【セルライトの原因】太もも・おしり・ふくらはぎのボコボコ/セルライトの除去方法

ダイエット

セルライトの原因は?太もも・おしり・ふくらはぎのボコボコの原因

セルライトの原因1・代謝の低下

加齢による代謝の低下

セルライトができる原因は、まだ解明されていない点もありますが、加齢による皮膚の弾力、はりの低下などがあります。
30代後半から40代を過ぎると、皮膚のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが減少してくるので、皮膚のハリ、弾力などが無くなってくることが多いです。
セルライトは体重の重さに関係なく、加齢による代謝の低下などが原因で起こることがあります。
セルライトは太ももの裏、お尻、腹部などに出来やすいですが、オレンジの皮のように表面がでこぼこしているのが特徴です。
セルライトは痩せ型、標準体型の人でも出来る可能性があるので、入浴後に鏡でチェックをする習慣を付けると良いでしょう。
セルライトは皮膚のハリ、弾力の無さなどが原因でなりやすいです。

運動不足による代謝の低下

以前に比べると働く女性が増えているので、仕事や家事、育児などで忙しくなり、筋トレや有酸素運動などがなかなか出来ないので悩んでいる人が少なくありません。
長時間のデスクワーク、家事、育児をこなしている場合は、まとまった時間は運動することが出来ません。
学生の頃は体育や部活などで体を動かすことが多いですが、20歳を過ぎると運動する機会が少なくなり、代謝が落ちて太りやすくなります。
貧血気味で冷え性の人は疲れやすく、だるさやむくみなどで悩んでおり、太ももや腹部、お尻などにセルライトが出来やすくなります。
浮腫型セルライト、脂肪型セルライトの場合は、筋トレや有酸素運動を実践することで改善しやすくなります。
運動不足はセルライトの原因になります。

セルライトの原因2・コラーゲン細胞の衰え

セルライトが出来てしまうと、冷えやむくみ、代謝の低下などの原因になってしまうので、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。
セルライトを予防するためには、セルライトができる仕組みを知っておくことが大事です。
人間の皮膚にはコラーゲン細胞がありますが、若い頃は柔軟で柔らかいのが特徴になっており、皮膚にハリや弾力を与える効果があります。
加齢による代謝の低下が原因で、コラーゲン細胞が老化してしまい、固くなってしまうので柔軟性が無くなり、脂肪細胞に老廃物や水分が溜まりやすくなります。
加齢が原因でコラーゲン細胞が老化してくるので、30代40代以降の年代になるとセルライトが出来やすくなります。
筋トレなどの運動をすることで、筋肉を鍛えることが可能です。

セルライトの原因3・消費カロリーより摂取カロリーが多い(脂肪の摂りすぎ)

セルライトは脂肪細胞に老廃物が溜まってしまい、脂肪細胞が肥大している状態なので、オレンジの皮のような形状になっています。
セルライトを予防するためには、食べすぎを控えて腹八分目で栄養バランスの良い食事を心掛けることが大事です。
消費カロリーよりも脂肪分の多い食事をしており、摂取カロリーのほうが下回ってしまうと体重が増加してセルライトが出来やすくなります。
脂身の多い肉類やバター、油脂類などは控えるようにしたり、暴飲暴食などは避けることが大事です。
低カロリーで栄養価の高い食事を心掛けることで、肥満を防ぐことができます。
食べすぎが原因で体重が増加すると、セルライトが出来やすくなり、代謝が落ちてしまうことが多いです。
栄養バランスの良い献立を考えたり、摂取カロリーを抑えることで、肥満を予防することができます。
適正体重を維持する努力をしたり、体重が増えたらダイエットを実践することでセルライト予防に役立てることが可能です。

セルライトの原因4・老廃物の蓄積

セルライトの原因は様々な要因がありますが、急激な体重の増加、加齢、運動不足などがあります。
人間の脂肪は体を保護する役割をしていますが、体重が急に増えたり、加齢や運動不足などで代謝が下がると脂肪細胞に老廃物、水分などが溜まりやすくなります。
脂肪細胞に老廃物が蓄積してくると、脂肪細胞が大きくなってしまい、でこぼこした形状のセルライトが出来やすいです。
セルライトは見た目が悪いだけでなく、代謝を下げてしまうので冷えやむくみ、だるさ、下半身太りなどの原因になってしまいます。
脂肪細胞が大きくなってしまうと、セルライトが出来やすくなり、下半身太り、脚が太くなる原因になってしまいます。
セルライトの原因は様々な要因がありますが、急激な体重の増加、加齢、運動不足などがあります。
人間の脂肪は体を保護する役割をしていますが、体重が急に増えたり、加齢や運動不足などで代謝が下がると脂肪細胞に老廃物、水分などが溜まりやすくなります。
脂肪細胞に老廃物が蓄積してくると、脂肪細胞が大きくなってしまい、でこぼこした形状のセルライトが出来やすいです。
セルライトは見た目が悪いだけでなく、代謝を下げてしまうので冷えやむくみ、だるさ、下半身太りなどの原因になってしまいます。
脂肪細胞が大きくなってしまうと、セルライトが出来やすくなり、下半身太り、脚が太くなる原因になってしまいます。

セルライトの原因5・むくみ

冷房の効いた部屋で長時間デスクワークをしていたり、立ち仕事、家事、育児などをしていると、太ももやふくらはぎの血流やリンパの流れが悪くなり、むくみやすくなります。
夕方から夜になると脚がむくんでしまい、パンパンになってしまうことが多いですが、放置をしておくとセルライトが出来やすくなるので注意が必要です。
むくみを軽視して放置をしておくと、下肢静脈瘤などの病気、セルライトが出来る原因になってしまいます。
セルライトは脂肪細胞に老廃物が溜まっている状態なので、脂肪細胞が大きくなっているため、一度できてしまうと改善するのは難しいです。
セルライトを予防するために、マッサージやストレッチをしたり、着圧ソックス、レギンスなどを着用すると良いでしょう。

セルライトの原因6・遺伝

セルライトができる原因は複数ありますが、まだ解明されていない点もあります。
祖父母などの家族に肥満気味の人、セルライトが出来やすい体質の人がいる場合は、遺伝的な要因があると言えるでしょう。
血縁のある人とは体質が似ていることが多く、貧血気味で疲れやすく、冷え性で悩んでいる人、肥満気味の人などがいる場合は遺伝的な要因でセルライトが出来ることが多いです。
家族に太っている人、セルライトが出来やすい体質の人がいる場合は、ストレッチなどの運動を実践したり、マッサージなどを続けるようにしましょう。
家系に太った人がいない場合、セルライトが出来ている人が少ない場合は、比較的出来にくい傾向があります。
セルライトは、遺伝や体質で出来やすくなります。

セルライトができやすい場所は?/太もも・おしり・ふくらはぎ・二の腕など

セルライトは見た目が悪いだけでなく、代謝が落ちて太りやすくなるので、なるべく予防したい人が増えています。
セルライトが出来やすい体の部位を覚えておくことで、自宅でホームケアができます。
セルライトが出来やすい部位は、太もも、おしり、ふくらはぎ、二の腕などがあります。
太もも、おしり、ふくらはぎ、二の腕などの部位は、日常生活であまり使わない筋肉が多く、運動不足、加齢などが原因で筋力が低下しやすいです。
セルライトが出来やすい部位を覚えておくと、脚パカなどの筋トレを自宅で実践したり、有酸素運動をすることでセルライトを予防することができます。
遺伝的な要因でセルライトが出来やすい場合は、20代の若いうちから継続して運動を実践すると良いでしょう。

セルライトの種類/原因や年齢によってセルライトの種類が異なる

脂肪型セルライト

特徴

脂肪型セルライトの特徴は、急激な体重増加、肥満などが原因で脂肪細胞に老廃物が蓄積して、脂肪細胞が大きくなっている状態です。
セルライトの50パーセントぐらいが、脂肪型セルライトと言われており、脂肪分の多い食べ物を好んでいたり、食べすぎ、運動不足が原因で出来やすくなります。
脂肪型セルライトが出来てしまった時の、対処方法を覚えておきたい人が増えています。
脂肪型セルライトを改善するためには、低カロリーで栄養価の高い食事を心掛けて、ダイエットを実践したり、入浴後の血流が良くなっている時にマッサージをするのがお勧めです。
脂肪型セルライトの特徴は、急激な体重増加、肥満などが原因で脂肪細胞に老廃物が蓄積して、脂肪細胞が大きくなっている状態です。
セルライトの50パーセントぐらいが、脂肪型セルライトと言われており、脂肪分の多い食べ物を好んでいたり、食べすぎ、運動不足が原因で出来やすくなります。
脂肪型セルライトが出来てしまった時の、対処方法を覚えておきたい人が増えています。
脂肪型セルライトを改善するためには、低カロリーで栄養価の高い食事を心掛けて、ダイエットを実践したり、入浴後の血流が良くなっている時にマッサージをするのがお勧めです。

解消方法

脂肪型セルライトは、食べすぎや肥満などが原因で出来やすくなります。
脂肪型セルライトの対処方法は、適正体重を維持するためにダイエットを実践するのがお勧めです。
体重が増加して肥満気味になると、脂肪細胞に老廃物が溜まってしまい、脂肪細胞が大きくなってセルライトが出来てしまいます。
普段の生活では暴飲暴食は控えて、ゆっくりとよく噛んで食べるようにしたり、ビタミンやミネラル、タンパク質などをしっかりと補うことが大事です。
炭水化物は食べすぎると体内に入ると、糖質に変化してしまうので食べすぎは控えるようにしましょう。
バターや脂身の多い肉類、油脂類などは控えるようにしたり、入浴後にマッサージを続けるのがお勧めです。
マッサージをすることで血流促進効果があります。

浮腫型セルライト

特徴

浮腫型セルライトができる原因は、長時間同じ姿勢で仕事をしていたり、冷え性で血流が悪い人が出来やすくなります。
浮腫型セルライトは、冷えやむくみなどが原因で脂肪細胞に老廃物や水分が溜まりやすくなり、でこぼこした形状になることが多いです。
脂肪型セルライトに比べると、皮膚の表面がでこぼこしているのが特徴です。
浮腫型セルライトは冷えやむくみなどが原因なので、シャワーは避けて半身浴を実践したり、保温性の高い衣類や着圧ソックス、着圧レギンスなどを装着すると良いでしょう。
浮腫型セルライトは脂肪型肥満に次いで多くなっており、全体の30パーセントから35パーセントぐらいです。
浮腫型セルライトは、筋肉型、線維型に比べると改善しやすい傾向があります。

解消方法

浮腫型セルライトは、全体の30パーセントから35パーセントぐらいになっており、冷えやむくみ、血流の悪さなどが原因で起こりやすいです。
浮腫型セルライトは冷えやむくみが原因で、脂肪細胞に老廃物が蓄積している状態なので、皮膚の表面がでこぼこしています。
浮腫型セルライトの対処方法は、下半身を温めて血流を促進することが大事です。
半身浴を実践して、下半身を温めるようにしたり、着圧ソックス、レギンス、保温性の高い衣類などを着用することで冷えやむくみ、血流の悪さを改善します。
冷え性でむくみやすい体質の人は、疲れやすく体力がないので、運動不足になっていることが多いです。
筋トレや有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼効果、セルライト予防効果が期待できます。

線維化型セルライト

特徴

線維型セルライトは、脂肪細胞の周辺にコラーゲン線維が絡みつき、肌の表面がでこぼこした形状になっています。
線維型セルライトは、セルライトを長期間放置をして対処をしていないと出来やすいです。
線維型セルライトは太ももの裏、お尻、腹部などに出来やすいですが、皮膚の表面がでこぼこしており、オレンジの皮のような形状になっています。
線維型セルライトは、全体の10パーセント程度なので少ないタイプですが、筋トレやストレッチ、半身浴、着圧ソックスでは対応をするのが難しいです。
線維型セルライトを改善するためには、エステサロンや美容皮膚科で施術を受けたり、美容機器を使ってお手入れをする必要があります。
自宅でのホームケアも実践すると良いでしょう。

解消方法

線維型セルライトは、脂肪細胞にコラーゲン線維が絡みついている状態なので、脂肪型セルライト、浮腫型セルライトに比べると自宅で対処をするのが難しい傾向があります。
皮膚の表面がでこぼこしており、オレンジの皮のような状態なので、美容皮膚科やエステサロンなどに通院をするのがお勧めです。
美容皮膚科やエステサロンでは、最先端の美容機器、医療機器などを使ってセルライトを撃退するコースがあります。
自宅でお手入れをしたい場合は、市販の美容機器などを購入しておくと良いでしょう。
線維型セルライトは、セルライトを長期間放置をしている状態なので、改善するにはある程度の費用が掛かります。
美容皮膚科やエステサロンでは、高い技術を持ったスタッフが担当するので、ある程度の効果は期待できます。

筋肉質型セルライト

特徴

筋肉型セルライトは、部活などで運動をしていた人が仕事や家事、育児などで忙しくなり、運動不足になることで出来やすくなります。
筋肉型セルライトは、全体の5パーセントぐらいなので少ないタイプですが、一番改善するのが困難なタイプです。
筋肉型セルライトは、半身浴や着圧ソックス、レギンス、マッサージなどでは改善するのは難しい傾向があります。
美容皮膚科やエステサロンでは、最先端の医療機器、美容機器などを導入しており、ハンドなども使ってセルライト撃退コースなどを申し込むことができます。
筋肉型セルライトは、エステサロンや美容皮膚科に通うことで改善しますが、通院期間が長くなることがあるので理解しておきましょう。
自宅でのホームケアも大変重要です。

解消方法

筋肉型セルライトは、部活やスポーツなどで運動をしていた人が、何らかの理由で運動をやめてしまうと出来やすくなります。
筋肉型セルライトは全体の5パーセントぐらいですが、自宅でホームケアで対応をするのは困難なので、エステサロンや美容皮膚科のスタッフに相談すると良いでしょう。
エステサロンや美容皮膚科では、診察やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、美容機器や医療機器、ハンドなどを使ってセルライトを撃退してくれます。
筋肉型セルライトは改善するのに時間が掛かるので、ある程度の通院期間、費用などは必要になるので理解しておきましょう。
筋肉型セルライトは、自宅でのお手入れも重要になってくるので、着圧ソックスや着圧レギンスなどを履くのがお勧めです。

セルライトを解消する方法/自宅でできる簡単な方法

セルライト解消法1・脂肪量を減らす(ダイエット)

食事と運動で全身の脂肪を減らしましょう

二の腕や太もも、お尻、腹部などにセルライトが出来てしまったら、早めに対処をすることで改善しやすくなります。
脂肪型セルライトは全体の50パーセントぐらいですが、肥満を防いだり、暴飲暴食を控えることで改善することが多いです。
体重の増加を防ぐために、低カロリーで栄養価の高い食事を心掛けたり、ゆっくりとよく噛んで食べることで少量でも満腹感を感じやすくなります。
低糖質な食事を心掛けたり、脂肪分の多い食材を控えることで、体重増加を防いで適正体重を維持しやすいです。
定期的にダイエットを実践したり、食べすぎ、飲みすぎを控えることで改善しやすくなります。
太りやすい体質の人は、体重が増加したら筋トレ、有酸素運動をするのがお勧めです。

セルライトに効果的な運動・有酸素運動(ウォーキング)

体重増加、冷えやむくみなどが原因で、セルライトが出来てしまったら、早めに対処をすることで改善しやすくなります。
冷えやむくみなどで悩んでいる人、血流が悪く貧血気味の人、肥満気味の場合は有酸素運動を定期的に実践するのがお勧めです。
ウォーキングは無理のない有酸素運動ですが、20分以上運動をすることで脂肪燃焼効果を高めることができます。
有酸素運動をすることで下半身の血流を改善したり、適正体重を維持してダイエット効果を高めることができます。
雨天などで運動が出来ない時は、市販のウォーキングマシンを購入しておくと室内でも運動ができるのでお勧めです。
有酸素運動は週に3回から4回ぐらい、実践することでセルライト対策になります。

セルライトに効果的な運動・有酸素運動(ジョギング)

セルライトは体重増加、食べすぎ、冷えやむくみなどが原因で出来やすくなるので、早めの対処が大切です。
有酸素運動を定期的に実践することで、下半身の血流、リンパの流れを促進したり、下半身強化ができます。
ジョギングは代表的な有酸素運動ですが、ウォーキングに比べると下半身に負荷が掛かりますし、消費カロリーが多いのでダイエット効果、脚痩せ、セルライト対策になります。
ジョギングは20分以上実践をすることで、脂肪燃焼効果、冷えやむくみを改善してセルライトを改善しやすいです。
日頃から運動不足を感じている場合は、最初は無理をせず20分から30分程度にすると良いでしょう。
ジョギングは負荷が掛かる運動なので、毎日は実践せずに週に3回から4回程度にするのがお勧めです。

セルライトに効果的な運動・筋トレ(スクワット)

セルライトが出来てしまうと、見た目が良くないだけでなく、冷えやむくみの原因になり、代謝が落ちて太りやすくなります。
セルライト対策には、スクワットなどの筋トレを実践すると良いでしょう。
スクワットは姿勢を良くして直立をしてから、腕を頭の後ろで組んでおき、膝をゆっくりと曲げる運動です。
スクワットはマンションやアパートなどの、狭い部屋でも実践ができるので、ヨガマットなどを敷いて行うと良いでしょう。
日頃から運動不足を感じている人、脚の筋力が衰えていることで悩んでいる場合は、週に3回から4回ぐらいスクワットを実践するのがお勧めです。
最初は回数が少なくても良いですが、慣れてくると回数を増やすことでセルライト対策になります。

セルライトに効果的な運動・筋トレ(プランク)

太ももや腹部、お尻などにセルライトが出来てしまうと、代謝が落ちて痩せにくくなるので、早めに筋トレなどを実践して対処をしておくことが大事です。
筋トレのプランクは、腕立て伏せが苦手な人、筋肉量の少ない女性でも無理なく続けることができます。
筋トレのプランクは、肘をついて板のように一直線に姿勢をキープすることで、背中や腹部、ウエスト、ヒップ、脚などの筋力をつけることができます。
筋トレのプランクは、一定の時間姿勢をキープする運動ですが、脂肪燃焼効果、ダイエット効果が高いのでセルライト対策になります。
運動不足気味の人は最初は辛いと感じますが、慣れてくると姿勢を長くキープできるようになるので続けてみると良いでしょう。
週に3回から4回ぐらい実践するのがお勧めです。

セルライトに効果的な運動・筋トレ(レッグランジ)

セルライトを改善するためには、定期的に筋トレを実践することで下半身の血流、リンパの流れを改善したり、ダイエット効果を得ることができます。
筋トレのレッグランジは、ダンベルなどの運動機器を持つことで運動負荷を掛けることが出来るのが特徴です。
レッグランジは背筋を伸ばして直立をしてから、左右の膝を交互に曲げる運動です。
レッグランジは大臀部、大腿四頭筋、ハムストリングスなどの筋肉を鍛えることができるため、冷えやむくみを改善して脂肪燃焼効果を高めることができます。
レッグランジは、場所を取らず実践できる運動なので、週に3回から4回程度行うと良いでしょう。
レッグランジは運動不足気味の人でも、無理なく続けることができる筋トレです。

セルライト解消法2・血行促進(冷えの改善)

セルライトは、冷えやむくみなどが原因で出来やすくなるので、日頃から血流を促進するための対策をしておくことが大事です。
仕事や育児で忙しい場合は、シャワーだけで済ませることが多いですが、体が冷える原因になるので入浴をする習慣を付けると良いでしょう。
半身浴は38度から39度ぐらいのぬるめのお湯で、みぞおちの下の部分を温めることで冷えやむくみを改善して血流を促進する効果があります。
半身浴は20分程度が適しているので、体を洗ったり、湯舟から出て休憩をすると良いでしょう。
着圧ソックスやレギンスは、保温性に優れた素材を使用しており、適度な締め付けがあるので血流を促進することが可能です。
冷え性でむくみやすく、血流の悪さで悩んでいる場合は、一定時間装着するのがお勧めです。

半身浴

半身浴は全身浴に比べると、心臓に負担が少なく、血流やリンパの流れを促進する入浴方法です。
半身浴はみぞおちの下を温めることで、血流を促進して冷えやむくみを改善しやすくなります。
セルライトが出来やすい体質で悩んでいる場合は、週に3回程度半身浴をするのがお勧めです。
全身浴に比べると長時間湯舟に浸かる必要があるので、お湯の温度はぬるめの38度から39度ぐらいが適しています。
20分程度額が汗ばむ程度に入浴をすることで、下半身の血流を促進して冷えやむくみを改善して、セルライト対策になるのでお勧めです。
半身浴を実践する時は、上半身が冷えるのを防ぐためにタオルなどを掛けておいたり、ミネラルウォーターを準備して水分補給をしておきましょう。

ストレッチ

仕事や家事、育児などで忙しくしていると、まとまった時間は運動は出来ないので、悩んでいる人が少なくありません。
セルライトを予防したり、改善をするためには有酸素運動、筋トレなどの運動がお勧めです。
有酸素運動や筋トレに時間が取れない場合は、家事や仕事の合間に軽いストレッチをすると良いでしょう。
長時間立ち仕事、デスクワーク、家事をこなしていると、筋肉や腱、関節などが凝り固まってしまうのでストレッチをすることで血流を促進する効果があります。
背筋や膝などを伸ばしたり、動かす運動をすることで冷えやむくみを改善しやすいです。
腕を上げたり、仰向けに横になって手足を伸ばすのも良いでしょう。
仕事や家事、育児などの合間にストレッチをすることで、セルライト対策になります。

セルライト解消法3・マッサージ(むくみの改善)

長時間同じ姿勢で家事や育児、仕事をしていると、下半身の血流が悪くなってしまい、むくみやすくなります。
午前中に比べると、午後になると靴下の跡が付いてしまったり、靴がきつくなるので悩んでいる人が少なくありません。
自宅でくつろいでいる時間に、市販のマッサージ機器、ハンドなどで優しく脚をマッサージすることで血流が良くなり、むくみを改善します。
浮腫型セルライトは冷えやむくみが原因ですが、自宅や整体などの治療院でマッサージをすることで、改善することが多いです。
ふくらはぎや足首、足の裏、太ももなどを優しくマッサージをすることで、血流やリンパの流れが良くなり、セルライトを予防することができます。
脚のだるさ、冷えなども改善しやすいです。

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング1・メディキュット

メディキュットは、信頼できる会社で製造、開発をしている商品なので、伸縮性、保温性、通気性に優れた素材を使用しています。
抗菌、防臭効果のある素材を使用しているので、汗をかいても蒸れにくく、臭いが発生しにくいのが特徴です。
セルライトが出来てしまい、悩んでいる場合は就寝時にメディキュットを装着することで、冷えやむくみを改善したり血流促進効果が期待できます。
浮腫型セルライト、脂肪型セルライトが出来てしまい、早めに対処をしたい場合は着圧ストッキングのメディキュットを使用するのがお勧めです。
就寝時に装着するタイプの商品は、締め付けが強すぎないので睡眠を妨げないので人気があります。
秋冬の時期は下半身が冷えやすいので、セルライト対策にメディキュットがお勧めです。

商品名寝ながらメディキュット
会社名レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
価格2780円から3千円
着圧レベル段階別設計
関連商品骨盤矯正メディキュット、着圧ソックス

関連ページ:【メディキュットの口コミ】着圧の寝ながらの骨盤への効果

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング2・スリムウォーク

スリムウォークは、公式サイト、大手通販サイトはもちろんですが、ドラッグストア、ドン・キホーテなどの店舗でも購入しやすいので、幅広い年代に人気があります。
スリムウォークは昼用、スポーツ用、就寝用などの種類があるので、用途に応じて着用できるのが魅力です。
セルライトが出来やすい体質で悩んでいる場合は、昼間や就寝時にスリムウォークを着用するのをお勧めします。
スリムウォークは、段階別設計になっているので足首から太ももまで、しっかりと着圧できる商品です。
冷えやむくみなどで悩んでいる場合は、通勤や通学時に着用をすることで保温効果を高めることができます。
血流が悪くなって、冷えやむくみが原因でセルライトが出来ますが、着圧ストッキングを着用することで予防が可能です。

商品名スリムウォークビューティー美脚美尻レギンス
会社名ピップ株式会社
価格2398円
着圧レベル3Dヒップアップ設計
関連商品スリムウォークスキニールームウェア

関連ページ:【スリムウォークの口コミ】着圧の寝ながらの骨盤への効果

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング3・ベルスキニー

着圧ストッキングのベルスキニーは、履き心地の良さを重視して作られているので、暑い時期、寒い時期でも快適に着用できます。
暑い時期はクールタイプ、寒い時期は保温効果の高い素材を使用しているので、1年中快適に着用できるのが魅力です。
セルライトを予防したり、対処をしたい場合は、就寝時や昼間に着用をすることで、下半身の血流を促進して冷えやむくみを改善します。
ベルスキニーは、信頼できる会社の商品なので、1枚当たりの価格がリーズナブルです。
洗い替えを数枚持っておくことで、セルライト対策に役立てることができます。
ベルスキニーはテーピング効果の高い商品になっており、口コミやレビューでも評価の高い商品なのでお勧めしたいです。

商品名ベルシアーリブステッチクール着圧スパッツ
会社名2FLAG株式会社
価格3278円
着圧レベル段階別設計
関連商品ベルスキニークールタッチ着圧レギンス

関連ページ:【ベルスキニーの口コミ】着圧の効果の痩せるへの痩せない

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング4・グラマラスパッツ

グラマラススパッツは、数多くの雑誌で紹介されており、モデルやアイドルの間でも人気の高い商品です。
セルライトは早めの対策が大事なので、着圧ストッキングのグラマラススパッツを試してみたい人が増えています。
グラマラススパッツは、強圧編み構造になっており、テーピング効果、保温効果の高い商品なので、セルライトを改善、予防をしたい人に向いている商品です。
グラマラススパッツは、自分のサイズに合った商品を選んで着用をすることで、脚痩せ、ダイエット、セルライト対策になります。
冷え性でむくみやすい体質の人、下半身痩せ、ダイエット効果を高めたい人にお勧めです。
グラマラススパッツは、適度な締め付けがありますが、履きやすい商品なので人気があります。

商品名グラマラススパッツナイトスリム
会社名合同会社SO1
価格3990円
着圧レベル強圧編みテーピング加工
関連商品グラマラススパッツナイトスリムクール

関連ページ:【グラマラスパッツの口コミ】着圧の正規品のむくみの効果や痩せない

むくみ改善に効果的な着圧ストッキング5・パエンナスリム

パエンナスリムは、伸縮性、保温性、耐久性に優れた素材を使用しているので、冷えやむくみを改善してセルライトを予防する効果があります。
セルライトは早めに対処をしないと、オレンジの皮のような形状になり、自宅で対応をするのが難しくなってしまいます。
パエンナスリムは4D構造方式の着圧ストッキングなので、脚を段階別に着圧したり、骨盤補正、矯正効果が期待できます。
自分のサイズに合った商品を選んで購入したり、装着する時間を守ることで冷えやむくみを改善して、セルライトを予防することができます。
セルライトは脂肪型、線維型、浮腫型、筋肉型などがありますが、脂肪型、浮腫型の場合は改善しやすいです。
着圧ストッキングを着用することで、ダイエット効果、脚痩せ効果が得られます。

商品名パエンナスリムNEO
会社名株式会社BeANCA
価格3980円
着圧レベル4D構造設計
関連商品パエンナスリムNEOクール

関連ページ:【パエンナスリムの口コミ】着圧の正規品のむくみの効果や痩せない

セルライトの原因と解消方法のまとめ

セルライトは脂肪細胞に、老廃物が溜まってしまい脂肪細胞が大きくなった状態です。
脂肪型セルライト、線維型セルライト、筋肉型セルライト、浮腫型セルライトなどの種類があるので、対処方法を知っておくと良いでしょう。
体重が増加して肥満気味になるとセルライトが出来やすいので、定期的にダイエットを実践したり、食生活を見直すことで適正体重を維持できます。
脂肪型セルライトは、運動やダイエットをすることで改善しやすいです。
線維型、筋肉型セルライトは、自宅のホームケアだけでは対処をするのは難しいので、エステサロン、美容皮膚科などの施術を受けると良いでしょう。
浮腫型セルライトは、冷えやむくみが原因なので半身浴を実践したり、着圧ストッキングを着用するのがお勧めです。

関連ページ:【セルライト 除去 自宅】

コメント

タイトルとURLをコピーしました