。

  • カゼインプロテイン

ホエイプロテインが即効性があるとしたら、カゼインプロテインは遅効性でゆっくりと体内に取り込まれていきます。

就寝前に摂取する事で、夜中に空腹で起きてしまうという方にピッタリのプロテインと言えるでしょう。

  • ソイプロテイン

大豆から作られるソイプロテインは吸収までに5〜6時間かかりますので空腹感を抑えるために利用される方も多いですね、ダイエットをしながらタンパク質も得られることから最も人気のプロテインです。

コーヒー

コーヒーはカフェインやポリフェノールが豊富に含まれており、脂肪燃焼効果があると言われていて最近では特に注目されています。

脂肪の分解効果があるのですが、食事の30分後以内に飲むと、脂肪の蓄積を抑制する効果もありますので、積極的に飲みたいですね。

ダイエットで使う場合はブラックが基本で、砂糖を入れてしまっては血糖値が上がりますし、インシュリンの分泌も促進してしまいますので注意が必要です。

内蔵を冷やしてしまうと代謝が落ちてしまいますので、アイスで飲むよりホットの方が体温を下げませんし、反対に代謝を促す体温上昇が期待できます。

食事前、食事後に積極的にホットのブラックコーヒーを飲む習慣をつける様にしましょう。

緑茶

緑茶にもコーヒーと同じくカフェインが含まれており、脂肪燃焼に役立っているのですが、それ以外にもカテキンが注目されています。

緑茶に入っているカテキンはごはんを食べるときに脂肪を消化して吸収するのを抑える効果があり、内臓脂肪症候群の対策にも効果があると研究されています。

ダイエットと切り離すことができない糖質制限をすると免疫力が低下し、風邪を引く事が多くなります。カテキンは免疫力を高める効果がありますので、糖質制限ダイエットをする時は積極的に飲む様にしたいですね。

ノンカロリーで免疫力を高め、脂肪燃焼効果が期待できることから世界中から注目を浴びている緑茶ですが、夏場に冷たくして飲むと内臓の温度を下げ、代謝を悪くしてしまう可能性もありますので、常温か温かくして飲むと良いでしょう。

アミノ酸の入った飲料

アミノ酸は身体に必要不可欠なタンパク質を構成する臓器・皮膚・筋肉や髪や爪の材料です。
どんなに体重を減らしたいと考えても、アミノ酸がなくては健康的に生きていくことができませんので、日々の食事には必ず取り入れたいものです。

ダイエットを考えると体重を減らす事が主な目的になっている方が多いのですが、健康的な身体を維持したいのであればアミノ酸は必ず必要な物です。

アミノ酸を含んだドリンクは多くの企業から販売されており、選ぶのが大変なほどですが、甘味料を使っているドリンクもありますので、糖質制限をしている方は注意が必要です。

ドリンクを選ぶときは、アミノ酸の含有量はもちろん糖類の量も気にしたいですね。

酵素系ドリンク

ダイエットに関して調べていくと、必ず行き当たるのが酵素を使った物で、ファスティングダイエットをする時は必ずと言って良いほど登場しますね。

酵素は消化や代謝を行う上で必要不可欠なものですが、残念ながら加齢とともに消化酵素も食物酵素も徐々に減っていく傾向にあります。

食物を消化する上で必要な酵素をきちんと日々の食習慣に取り入れることで、太りにくい身体を手に入れる事ができます。

野菜や果物、発酵食品から酵素を摂るとなるとかなり気をつけて選ばなくてはならないのですが、最近では酵素系ドリンクが多く販売されていますので、手軽に手に入れる事が可能です。

酵素系ドリンクは大量に飲む必要はなく、ショットグラス1杯くらいで十分なものが多くありますので手軽に始める事ができますね。

脂肪燃焼 飲み物は運動前が良い?

飲み物の種類によって飲むベストタイミングがある

ボディービルダーやスポーツ選手が脂肪を減らすためにカフェインのドリンクを飲むタイミングは運動の直前と言われていて、これはカフェインが代謝に関わる即効性が早い為です。

ハードなトレーニングの前にカフェインを摂り、食事後にも脂肪吸収を抑える為に飲むのが最も有効だと分かっているからですね。

その他にも、緑茶等は就寝の30分ほど前に飲むとリラックス効果が生まれ、上質な睡眠を得られますので内蔵の働きも良くなる傾向があります。

口に入れるタイミングは最も効果の高い時にしたいもので、それは物によってまちまちという事を理解しておきたいですね。

コーヒーや緑茶、プロテインやアミノ酸ドリンクもそれぞれ効果的なタイミングが違うのです。

プロテインは運動前と運動後に飲むと良い?

筋トレをする時、プロテインを飲むことで効果的に筋肉量を増やす事ができるのですが、どのタイミングで飲むと良いでしょうか。

筋トレ時に飲んで効果を高めたいのであればホエイプロテインがおすすめで、即効性があるためボディービルダーは運動開始前と直後に必ず飲んでいます。

プロティンは粉末状の場合水や牛乳に溶かして飲みますが、これは吸収量が高まる為です。しかし、日々の食事量にプラスしてプロテインを摂取してしまうとカロリー過多になりやすいですので注意が必要です。

あくまでプロテインは栄養補助として使い、ハードな筋トレをしない時はあまり積極的に飲まないのが理想と言えるでしょう。

筋肉量を増やし、基礎代謝量を増やすためにプロテインを有効活用して健康的な身体を作りたいですね。

カフェインの入った飲み物は運動前が良い?

コーヒーなどに多く含まれるカフェインは運動前に摂取すべきと言われていますが、これは運動の持久力が格段に向上するからです。

有酸素運動をする時は、長時間ゆっくりと運動しなくてはいけないのですが、ウォーキングなど長い間していると疲れてすぐに休んでしまう事もあるはずです。

脂肪燃焼を期待する運動はなるべく休憩せずに続けることが肝要で、休んでしまうと脂肪燃焼効率が下がってしまう為です。

カフェイン飲料を摂取すると一度の運動が長続きし、脂肪燃焼効果が高くなるため効果的なんですね。

量をたくさん取れば摂るほど効果があるわけでは無く、運動開始の30〜60分前にレギュラーコーヒー1杯を飲むと最大限に効果が期待できます。

アミノ酸の入った飲み物は運動中に飲むと良い?

運動時に筋肉のエネルギー源となるアミノ酸は摂取後30分を過ぎたあたりから血中濃度が最大になり、効果的に筋トレの効果を得られる事ができます。

ハードな筋力トレーニング(無酸素運動)をする時には筋肉内で糖質代謝が多く、乳酸が溜まりやすい状態になりパフォーマンスが低下します。

そこで筋トレ開始前に必須アミノ酸を摂取し、筋肉のエネルギー源として利用することで効率の良い筋肉づくりができると言えます。

翌日に筋肉痛になる方の多くはアミノ酸不足から乳酸が筋肉に蓄積してしまうのが原因ですので、効率よくトレーニングをし、翌日に疲れを残さないために、アミノ酸ドリンクなどを運動の30分前には飲む様にしましょう。

脂肪燃焼に良い飲み物を自宅で手軽に

自宅でコーヒー飲んでダイエット効果はある?

家庭で飲むことの多いインスタントコーヒーは脂肪燃焼の観点から見ると、レギュラーコーヒーより劣るのではないかと考える人も多いでしょう。

喫茶店で出される本格的なものの方がより有効成分が多いのではないかと考えるのは当然ですね。

しかし、実際にインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの脂肪燃焼効果が期待されるカフェイン量は全く同じで、有効成分であるポリフェノールも大差ありません。

インスタントコーヒーは家庭でも簡単に作る事ができますので、会社やジムで飲む分を水筒に作って持っていく方がコストは格段に安いですね。

味を重視するのであれば、自宅で豆から挽いて作るコーヒーでも良いと思いますが、継続して毎日飲むのであれば気軽に作れるインスタントコーヒーもおすすめです。

自宅でコーヒー飲んで筋トレ効果はある?

コーヒーの脂肪燃焼効果は前述したとおりですが、筋トレ以外でも日常的に飲んで効果があるのでしょうか?

朝起きた時にコーヒーで眠気覚ましという方も多いでしょう、これも脂肪燃焼に少なからず効果を発揮します。

コーヒーを飲んで通勤や通学に向かう時、少なからず歩いたりと運動をしていて、この時に脂肪燃焼を助けることになります。

主婦の方であれば日常の家事においても少なからず運動をしていますし、極端に言えば立っているだけでも立派な運動で、コーヒーを日常的に飲んでも運動と直結していますので、効果を期待できるということです。

しかしカフェインの推奨摂取量は1日400mgですので、4〜5杯までを目安に飲むと良いでしょう。

コーヒーとダイエットは相性が良い

コーヒーはダイエット中に飲むと効果は抜群と言え、砂糖やミルクを入れなければカロリーはほぼゼロの夢のようなドリンクです。

しかし、最も効果的に飲むタイミングを図る事でその効果は倍増します。

コーヒーを飲むタイミングは朝という方が多いと思いますが、これは大正解で朝は出勤や通学で身体を動かしますので、運動前に飲むのが効果的なコーヒーを飲むタイミングにマッチしています。

筋トレなどハードに身体を動かす前に飲むのも有効ですが、日常生活で行う軽い運動の前に飲んでも効果はありますね。

つまり、今までの生活スタイルを崩さずに、コーヒーを取り入れることだけでも脂肪燃焼に有益と言えますので、積極的に飲みと良いでしょう。

脂肪燃焼のための飲み物や食べ物、運動前が効果的に促進?まとめ

年齢とともに蓄積されていったお腹周りの脂肪を見て、ダイエットを始める方が多い反面、途中でギブアップする方が多いのも現実です。

ハードな食事制限や運動をいきなり始めたとしても、身体がついていかず長続きしないのは当然のことですね。

ダイエットを始める時に考えないといけないのは、これまでの食生活の改善と生活スタイルの見直しです。

これまでと同じものを口に入れていては、どんどん太っていくのは当然の事。つまり何を食べて、どの様に食べるのかを考えることから始める必要があります。

糖質中心の食事から、高タンパクの食事に変え、適度な運動にそれを効率を上げるコーヒーなどの飲み物を取り入れる。

やってみると結構簡単なことで、これまで常識だった食事制限とハードな運動をそこまで取り入れなくても痩せる可能性があると言えます。

まずは食事の見直しから考えてみると良いでしょう。

関連ページ:【スリムウォークの口コミ】着圧の寝ながらの骨盤への効果

コメント

タイトルとURLをコピーしました